母になる5話感想&6話あらすじ 沢尻エリカの演技に違和感なく泣ける

      2017/09/02


母になるは毎回泣かされております。。。。沢尻エリカさんの演技も違和感が無くてもう泣けます

そんな母になる5話感想6話あらすじです。

藤木直人さんですが痩せすぎな感じはありますがやっぱりかっこいいですね。

また、小池栄子さんの病気フラグが何も起こっていないですね。。。苦笑

 
Sponsored Link
 

母になる5話感想 藤木直人がやっぱりかっこいい

 

藤木直人さん、風貌もかっこいいですが、今まで引きこもっていたと思えないほど人としてできがっております。

まぁ、なかなか連絡も取り会っていなかった元妻との共同生活で、お互い本音を語れないところはあるかもしれませんが、嘘をつくのは生きているからだ。とかやはり大学准教授です。

そういった人として成熟しているところも含めてかっこいいですね

母になる5話感想ですが、風吹ジュンさんは門倉麻子こと小池栄子さんが道枝駿佑さんを育てていた親とは知らなかったようですが、自分のところで働かせようって、、、

小池栄子さんも道枝駿佑さんと会わないと言っておきながら結構近くにいるんですね。。。。

今回はそんな広君こと道枝駿佑君のことを思う、先輩の田中今偉こと望月歩君の回でしたね。

なんか母になるは毎回泣かせられるな~

今回は望月歩くんの演技が上手い。自分を生んでくれた母親がどんだけクズでも、産みの親は1人しかいないんだよ!ってことを身をもって道枝駿佑くんに教えるなんて。。。。

望月歩君としては忘れたい過去なんだと思うんだよね。。。それをほじくり返してでも迎えてくれる家族がいるって大切なんだぜ!っていうことだと思います。。。。

いや~泣ける。

小池栄子さんの存在もあれなんですが、最後出てきたジャーナリストもなんかいけ好かない(苦笑)

 

母になる,5話,感想,6話,あらすじ,沢尻エリカ,演技,違和感,泣ける
 

母になる 沢尻エリカの演技に違和感がなく泣ける!

母になるには毎回泣かされております。特にこれ子供がいる親が見ると感情移入をしすぎてやばいです。。。また、沢尻エリカさんの演技が上手くて違和感がないので感情移入がしやすいんですよね。

1話目では子供は誘拐されて泣く、、、、その心配する親の気持ちになって、、、、

2話目では、道枝駿佑さんが持っている手紙をみて、今までがすべて演技だったことがわかって泣く、、、

沢尻エリカさんの気持ちになって切なすぎて、、、あと、小池栄子さんへの敵対心ですかね。

3話目では、小池栄子さんの境遇が切なさすぎて泣きそうです。子供を育てていたけどどうしても手放さないといけなかったという。

 


4話目では、実の親(沢尻エリカ)なのにそれを信じてもらえず、施設のほうがいいと子供に言われて、それでもお弁当を作ってあげているというその境遇に泣きました。。。

そう、沢尻エリカさんもそうですし、小池栄子さんも演技が上手く全く違和感がなくやばいです。

5話では望月歩君の道枝駿佑くんに産みの母親は一人しかいない。迎えてくれる家があるんだったら大切にしろよ!帰れよ!っていうのを暗にいうためだけに、あんなクズみたいな親に一緒に会いに行くのがつらい。。。

 
Sponsored Link
 

母になる6話あらすじ 小池栄子は病気?

小池栄子さんですが、回想シーンでは結構咳をされていて病気フラグがたっている感じがしましたが、今のところ特になにもありません(苦笑)

また、現代の話のなかではそれほど咳もしておりませんので病気ということはないのかもしれませんね。

それとも思い出したようにまた咳をして病気で最後は、、、、となるのかもしれません。

うーん、道枝駿佑さんの心を縛るのには一番いいかもしれませんが結構きついですね。。。

 

 

そんな母になる6話あらすじですが、次回は小池栄子さんの過去の話が出てきますね。

どうして2年かも塀の中に行っていたのかが真実が明らかになるそうです。

理由は付きまとう男から守るためだったという衝撃の事実が、、、母になるってどういうことか?

ただ、小池栄子さんの場合、他人の子なので母になったとしても子どもを幸せにできないようだったら自己満のようなきもしなくもないんですけどね。。。。

いや~これ沢尻エリカさんも小池栄子さんもなんか救われないドラマですね。ハッピーエンドが思い描けない。

いや、あることはあるんだけど道枝駿佑くんがどう出るか。。。一番簡単なのはどっちかがこの世からいなくなることですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201704ドラマ , , , , , , , ,