黒革の手帖4話感想と5話あらすじ 高嶋政伸ってカツラ?w

      2017/09/02


黒革の手帖を見ていて思ったのが高嶋政伸さんが演じている上星ゼミナールの理事長・橋田常雄の髪型がおかしくないですか?

なんか変な髪型でカツラのように見えるんですけどw

高嶋政伸さんそんなにもともと薄いほうではなかったと思いますので役のためにわざわざカツラをかぶっているのかな?

そんな黒革の手帖4話感想5話あらすじになります。

やっぱり武井咲さんの着物姿がいいですね!ちなみにカルネロケ地どこ

 
Sponsored Link
 

黒革の手帖4話感想 武井咲の着物姿がいい!

 

黒革の手帖武井咲さんですがあのるろうに剣心の神谷薫の着物姿と、この黒革の手帖着物姿。。。。

同じ人物か?って思うぐらいるろうに剣心の着物姿は似合っていなくて、黒革の手帖では武井咲さんの着物姿は似合っておりますよね!

武井咲さんの着物姿いい!

 

いや~るろうに剣心の時の武井咲さんも可愛いんですけど、なんか綺麗さはあんまり感じないんですよね~

で、この黒革の手帖ではぎらついているのか板についているのかわからないけども箔があるというかなんというかお綺麗です。

そんな武井咲さんの着物姿の感想だけで終わりそうなので黒革の手帖4話感想に行きたいと思います。

高嶋政伸さんの演技が面白いんだが、、、、この演技はなんだ?というかカツラなのか?高嶋政伸さん??って思っちゃうじゃないか!

これ演技というか笑わせたいのかな視聴者を!っていう感想しか出てこないんですが、、、

怪演という言葉がぴったりの演技でしたねw

で、黒革の手帖の4話の感想ですが、料亭で襲うか?普通w

そんな男料亭に言っちゃいけないでしょ!高嶋政伸さん!!オスになったってこういうことだったんですね(笑)

で、そこを間一髪料亭の仲居(内藤理沙)さんに裏口から逃がしてもらって危機を乗り越えた武井咲ママ。

というかズボンを脱いでいる状態で伊東四朗さんに会うってどんな気分なんだろうな~

ねぇ、教えてよ!高嶋政伸さん(笑)

でも懲りずにホテルを予約する高嶋政伸さん。。。。もうやりたいだけしか頭にありません!

もう覚えたての男子高校生か!というのが感想です、、、、(苦笑)

ちなみに高嶋政伸さん。お金をクラブに落としているから、当然でしょ!って当然なのか?

そういった遊びをわかっていないからダメなんじゃないのかな?

でも、そんな高嶋政伸さんのところには行きたいけど行きたくない武井咲さん。そこで考えました。

梅村の料亭から来た内藤理沙さんをに交通費100万円を渡して高嶋政伸さんと一夜を共に過ごすように、、、、っていやだな~

なんかねちっこそうだしさ、この人(笑)

で、案の定、一度はかえれって言っておきながらもうリビドーを抑えられない高嶋政伸さん。

もう誰でも良いんですね、、、、( ノД`)シクシク…

朝になり高嶋政伸さんがシャワーを浴びている間に内藤理沙さんは高嶋政伸さんのPCから裏口入学のデータを盗みだすことに成功!

ってパソコンに今どきそんなデータを入れたまま持ち出すか?しかもロックをかけていない状態で、、、、

まぁ、黒革の手帖の原作はもう何年も前のものなのでそこまで考えられてはいないんだろうけども、、、、

 

黒革の手帖,4話,感想,5話,あらすじ,高嶋政伸,カツラ
 

黒革の手帖の高嶋政伸ってカツラ?w

 

黒革の手帖の人物紹介で気になっている人がいます。

気になっている入る人というよりも気になっている頭ですかね?

そう、高嶋政伸さんが演じている上星ゼミナールの理事長・橋田常雄の髪型がなんかおかしくない?w

あえて印象付けようとしているのかな?って思っちゃうぐらいもうカツラ感がにじみ出てますが、、、、

これ何かの拍子でカツラが脱げるという笑いを入れてくるのかな?って思っちゃうぐらい、黒革の手帖高嶋政伸さんのカツラ感!爆笑

 


て思っていたんですけども、、、、

どうやらそういう声が黒革の手帖のスタッフ陣なのか高嶋政伸さん自身なのかはわかりませんが耳にはいったんでしょう!

あえてこういうツイートをしてきましたね。

高嶋政伸さんがカツラではなくて生え際がしっかりあるよ!っていうツイート


うーん、やはり印象付けるために変な髪型にしているっぽいですね!

いや~高嶋政伸さんのカツラ疑惑が晴れてよかったです

 
Sponsored Link
 

黒革の手帖5話あらすじ カルネのロケ地はどこ?

 

黒革の手帖ですが岩村叡子(真矢ミキ)がママのクラブ『燭台』の撮影場所は六本木クラブ「花かんざし」というところです。

ロケ地は実際のクラブで撮っております(笑)

そうなのでおそらくカルネロケ地というか撮影場所があると思われるのでが、まだ詳しく出て来ておりません。

わかり次第追記していきたいと思います。

ちなみに黒革の手帖でよく出てくるカルネの入り口のロケ地(撮影場所)コルティーレ銀座Ⅳビルとなっております。

実際のビルやクラブを使って撮影しておりますのでそのうちカルネのロケ地も判明するかと思います。。。。

ただ、内部の方がどこかでぽろっと言わない限りもしかしたら出てこないかもしれませんね。

まぁ、黒革の手帖を見る年代が高級クラブにいくか?って言うとなかなかいかないと思います。

とくに会員制などであれば余計に行かないと思いますのでカルネのロケ地を見つけるのは難しいかもしれませんね。

むしろ武井咲さんが向かって場所をいろいろ調べていたほうがわかるかもしれませんね(苦笑)

では黒革の手帖5話あらすじに行きたいと思います。

 

 

新しくホステスになった島崎すみ江(内藤理沙)を使い、上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)の裏口入学斡旋者リストを手に入れた原口元子(武井咲)。次は橋田が買おうとしている料亭『梅村』を奪い、それを2億円で転売して、銀座の老舗クラブ『ルダン』を手に入れようと考える。その矢先、『ルダン』を所持している人物が政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)だとわかり、元子はいよいよ計画を実行に移す決意を…。
 一方、亡き国土交通大臣・若槻の妻・貴子の対抗馬として同じ選挙区から出馬しようとしていた安島富夫(江口洋介)だったが、若槻夫妻に思いがけぬスキャンダルが発覚! 期せずして党の公認候補として選挙戦に臨むことになる。貴子から「裏切り者!」と罵られた安島は思わぬ行動に出る!
 そしてついに元子は橋田と対決するため、黒革の手帖を携えて、上星ゼミナールへと乗り込んでいく…。

原作や米倉涼子さんの黒革の手帖を見ていないのでストーリーが早いって感想は私にはないんですが、なにやらネットとかを見ていると早いようですね。。。。

もしかしたら原作と米倉涼子さんの黒革の手帖は結末が違ったようなのでこの武井咲さんの黒革の手帖も結末を変えてくるんでしょうかね?

というか、それだったら変えないと武井咲さんで黒革の手帖をした意味がなくなってきそうですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201707ドラマ , , , , , ,