ハロー張りネズミ6話感想と視聴率&7話あらすじ ムロツヨシの役柄があってない!w

      2017/09/02


ハロー張りネズミですが5話での6話あらすじではムロツヨシさんがどうやら犯人の感じですね~

ムロツヨシさん、、、犯人の役柄があまりあってないような感じがしますよね(笑)

スパーサラリーマン左江内氏でのアドリブ全開のムロツヨシさんのほうがあっているような気もしますね!

ただ、直虎でのムロツヨシさんもしっかり演技はできてますのでこのハロー張りネズミでもしっかり演技は出来てそうですね。。。。(苦笑)

ではハロー張りネズミの6話感想&視聴率と7話あらすじに行ってみようと思います!

やっぱり瑛太さんの髪型に昭和臭を感じてしまうのは私だけでしょうか?
 


 

 
Sponsored Link
 

 

ハロー張りネズミ6話感想と視聴率 犯人はムロツヨシ!

 

ハロー張りネズミの6話ではやっとムロツヨシさんが出てきますね!

そう犯人はムロツヨシ!ムロツヨシ!!です。

ただ、気になるの2・3話で出てきた先生というのもムロツヨシさんのことなのでしょうか?
ハロー張りネズミ 感想・あらすじ・ネタバレのまとめ 原作でも幽霊は出る!

もしかしたらムロツヨシさんも「先生」がいて黒幕が後ろにいるのかもしれませんね。

原作での題名は「差出人なき手紙」ですね。

それではハロー張りネズミの6話感想と視聴率に行ってみたいと思います。

まずは申し訳ございません。ムロツヨシさんは先生ではありません!!!

しょうもない男でしたw

深田恭子さんには生理的に嫌だといわれ、森田剛さんにはホクロけら毛が生えていそうだと、、、
 


 

で、本編の感想ですが、

ムロツヨシさんが若い頃は爽やかすぎ(笑)これ絶対笑いを狙ったでしょ?

 


 

で、若い頃から政治家になることを目論んでいたムロツヨシさん。
※話の内容は重くて胸糞悪いのに、こういうところで笑いをとろうと、、、、

自分に惚れている今回の依頼主を利用して、政治家になるためのお金が必要だったのです。

そのため、今回の依頼主の浅田玲奈さんは夜の職業にどっぷりつかっていきます。

 


 

ただ、その容姿だとお客がつかないのでムロツヨシさんは整形することをすすめ、浅田玲奈さん整形してせっせとムロツヨシさんのために働きます。

やっぱりムロツヨシさん。。。。クズでしたねw

地元に帰ると新しいスポンサーが出来、その娘さんととんとん拍子で事が運んでいきます。

そのため、浅田玲奈さんと別れようとしたムロツヨシさん。まぁ、浅田玲奈さんは黙っていないですよね。

今までのことを全部ばらす!ということでした。

そのため、ムロツヨシさんは彼女をなきものにしようとしましたが、ムロツヨシさんが彼女の元を訪れた際に、彼女はじぶんからこのよに別れを告げておりました。

ここに彼女の最後の慈悲があったことをムロツヨシさんが気が付いていたら、、、、

そう、ここまでされて浅田玲奈さんは最後までムロツヨシさんを愛していたのです。

ムロツヨシさんを犯罪者にしたくなかったからこそ自分で、、、、、

そこでムロツヨシさんが浅田玲奈さんのことしっかり弔ってあげていればよかったのです。

ただ、第一発見者なので今回の選挙は当選しないかもしれませんが、人気があるムロツヨシさんであれば次回以降またチャンスはめぐってきます。

でも、それを浅田玲奈さんをちゃんと弔ってあげないばっかりに手紙が瑛太さんに届き、瑛太さんはムロツヨシさんのところにやってきたのです。

瑛太さんはマスコミに今回のことを全部ばらして浅田玲奈さんの復讐は終了となります。

泣き崩れるムロツヨシさん!

