江ノ島花火大会2017年10月の場所取り時間や穴場スポットは?

   


例年6万人以上が観覧に訪れる江ノ島花火大会

焼きそばやご当地グルメなど数多く屋台が出店されるため、2017年も大混雑が予想されます。

江ノ島花火大会は混雑必須です。しかし、「江ノ島花火大会は見たいけど混雑には巻き込まれたくないなぁ」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが、混雑もなく優雅に花火を楽しめる穴場スポットです!それでは、2017江ノ島花火大会穴場スポットについてご紹介していきます!

また、場所取りの時間はいつからか調べてみました。

 
Sponsored Link
 

江ノ島花火大会2017年10月の場所取り時間は?

 

一番気になるのは場所取り時間についてですよね。

これは打ち上げ場所に近ければ近いほど、場所取りの時間も早くなっていきます。

特に今回打ち上げ場所とされている「片瀬海岸西浜」周辺は場所取り合戦になるでしょう。

早朝からブルーシートを敷かなければいけませんね。

しかし、江ノ島花火大会では有料観覧席も用意されているのです。席数は約2500席、チケット料金は一人あたり2,500円です。

有料観覧席は当日の16時から開場されます。当日にどうしても場所取りをする時間が取れない人は、利用するのも良いかも知れませんね。

ちなみに有料観覧席の入場チケットは9月上旬頃より、チケットぴあ、ローソンチケット、藤沢市観光センターで販売予定となっています。

「花火をどうしても座って観たい!」と思っている人はチェックですね!

江ノ島,花火,大会,2017,10月,場所取り,時間,穴場,スポット
 

江ノ島花火大会2017年10月の穴場スポットは?

 

それでは江ノ島花火大会201710月穴場スポットについてご紹介します!

是非このスポットの中から、あなたに合った穴場を見つけて下さいね!

湘南モールフィル屋上
毎年、湘南モーフィル屋上にある駐車場は花火大会の観覧場所として開放されます。屋上からの眺めは障害物などもなく、夜空に打ちあがる花火を楽しめます!しかし、打ち上げ会場からは離れている為、花火を間近で楽しむことは出来ません。カップルや家族など、買い物帰りにフラっと楽しむには最適なスポットです!例年駐車場は開放されていますが、今年も駐車場が開放されるかどうか、予め確認しておきましょう。

江ノ島温泉周辺
江ノ島温泉周辺は、地元の人が利用する穴場スポットです。どうしても混雑に巻き込まれたくないという人には最適なスポットです。アクセスが不便ですが、臨場感ある花火が楽しめます!

湘南海岸公園
湘南海岸公園は、穴場スポットでありながらアクセス面が非常に良いです。片瀬江ノ島駅、そして小田急江ノ島線鵠沼海岸駅のどちらからでも、徒歩15分!芝生もある為、シートを敷いてゆったりと花火を楽しむことが出来ます。

七里ガ浜周辺
遠目でもいいからちょっとだけ花火を見たい、という人におすすめなスポットです!花火大会で一番ネックとなるのは帰りの大混雑です。花火終了後は駅構内に入場規制が掛かり、電車に乗るまで1時間以上も掛かった、なんてことも珍しくありません。しかし、七里ガ浜周辺で観覧することで、混雑に巻き込まれる心配がありません!カップルや小さいお子さんがいるご家族におすすめです!

 
Sponsored Link
 

江ノ島花火大会2017年10月について日程などをご紹介!

 

2017年江ノ島花火大会は、10月21日(土)の18:00~18:45となっています。

今年2017年夏の花火大会は天候不良による中止が相次いだので、秋の江ノ島花火大会を期待している人も多いのではないでしょうか。

そのため、大混雑が予想されます。

例年よりも場所取りが難しくなるかも知れませんね。

有料観覧席も即完売も考えられます。しかし、穴場スポットを利用すれば混雑を回避出来ますよ!

人の少ない場所で優雅に花火を楽しんじゃいましょう!ちなみに、10月は日が落ちると一気に冷え込むため、上着やジャケットなどを持っていくと良いでしょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 季節もの, 旅行&スポット , , , , , , , ,