沖縄のお土産 雑貨ランキング!2017年のおススメを国際通りでゲット

      2017/09/02

Pocket

いよいよ春本番です。ゴールデンウィークも近づいてきました。

この時季、旅行がしたくてワクワクしてくる人もたくさんいるのではないでしょうか。

せっかく行くなら近場でなく、ちょっと遠くまで足を伸ばしてみたいと考え、行き先の候補に沖縄をあげている人に、沖縄のお土産情報をお届けします。

2017年沖縄お土産雑貨ランキング!やっぱり有名なのは国際通りですかね?

 


 
Sponsored Link
 

2017年沖縄のお土産人気雑貨ランキング!

 

2017年沖縄のお土産人気雑貨ランキング!】
るるぶ沖縄(’17)
第1位:島ぞうり

ビーチサンダル、いわゆるゴムぞうりのことです。

それをあえて1位に挙げたのは、この世に一つのオリジナルの島ぞうりが作れるからです。

ぞうりの底(足裏に当たる部分)、鼻緒、そして、そこに入れるデザインまで、すべて、自分の好みのものが選べます。

旅行に行った際の思い出に、オリジナルの島ぞうりを作るのが人気です。オリジナルのものをお土産にどうぞ。

第2位:琉球ガラスのグラス

沖縄では明治時代中期頃から、ガラス製品が作られるようになりました。

この伝統を受け継ぐ、沖縄では有名な工芸品です。途中、戦争により、材料が手に入りにくくなり、米軍基地から出された、ガラスの破片やコーラの瓶などを使って作り続けたそうですが、そうやっていく中で、現在のようなカラフルな色を付け、沖縄名産の泡盛を飲むのにうってつけの大きさのグラスになっていきました。

手頃な大きさで、鮮やかな色遣いのグラスは、見れば、思わず手に取りたくなります。

第3位:赤瓦コースター

沖縄の昔ながらの家には、赤瓦が使われています。それと同じ素材で作られたコースターです。

赤瓦は、吸水性があり、速乾性も抜群です。その利点を活かして、コップに着いた結露なども吸収してくれる赤瓦コースターは、多くの飲食店でも利用されています。デザインも素敵で、お土産にもぴったりです。

第4位:美ら海キャンドル手作りキット

グラス、色砂 貝殻、海の色を思い出させるキャンドル用ジェルなどが、セットになっているものです。

グラスの中に、色砂、貝殻を配置し、オリジナルのキャンドルを作ることができます。作られたものよりも、自分で作ることに魅力を感じる人には喜ばれるのではないでしょうか。

第5位:八重山ミンサーアクセサリー

ミンサーとは、八重山竹富で始まった織物のことです。模様にいろいろな思いを込め、一枚一枚織り上げていました。

その思いのこもった模様を、アクセサリーに取り入れました。木製のものや牛革のもの、そして、最近の人気はシルバーです。

 

沖縄,お土産,雑貨,ランキング,2017,おススメ,国際通り
 

2017年の沖縄お土産でおすすめの雑貨は?

 

2017年の沖縄お土産でおすすめの雑貨の一つ目は、ちゅら玉です。

ガラス玉で、一つ一つ手作りされていて、キーホルダーや携帯ストラップなどに加工されています。明るいところで蓄えた光で、暗がりで優しく光るものです。手作りなので、形も光り方もそれぞれすべて違います。

今、ちゅら玉とディズニーがコラボしたものが人気です。ちゅら玉がミッキーの形をしています。是非手に取ってみてください。

2017年の沖縄お土産でおすすめの雑貨の二つ目は、琉球帆布です。

沖縄ならではの、伝統的な縫製技術で仕上げた帆布です。

これを用いて、トートバッグや財布、ポーチなどが作られています。帆布に描かれているデザインは、沖縄ならではの絵柄になっていて、人気のイラストレーターとのコラボ商品なども見られます。毎年同じ定番のものもありますが、そのシーズンならではのものが販売されるので、それに注目するのもいいものです。

2017年の沖縄お土産でおすすめの雑貨の三つ目は、シーサーです。

沖縄の守り神として、家の屋根などにも対でおかれるシーサーですが、ここでおすすめするのは、シーサーストラップや置物になっているシーサーです。

ストラップは沖縄限定のものがあり、毎年のようにデザインを変えて販売されるようになっています。また、置物になったシーサーも、バナナに乗ったものや、ハイビスカスに乗ったものなど、毎年工夫が凝らされたものが販売されます。

 
Sponsored Link
 

国際通りで沖縄のお土産雑貨をゲット!

 

空港以外で沖縄のお土産を買うのなら、やはり国際通りがおすすめです

国際通りとは、那覇市の県庁北口交差点から安里三叉路まで続く、およそ1.6km続く通りの呼び名です。この通り周辺におよそ600の店が並んでいて、ここを歩くだけで、沖縄のお土産をほとんど見ることができると言っても過言ではないでしょう。

お菓子などの食品はもちろんのこと、お土産としての雑貨小物の店が充実していることもこの通りの特徴です。

空港では扱っていないものもこちらの通りでは見つけられることが多々あります。那覇空港から徒歩で15分程と近いこともあり、帰る前にふらっと寄ってみるのもいいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 旅行&スポット , , , , , ,