視聴者は思ったことでしょ!ざまー(笑)

ちなみに手紙が2週間後に来たのは浅田玲奈さんがポストに細工をしていたためで、ナフタリン(防虫剤)が小さくなったことによって手紙がポストの中におちていくという仕掛けですが、、、回収の人はちゃんとかくにんしないのかはぎもんです。

で、またどうして瑛太さんを選んだのか?というと、浅田玲奈さんが働いているときに瑛太さんがちょうどお客として来店したらしく、そこで瑛太さんの人がらを見抜いて、頼まれたら断れない。というのをわかったから瑛太さんに頼んだんじゃ~というのがうっかりエロスちゃんこと深田恭子さん談。

というか人を見る目があるならムロツヨシさんの本性も見抜いてよ!w

 

ハロー張りネズミ,6話,感想,視聴率,7話,あらすじ,ムロツヨシ,役柄,

 

ハロー張りネズミ ムロツヨシの役柄があってない!w

 

ハロー張りネズミでムロツヨシさんは、6話の予告ですが、、、

 


 

一見爽やか、、、、まずこの時点でムロツヨシさんの役柄になっていない気が、、、(苦笑)

まぁ、これは今まで出てきたムロツヨシさんの印象が強いドラマが勇者ヨシヒコやスーパーサラリーマン左江内氏とかなのでアドリブ全開のギャグドラマだったりしますからね~

ムロツヨシさんは直虎とかでは金の犬の役をしっかり演じきっているので真面目な役柄もできますが、やっぱり今までのイメージ(役柄)と今回のムロツヨシさんはあまりあっていない気がしますね~

ただ、ムロツヨシさんの新たな一面が見られるのでムロツヨシファンはいいかもしれませんね~

あの佐藤二朗さんも過保護のカホコで真面目な警察官役をやっておりますしね!!

 

 
Sponsored Link
 

 

ハロー張りネズミ7話あらすじ 瑛太の髪型に昭和臭

 

ハロー張りネズミですが昭和臭が漂うドラマですよね~

山口智子さんの雰囲気やこのご時世で電子〇〇コであってもあれだけモクモクさせるドラマも珍しいですよね~

で、瑛太さんも髪型もちょっと昭和臭?って思っちゃいますよね。

なんかポマードをたっぷりつけている感じが、、、、

 

ハロー張りネズミ,6話,感想,視聴率,7話,あらすじ,ムロツヨシ,役柄,

 

このぺったり感(笑)

あまり瑛太さんにこの髪型が似合っていないな~というのが私の感想ですが、、、

これは人によって感じ方があると思いますので、似合っているという人もいますね!

それでは、ハロー張りネズミの7話あらすじに行きたいと思います。

 


 

ある日、「あかつか探偵事務所」の近所にある八百屋の店員・星野(宇野祥平)が訪ねてくると、ある女性について調べてほしいと調査の依頼をする。その女性は時々、閉店間際にやってきては必ずネギを買って帰るという。「その彼女を調べてどうしたいのか?」と蘭子(深田恭子)が聞くと、「デートに誘いたい」と答える星野。
その女性の写真を見せられたゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)は、星野の願いは叶わないと確信するも、かほる(山口智子)は依頼を承諾。カップルを装って調査する方が都合がいいだろうと、ゴローと蘭子を担当に当てる。
ほどなく、調査対象の女性は外資系企業でOLをしている中村七菜子(橋本マナミ)だと判明。また、複数の男性と交際し、デートを繰り返しては身体の関係を持ち、貢がせていることを突き止める。そんな七菜子に苛立ちを覚えるゴローだが、一方の蘭子は……。

うっかりエロスちゃんの本領発揮の回になりそうですね~

ゴローこと瑛太さんはもう深田恭子さんのエロスに惑わされております。

まぁ、橋本マナミさんが愛人役で出ておりますが、何やらふかーい事情がおありのようで。。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201707ドラマ , , , , , , ,