打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のあらすじ・ネタバレ 声優の評価は?

      2017/09/02


打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?あらすじ・ネタバレを書いてみたいと思います。

あらすじ&ネタバレなので打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の映画を見たい方は読まないでくださいね~

ちなみに声優評価というのは主演を務めた広瀬すずさんと菅田将暉さんの声優としての評価だと思ってください。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の題名のネタバレは最後まで見ないとわからないので打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の映画を見る方は映画を最後まで見てくださいね(笑)って、見るか?

ちなみに打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のCMで丸いと思うか?的な感じででてきますが、下から見ても横から見ても打ち上げ花火は丸いですよね~(苦笑)

2017年の打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?アニメ映画版は結末が違います。主題歌もぴったりで映像作品としてはよかったです!

 
Sponsored Link
 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のアニメ映画のあらすじ・ネタバレ パート1主題歌もいい!

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の主題歌はDAOKOさんと米津玄師さんが手掛けております。

 

 

いや~主題歌打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のMVと言っていい感じで映像が綺麗ですよね~

一応打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?あらすじネタバレに行く前に予告を2つほど

 

 

 

 

となります。

やはり打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?映像は抜群にきれいですね!

キャラクターデザインもこの打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?にあっておりますね。

で、先に感想ですが心の中にもやもやが残りますが、10代特有の甘酸っぱい恋心が描かれていて観た後は昔を思い出しますね。ただ、10年後を想像してニヤニヤしてしまいますw

では打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のアニメ映画のあらすじ・ネタバレに行きたいと思います。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を映画館で見る予定の方は見ないでくださいね(笑)

それでは打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?あらすじ・ネタバレに行きたいと思います。

声優は今を代表する若手の2人、菅田将暉さんと広瀬すずさんが主役の2人を演じております。

声の出演[編集]
及川なずな - 広瀬すず
島田典道 - 菅田将暉
安曇祐介 - 宮野真守
なずなの母 - 松たか子
三浦先生 - 花澤香菜
純一 - 浅沼晋太郎
和弘 - 豊永利行
稔 - 梶裕貴

声優を若手俳優・女優にして話題をとらなくてもこの打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?は十分だと思うんですけどね~

この菅田将暉さんや広瀬すずさんの声優というか演技に対しての評価はまた後程書かせていただきたいと思います。

まずはあらすじとネタバレへ行きますね。

それは町の花火大会の日のことでした。

中学1年生の典道と仲のいい祐介は同級生の大人びて垢ぬけたなずなに淡い恋心を抱いておりました。

※なずなは母親が再婚するのでこの町を出ていきます。(転校ですね)ただ、それはまだ担任の三浦先生しか知らない状態です。

なずながプールへ行くと典道と祐介がプールで泳いでおります。

そこでなずなは二人に競争するように言います。

典道も祐介もお互いなずなに良いところを見せようと張り切りますが、典道はターンの時に足を怪我して負けてしまいます。

勝った祐介になずなは告白というか

二人で一緒に花火に行こう。と誘います。

※なずなは勝った方と駆け落ちしようと心に決めていたようで、この勝負勝ったのが祐介だったので祐介に声をかけたということですね。

で、教室に帰ったときにクラスの男子が

打ち上げ花火を下から見たときと横から見たときではどうなっているのか?
→少し先のネタバレ:これが題名の打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?に繋がっておりますが、まだまだつながっておりますので気を抜かずw

で今夜の花火大会に男子たちは灯台に上り打ち上げ花火を横から見ようということで祐介も典道も誘われます。

あらすじとネタバレですが、ここまでが打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の序章で次からが本編となっていきます。

起承転結の承ですかね?1個目の結末です。

約束の5時になずなが祐介の家を訪ねますが、祐介はいません。

そのころ祐介はなずなと一緒に行かないために典道を自分の診療所へしきりに行かせようとします。

で、なずながいたら「祐介が行けなくなった」と伝えてくれというのです。

※ここの理由は詳しくは描かれておりませんが、祐介が怖気づいたのか?それとも男の友情をとったのか、、、、

まぁ、祐介は典道に「俺が本気でなずなのことを好きだと思ったのか?洒落だよ」と言っているので怖気づいたのかもしれませんね。

中学生の男なんてそんなもんですよ!(笑)

これが成人していたらもうほいほい行っちゃいますよね~w

で、典道は診療所にいって待っているなずなに祐介がこないことを告げます。

で、なずなは

「もし、君を誘ったらどうした?やっぱり逃げた?勝った方を誘うと思ったの」

なずなは続けます。

「クロールね、君が勝つと思ったの。だから勝つほうに賭けたのに・・・」
「もし君を誘ったら、裏切らないでくれた?」
「裏切られるの、血筋みたい」

なずなのお母さんは3度目の再婚のようですが、、、、

典道は「俺は、裏切らないよ」と言いますが、なずなは「本当かな?裏切るよきっと」と話します。

そこになずなの母親が現れて、なずなを引っ張っていきます。なずなは泣き叫びながら家に連れ戻されます。

で、運良くか運悪くかそこに祐介が通りかかり、典道は祐介を殴ってしまいます。

典道の心の中には「もしも」「もしも、俺が勝っていれば」という思いでいっぱいです。

泣きながら連れ戻されるなずなを助けられなかった典道は、なずなが残したビー玉のような玉を悔しそうに花火大会のポスターに投げつけると、ここから奇跡が起こります、そう典道のパラレルワールドの話に変わっていきます。典道はもう一つの世界、典道が勝った世界へ飛んでいきます。

