直虎18話感想&19話あらすじ 小林薫の頭はカツラだった!?

      2017/09/02

Pocket

直虎で重要な立ち位置にいる龍潭寺の面々。市原隼人さんは坊主のカツラだとわかったんですが、小林薫さんもカツラではないかと言われております。その真相について調べてみました。

視聴率も悪そうだな~って思っていましたが推移を見てみると二けたをキープはしているんですね。

最近思うのは高橋一生さんが悪役になったのは本心でしょうか?

 
Sponsored Link
 

直虎18感想 視聴率推移は?

直虎視聴率推移を1話から16話まで一気に行きます

16.9%→15.5%→14.3%→16%→16%→14.5%→12.9%→13.4%→14%→12.5%→13.7%→12.9%→13.1%→12.9%→14.4%→13.7%となっております。

うーん15%を超える回が少ないのは少ないんですね。

まぁ、桶狭間の戦い以降は合戦もなく単なる政治ドラマのような感じになっておりますからね。。。

そんな直虎18感想ですが、結局小野政次(高橋一生)は、裏切り者としてのレッテルを張られてでも直虎(柴咲コウ)に一歩引いて欲しかったようですね。

ムロツヨシさんの機転でそうはならなかったですが、というか一介の商人がどうして今川家の当主と面会出来たんでしょうか?そこが少し不思議です。

まぁ、今川も種子島は欲しかったというところでしょうか?うーん、ムロツヨシ!銭の犬。

小野政次こと高橋一生さんも気を利かせて立ち去ったと思わせて盗み聞きする感じがいかにも!って感じですよね。これ見つかったら罰せられますよ。。。

そこまでしたやはり井伊を守りたいんでしょうね~

後思ったことは、中野直之こと矢本悠馬さんですが孫子を読んでいるようであればもっと知力があってもいいような気がするんですが、、、まぁ、武力が凄いのでそこを補っているのかもしれませんね。

なつこと山口紗弥加さんの高橋一生さんについて語るシーンもなんかこれだけでも高橋一生さんが救われている感じですよね。

「夜道を照らしてくれる秋の月ような人にございます」

 

直虎,18話,感想,19話,あらすじ,小林薫,頭,カツラ
 

直虎 小林薫の頭はカツラだった!?

これは直虎が始まったころから出てきていた話題ですが、自分は受験戦争のときの小林薫さんのカツラ直虎剃っているものだと思っておりました。

ですが、逆じゃないか?という話もあってわからなくなってきそうでしたが、事実は、、、

やはり直虎小林薫さんの剃っているそうです土曜スタジオパークで話しておりましたね。

では、なんで坊主のカツラじゃなないか?って話になったのかというと、龍潭寺の他ぼ坊主がカツラだったかです。

市原隼人さんもそっているわけではなく、坊主のカツラをかぶっているから小林薫さんもじゃないか?という話だそうです。

ただ、ご自身の口から剃っているということなんで真実なんでしょう(笑)

 
Sponsored Link
 

直虎19話あらすじ 高橋一生の悪役変化は本心か?

小野政次こと高橋一生さんですが、最近は直虎ではすっかり悪役にはまっておりますね。

時々、直虎こと柴咲コウさんの身に何か起きそうなときは慌てる感じはしていい演技しておりますが、、、

うーん、柴咲コウさんの身は案じるけど、虎松の後見人になって井伊家の実権を握りたいと思っているんでしょうかね?

見る人によって違うと思ういますが、私的にはやっぱり柴咲コウさんのために悪役を演じているのが本心だと思っております。

自分を犠牲にして井伊家のこと柴咲コウさんの命のことを考えているんだと思います。

最後の最後に本心を明かしてほしいですよね。。。そうなると、柴咲コウさん的には鶴も亀も失ったとなるんで悲しいかとは思いますが、、、

そんな直虎19話あらすじですが、次はまた柳楽優弥さんが出てくる回ですね。

この史実にいない人物を結構だしますがこの先どうなるんでしょうか?

というか材木を盗んでいるといっても昔の話なのでそんなに簡単に盗めないと思うんですけどね、、、運び手も結構集めないといけないですし、、、、

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201704ドラマ , , , , , , ,