ニートの就職支援(就労支援)は何がある?サイトなどおすすめを紹介

      2017/09/02

Pocket

ニート生活から抜け出すには、就職支援を活用するべきです。

現在は若年層を対象とした就職支援(就労支援)サイトが数多く存在します。

この就職支援サービスを利用することで内定率が大幅に上がり、最短期間でニート生活から脱却出来ます。

一方、就職支援サービスを利用しない場合には、書類選考すら通過するのは難しいでしょう。

今回は就職支援を行っている機関やサイトについて、おすすめ3選をご紹介します。

 


 
Sponsored Link
 

ニートの就職支援(就労支援)って何?

 

ニート生活が長かった場合、自分一人だけの力で就職活動を成功させるのは極めて難しいです。

それは、無職期間が長い応募者を企業は採用したがらないからです

このあたりのことはこちらの記事でも書いておりますのでご興味あれば見てみてください。
ニートの就職・就活のやり方を紹介!おすすめの職種や資格は?

また現在ではほとんどの企業が書類選考を設けている為、面接まで辿り着くことさえ難しいと言えます。

そのような就職活動に苦しむ人たちをサポートするのが、就職支援(就労支援)と呼ばれるサービスです。

就職支援(就労支援)は国だけでなく、民間企業も行っている為、数多くの求人を紹介してもらう事が出来ます。

また書類選考が免除になっている案件も多く、面接からスタート出来るのは大きなメリットと言えます。

ニート生活から脱却するには、就職支援サービスを最大限活用しましょう。

 

ニート,就職支援,就労支援,何,サイト,おすすめ,紹介
 

ニートの就職支援(就労支援)にはこのサイトがおすすめ!

インターネットで「就職支援」と検索すると、数多くの就職支援サイトがヒットする為、どこを利用すれば良いか迷ってしまいます。

就職支援サイトに迷った時には、まずは次の2つの機関を利用しましょう。

<ハローワーク>

いわずもがななハローワーク。

ハローワークは厚生労働省が運営している行政機関です。国が運営している為、安心して利用することが出来ます。

ハローワークでは、無料セミナーなども定期的に開催されており、就職希望者を全面的にバックアップしています。

また応募書類の添削や面接対策なども無料で行ってもらえるので、利用者にとってはメリットばかりです。

しかし、1点ほどデメリットもあります。それは、窓口が混んでいるとかなり待たされることです。長いと1~2時間は待たなくてはいけません。

ですが、無料で就職支援を受けられるわけですから、ニート脱却の為にも辛抱が必要です。

<地域若者サポートステーション>

地域若者サポートステーション(通称サポステ)は、厚生労働省から委託を受けた企業やNPO法人が運営しており、全国に160箇所設置されています。

サポステでは、職業紹介や求人紹介はしてもらえません

ですが、今自分が抱えている不安や心配などを、臨床心理士やキャリアカウンセラーへ無料で相談出来ます。

またグループワークなども実施されており、社会に復帰する為の予行練習が出来ます。働くことに対して恐怖心や不安がある人は、まずサポステを利用して抱えている悩みを解消しましょう。

 
Sponsored Link
 

ニートの就職支援(就労支援)にはこのサイトがおすすめ!その②

 

就職支援サービスに特化しているのは、何も行政機関だけではありません。

民間企業の就職支援サービスも、利用者にとって手厚いものとなっています。民間企業が運営している就職支援サービスについて、おすすめサイトを1つご紹介します。

<JAIC>

JAICはニートやフリーター、既卒者を対象とした就職支援を行っている企業です。

JAICからの就職成功率は80%を超えています。つまり、登録者の10人中8人が就職に成功しているのです。

また完全無料の就職講座や個別相談など、就職支援サポートが充実していることも特徴です。JAICは無料で利用できるので、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

「本当に求人を紹介してもらえるの?」と不安に思う人は、無料の相談窓口が設けられているので、一度電話で相談してみるのが良いでしょう。

ニートから就職するのは結構重い腰が上がらないものですよね。でも2017年まだ景気がいい時に就職しておくことをおすすめします。

それはなぜか?というと少し経済的なことになるのでアメリカの経済サイクルは基本10年です。

2000年代の2008年ごろを思い出してみましょう!そうサブプライムローンがあった時ですよね。そこから経済がダダ下がりで2010年代初頭でやっと上向きになり2015年前後ぐらいで景気が戻ってきました。

アメリカの景気に日本の景気が左右されているのは皆さんもある程度肌で感じていると思います。

次の不況が目の前まで迫っているかもしれませんので準備はしておくことには越したことがないですね。

就職・就活頑張ってくださいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 話題 , , , , , ,