コウノドリ3話感想と4話あらすじ 星野源の鼻声(風邪)が心配!

      2017/10/29


コウノドリですが2話で星野源さんがめっちゃ鼻声だったんですが、、、

そういえば星野源さん超多忙って何かの雑誌で出ておりましたね、、、

謎の美女(倉崎恵美(松本若菜))とあっている場合じゃなくて休んでくださいw

ちなみにその時の私服のブランドを調べてみました!

それでは、コウノドリ3話感想と4話あらすじに行きたいと思います。

 


 
 
Sponsored Link
 

 

コウノドリ3話感想 星野源の私服のブランドは?

 

コウノドリの2話で星野源さんは私服で謎の美女(倉崎恵美)にあっておりました。

 


 
いや~もうツイッターが白衣以外の星野源さんが見れて盛り上がる盛り上がるw

そんな星野源さんの私服のブランドはどこなんでしょうか?彼氏に着せてみますか?

カーディガンのブランドはnano・universe(ナノユニバース)だそうです。

スニーカーはこのインスタではないですがコウノドリのプロモポスター時はミズノのLEATHER MIZUNO1906 RB-LINE を履いておられましたね。

ちなみにミズノもnano・universe(ナノユニバース)もコウノドリの衣装協力で名前が挙がっているのでわかりやすいといえばわかりやすいですね。

それでは、コウノドリの3話感想に行きたいと思います。

というかさ~マジで、男の私でも結構涙腺に来るんですよね~コウノドリ。

世の中の女性には、男性にはわからない!といわれるのはわかってはいるんですけど、、、わかったつもりじゃなく、わかろうとするというのは大切だと思うんですよね。

って、自分はイクメンだ!っていっているつもりはないのであしからず。。。。

まぁ、高橋メアリージュンさんのお母さんや夫のナオトインティライミがむかつく(笑)

不倫をしているわけじゃないけど、赤ちゃんが心臓の疾患を持ったのは働き過ぎが原因だとか、、、

夫のナオトインティライミは自分はイクメンだ!とか言ってるけどさ。。。

本当に高橋メアリージュンさんのことを思うなら、お母さんももしかしたら自分の働きすぎかも?って思っているかもしれないじゃん!そんなことを言わないの!

こういう親に限って赤ちゃんができないのは女性のせいだ!男性には原因がない!って思ってんだろうな~

男性が原因で不妊になることもあんのにね。。。。

まぁ、決定打は会社のプロジェクトが同期に変わってしまった。というところで会社にも居場所がない!って思っちゃったことなんだろうけど、、、、

声を大にして言いたい!会社ってそんなに大事か?と(笑)

依存するほどのものじゃないよ!会社は。結局自分の変わりなんてたくさんいるんだから!だから会社なんだから。

会社なんて社員に辞められない程度のお金を適度なストレスのはけ口を与えて、こき使うことしか考えてないんだから(笑)

なんかコウノドリじゃないところに熱くなりましたのでw話を戻します!

そんなことより、子供の母親は自分しかいないことに気が付こうよ!(かといって生後3年は母親がみんとあかん!とは思っておりませんよ)

今回は四宮先生がよかった!

悩むサクラに「いい加減にしろ。前を向けよ。お前が大丈夫じゃないんだよ」といっても、

ちゃんと高橋メアリージュンさんを説得するのには心をさらけ出してる。

「俺にあなたの気持ちはわからない。今あなたを引き止めているのは俺のワガママです」と手を差し伸べる。そこで「お母さんがいないと赤ちゃんが生きていけないよ」とか「みんなが悲しむよ」なんてありがちな言葉ではなくて、四宮先生はこう言ったのだ。「まだ治療の可能性がある患者を放っておくことはできない」

ただ、そんな高橋メアリージュンさんに寄り添わないやつが1人います(笑)

そう、それがナオトインティライミ。

二人で一つとか、俺イクメンとか、なんでそんなにイライラしてんの。お前、出産してから性格変わったな。とか。。。

いや~もうね~男性から見てもイライラしちゃいました(笑)

で、川栄李奈さんの場合は、今度は何でもかんでも相談するパターンね。

でも、実際川栄李奈さんのようなお母さんもいると思います。本当に相談したくなるんですよね。。。

やっぱり出産て不安なんでしょうね。。。

こちらもお腹を痛めて、痛みに耐えて出産することによって母性がなんたら、、、、

他人が自分と同じと思うな~!って感じですね。

しかし、川栄李奈さんの夫の金爆喜矢武さんはいい旦那さんですねw

ナオトインティライミさんより、妻に寄り添っておりましたよ。

で、川栄李奈さんはサクラの説得に応じ、無痛分娩を選択。

どんな出産が重要じゃなくて、どう思って産んだかが重要なんですよね。

 

コウノドリ,3話,感想,4話,あらすじ,星野源,鼻声,病気,風邪,心配

 

コウノドリ 星野源の鼻声が心配!

 

コウノドリの2話でめっちゃ気になったのが星野源さんの鼻声です。。。

ドラマの中でもわかるぐらい、、、そういえば番宣で出ていた時にも星野源さん鼻声でしたね。。。。(;'∀')

 


 

「直前までアリーナツアーのため全国を飛び回っていましたし、今回の撮影当日には深夜3時までラジオ番組『オールナイトニッポン』に生出演していました。そのため、星野さんは1時間ほどしか寝ていなかったようです。『さすがにもう限界。少しは眠りたい』と弱音をはいていたそうです」(ドラマスタッフ)

それでも現場入りの際はスタッフへしっかりお辞儀するなど、配慮を忘れない星野。睡眠1時間の悲鳴を上げながら、その奮闘は続く――。

引用:女性自身

といったように現在星野源さんは自身のツアーもあるようで超多忙だそうです。

なので体調が崩れやすいのかもしれませんね。

もともと星野源さん一度病気で倒れておりますのでお体をいたわってあげてほしいです。

身体が資本なので休めるときは休んでくださいね!

 

 
Sponsored Link
 

 

コウノドリ4話あらすじ 星野源と松本若菜の関係は?

 

松本若菜さんが謎の美女として倉崎恵美という役で出演されておりますね。

しかも何やら四宮先生(星野源)さんと何やら深い?ナゾ?の中のような感じです。

このふたりの関係は何でしょうか?

まぁ、原作のコウノドリと同じであれば、、、、、、

っと、このあたりはコウノドリ本編で出てくると思いますのでネタバレになっちゃいけませんね。。。

それではコウノドリ4話あらすじに行きたいと思います。

 


 

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。
我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。
一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。

コウノドリとは全く関係ないですが、宮沢氷魚さん。。。。一目見た感想、、、、

まぁ、誰もが思うことだと思いますが、宮沢氷魚さんお父さんに似ているな~(笑)

宮沢氷魚さんのお父さんは元THE BOOMのボーカリスト宮沢和史さんの息子さんです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - コウノドリ , , , , , , , , ,