ごめん愛してる6話感想と7話あらすじ 池脇千鶴の演技が上手い!

      2017/09/02

Pocket

ごめん、愛してる。やっと韓国ドラマチックになってきましたね~

これは恋の3角関係?いや4角関係かな?そんなごめん愛してる6話感想7話あらすじに行きたいと思います。

やっぱり池脇千鶴さんの演技上手いわ~。。。。

やはり塔子役の大西礼芳さんも(長瀬智也)が好きなのかな?

で、結局長瀬智也さんのキスシーンは何回あるの?(笑)

 


 
Sponsored Link
 

ごめん愛してる6話感想 塔子役(大西礼芳)も律が好き!?

 

これ原作(韓国版のごめん、愛してる。)のネタバレになっちゃいますが、律こと長瀬智也さんは復讐のためにサトルこと坂口健太郎さんが結婚しようとしている塔子(大西礼芳)さんを奪っていきますが、この日本バージョンではその描写はないようですね。
ごめん、愛してる 感想・あらすじ・ネタバレのまとめ 結末が泣ける!

むしろ勝手に塔子(大西礼芳)が婚約を破棄しての元に走るような雰囲気を醸し出しておりますが、、、、

やっぱりお坊ちゃまのサトル(坂口健太郎)よりも少し影があってワイルドな律(長瀬智也)のほうが女性にはモテるんでしょうかね?

ただ、そうなると、、、、あれ?これ何角関係になるんだ?

そんなそろそろドロドロしてきてくれそうなごめん愛してる6話感想ですが、

大竹しのぶさんの隠し子がばれた~って、もう隠居している人に対して緊急生放送とかする必要あるのかな?

サトルがその隠し子っていうのであればわかるんですけどね。

でも、中村梅雀さんだけはてんぱっております。

だって、律こと長瀬智也さんがその隠し子だってばれちゃってますから。ほっとくと記者会見に乱入して、「俺がその隠し子だ!」って言いそうだから監禁なのか?

でも、そこで連絡手段を残すかね(笑)

詰めがあまい!ってまぁ、律に自分の素性をばらす気がないので、池脇千鶴さんに「遅くなる」って連絡はあれかな?池脇千鶴さんがまた律さんを探して事故にあうかも?っていうのを心配しているのかな?

で、大竹しのぶさんの会見。

不倫を認め、隠し子を認め、でも子どもは生きていない。ってこれ中村梅雀さんが嘘ついているパターンね。

でも、いい加減、その不倫相手に律が似ているって気が付かないのかな?(笑)

一方サトルこと坂口健太郎さんは、塔子に連れられて塔子の父親に会いに行く。

けども、寝たきりで、サトルが手の握った瞬間目があって、そのまま行ってしまわれます。。。。

というかさ~そのままお父さんをそこに置いていくなよ!病院側が迷惑しているだろ!ってそんなことをお構いなしの塔子さん。

だって、男がいるんだもん!(笑)

で、サトルにあなたのことを好きになったことがないっていわれてサトルは自暴自棄。

薬は通行人にあたってなくしちゃうし、、、って予備持っておけよ!(笑)

タクシー使え!って、で、調子にのって事故。でも、なんで119番じゃなく凛華へ電話なんだ?

凛華は電話を受けても119へつなぐしか出来ないでしょ!って、その凛華も律とイチャイチャしていて電話に出れず。

まぁ、もう凛華はサトルの物ではなく律のものだね!

でも、凛華は律の命が長くないことを悟るようですね。。。。。

サトルは事故で入院、律は凛華と別れたあとまた体調が悪くなる。。。。

イケメンは短命なんですね!なので六角精児さんや中村梅雀さんのような方が生き残る!と(笑)

やはり韓国ドラマはこうでなくっちゃ!!

 

ごめん,愛してる,6話,感想,7話,あらすじ,池脇千鶴,演技,上手い
 

ごめん愛してる 池脇千鶴の演技が上手い!

 

池脇千鶴さんですがやはりこのごめん愛してるではその演技力は群を抜いていているようですね。

大竹しのぶさんはもう別格ですね。ただ、池脇千鶴さんもその域に達しそうです。

もう普通に上手い!としか感想が出てきません。。。

池脇千鶴さんですが最近では映画でも賞をとっていたようですがこのごめん、愛してるではTVドラマにひさしぶりに復帰して、その最初の役が少し障害を負った女の子の役。

その役なのですが、普通に若菜に見えるのでマジで池脇千鶴さんの演技上手すぎる
池脇千鶴って演技が上手い?演技力には定評があるようだけど

で、変に障害を持っている感じはみじんも見せずに本当に普通な感じが上手いな~とおもわせるところですね。

 

 


やっぱり皆さんも同じような感想をお持ちのようで、、、、

やはり池脇千鶴さんの演技上手いようですね。。。。

なぜそれなのに視聴率は下がるだけなのか。。。。ナゾです。

まぁ、韓国ドラマの悪い所というか次から次へと悲劇が襲ってくるので感情移入しづらいというのはあるんですけどね。

 
Sponsored Link
 

ごめん愛してる7話あらすじ 長瀬智也のキスシーンはあと何回?w

 

もてもての長瀬智也さん。

ごめん、愛してるでは長瀬智也さんのキスシーンがふんだんに見れますw


まぁ、吉岡里帆さんファンの方からすると、うらやましいぞ!長瀬智也!っていうのが正直な感想でしょう!

ちなみに長瀬智也さん。不意にキスをされたけども大西礼芳さんともキスをしておりましたよね?

そう考えるとあと何回、ごめん、愛してるでは長瀬智也さんのキスシーンがあるんでしょうか?

唇が腫れるほどキスをしてもいいですけども(苦笑)

こうなったら母親である大竹しのぶさんともキスシーンを演じてほしいな!と思っちゃいます。

それではごめん愛してる7話あらすじに行きたいと思います。

 

 

 交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心臓移植の必要性がある事を告げられる。
 麗子からサトルの傍にいるように言い付けられた凜華は、必要とされることに喜びを抱く反面、律への思いは膨らむばかりだった。そんな中、律は医師から銃弾を受けた脳の症状が悪化していると診断され…

ここで一回、すれ違いが生じるのねw

結局サトルこと坂口健太郎さんのものにならないであろう凛華。

今後の展開はどうなるのか?って、1話で凛華が回想しているので何んとなくは読めるんですけどね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201707ドラマ , , , , , , , ,