 

打ち上げ花火,下から見るか,横から見るか,あらすじ,ネタバレ,声優,評価
 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のあらすじ・ネタバレ パート2 2017年アニメ映画版は結末が違う。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のあらすじ・ネタバレのパート2ですが、ここからは打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の起承転結の転結になります。

話はプールの50メートルの競争に戻ります。

そう典道が勝った話になります。この世界では典道は足を怪我しておりません。

典道に対してなずなは「一緒に花火に行こう」と誘いますが、典道は信じられず口を開けてぽかんとしております。

約束の5時。

祐介が典道の家に遊びに来ており、灯台に花火を見に行こうということになっておりますが、なずなは典道を引っ張って祐介を置いていってしまいます。

ただ、花火に行くはずなのになぜか花火会場とは逆方向への駅方向に向かうバスに乗ります。

なずなは大きな荷物を持っていて、典道は旅行?って聞きますが、なずなの口からはおどろべき答えが返ってきます。

そう、なずなの答えは「駆け落ちよ」とういう答えw

どうやって生きていくつもり?という典道の問いかけにも、なずなは「16歳と言って働く!」「夜の商売とかかな。大丈夫、私が養ってあげる」と。

トイレで浴衣から私服に着替えたなずなは化粧をしているようで典道はずっとドキドキしっぱなしです。

ただ、ここでなずなは何を思ったのか、駆け落ちはしないと思い直したようで、元来た道をバスに乗って帰っていきます。

その足で夜の学校のプールに忍び込み、夜空には打ち上げ花火が。

なずなは服を着たままプールに入り、典道もプールに入っていきます。

打ち上げ花火が咲き乱れる中、プールではしゃぐなずなと典道。(良い絵ですね~)

なずなは心配事が無い。といった笑顔で「今度会えるのは二学期だね。」と言いますが、、、

※なずなは二学期にはいません。この時のなずなの気持ちはどんなだったのでしょうかね?

で、結末へ。

なずなと別れた典道は三浦先生とばったり出会って、三浦先生に

「花火って横から見たら平べったいの?丸いの?」って聞くと先生は知り合いの花火師のところに連れて行ってくれ、特別に1発打ち上げてくれることに。

で、打ち上げた花火を典道は下から見ています。

で、祐介は灯台についたころには花火大会は終わっており、残念だったな~というところに1発花火があがります。

祐介は横から見ています。

そう打ち上げ花火を下から見た典道も、横から見た祐介にも打ち上げ花火は丸く映っておりました。

ただ、一つ違っていたことが引越しは止められず、なずなと別れることになった時に典道は今までずっと言えなかった、なずなへの気持ちを言おうとします。

そこでまた元の世界へ戻ってきます。

ただ、元の世界でもなずなへの思いを伝えられない。と思ったときに、典道はなずなへ告白します。

「俺は、なずなのことが大好きだ!」

 
Sponsored Link
 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?声優の評価は?

 

どうでしたか?打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?は今までの物と2017年アニメ映画では結末が変わってきておりますね。

告白できずに終わるのもいいですが、告白出来て終わるのもいいですよね~

ちなみに最後典道が先生に呼ばれても席に座っていないのを事故にあったという解釈もあるようですが、なずなを見送りに行っているような気がします。

まぁ、なずなは綺麗なので高校・大学に進むにつれてカッコいい年上の彼氏ができて典道のことなんか忘れるかもしれません。

でも、いつかは20過ぎぐらいに二人が再開して恋に落ちるなっていう続編があっても面白いな!と思いますが、いかがでしょうか?

ちなみに淡い恋で思い出されるのは金鳥のラジオ少年。あれも淡い恋ですね(笑)
キンチョーのラジオCM金鳥少年の大沢君と高山さんの結末が気になる

また、試写会部分での評価になってしまいますが菅田将暉さんと広瀬すずさんの声優としての評価を見てみましょう。

 


というように声優としての評価は良好ですね!

上には載せておりませんがやはり俳優・女優ではなくて声優がやったほうがいいという声も聞こえましたが、まぁ、どれも個人の評価だと思います。

私的には菅田将暉さんの声だけがあっているとは思いますが、少し惜しい。という感じがしただけで広瀬すずさんはあっていると思いました。

最後に、ネタバレ・あらすじは記憶で書いてますので、前の打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?とごっちゃになっていたらすみません。(言い訳(笑))

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 映画, 芸能人, 話題 , , , , , ,