刑事ゆがみ4話感想と5話ネタバレ 山本美月はいつしゃべる?

      2017/11/03


刑事ゆがみですが、この毎回毎回神木隆之介さんの暗部が出るのはどこまでネタが持つか今からドキドキですw

で、ドキドキといえば山本美月さん。

かわいいですよね~あの無心で食べ物を食べるシーン(笑)

ちなみに山本美月さんこの刑事ゆがみではまだ一言もセリフをしゃべっていないのですがいつしゃべるのでしょうか?このまましゃべらないのか?気になりますね~

それでは、刑事ゆがみ4話感想5話ネタバレに行きたいと思います。

ついでに山本美月さんが乗っていた左ハンドルのか調べてみました。

 

 
Sponsored Link
 

刑事ゆがみ4話感想 山本美月がかわいい!

 

刑事ゆがみですが前回も書いたと思いますが山本美月さん可愛いですよね~

 

終わったぁ 刑事ゆがみ観てください。 10月12日22時からです。 #刑事ゆがみ#ヒズミ

MIZUKI YAMAMOTOさん(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿 -


というこのハイカットの前髪パッツンも可愛いですけど、、、、

刑事ゆがみの中では浅野忠信さんに餌付けされている感があって、食べ物を食べているいるところとかかわいいですねw

 

刑事ゆがみ,4話,感想,5話,ネタバレ,山本美月,いつ,しゃべる

とか

刑事ゆがみ,4話,感想,5話,ネタバレ,山本美月,いつ,しゃべる

とかですね。

刑事ゆがみ,4話,感想,5話,ネタバレ,山本美月,いつ,しゃべる
 

そんなかわいい山本美月さんが見れる刑事ゆがみ4話感想です。

感想としては共犯かな?って読みはあっていたと一応言わせてください(笑)

でも、その理由がまさか百合だったとは、、、、愛し合っていたのは高遠建設の社員・堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)なのね。。。。

それがばれたのがお互いが指にはめて指輪。

しかも堤祥子(高梨臨)のほうは質素な暮らしをしているけど指輪が豪華だったところに引っかかりが出来ちゃって浅野忠信さんに暴かれちゃったw

まぁ、好きな人から送られたら断ることは、まぁ、できないよね~

で、あらすじでは今回被害にあった大山さんのストーカー行為にあったのは堤祥子(高梨臨)さんとなっていて、婚約者だった高遠玲奈(池端レイナ)さんと仲が悪いっていう流れ。

まぁ、このストーカーだというのは社内に広がっていましたが、それを広めたのは会社内にどこでもいるスピーカー(笑)

これは利用されたんだよね。。。。(笑)

で、結局は高遠玲奈(池端レイナ)さんが男じゃなく女性しか愛せないのをしってかしらずか大山さんは高遠玲奈(池端レイナ)さんをいいようにしており、それを恋人の堤祥子(高梨臨)さんが知って今回の犯行が出来上ったという筋書き。

協力したというのを悟られないために、事前に仲が悪いという情報を出しておき、かつ、ちゃんと大山さんが落ちたところを第三者に見つけてもらうために警備員のルートまで確保。

ただ、唯一の誤算がしくじり君こと神木隆之介さんが交番で対応しており、今回その名誉挽回に燃えちゃったってことかな?

浅野忠信さんは
「あなたほど頭の良い人なら他の解決法もあったんじゃないかな。それでも●すことを選んだ。」

といったけど、恋人が無理やりやられていたら、そりゃー激怒しちゃうでしょ。。。

で、大山さんは肉体を昇天させられちゃいましたけど、無理やりは精神的なことで女性にとったら同義だと思うんですよね~

という感じで、やっぱり刑事ゆがみは少しフックが効いていて面白い(笑)

犯人というか筋書きはある程度わかるけど、その動機がね~w
 

刑事ゆがみ,4話,感想,5話,ネタバレ,山本美月,いつ,しゃべる
 

刑事ゆがみ 山本美月はいつしゃべる?

 

山本美月さんの刑事ゆがみでの役柄は

豊富なサイバー知識を生かしたリサーチ能力などで弓神の捜査をサポート。警察組織には属せずに弓神の独自捜査にも同行する彼女は、“裏のバディ”ともいえる存在。彼女が過去に巻き込まれた大きな事件により声を失っており、実は弓神と深い因縁がある…というミステリアスな存在。

という感じです。

声を失っているのが声帯がダメになっているのか、精神的なことが原因で声を失っているのかというところですね。

後者の精神的なことが原因であればいつか山本美月さんがしゃべることがありそうなんですけどね~

原作にはこの山本美月さんが演じているヒズミは出てきませんのでどういう事件が元かまではわかりませんよね~

でも、この感じ、この過去の事件がまた浅野忠信さん、山本美月さん、神木隆之介さんの前に現れそうですよね。

※ここからは私の空想です(笑)

ありきたりな流れで言うと、

で、その事件の犯人によって浅野忠信さんが深手を負うのか、やられたふりをしたときに山本美月さんが泣いて叫ぶという感じで声を取り戻すのか、そのやられて意識が戻ってきたあたりで声を取り戻すのか?って感じですが、、、

刑事ゆがみがそんなストーリーを描きそうにはないですからね~(苦笑)

山本美月さんがしゃべらず終わるというのもあり得るかもしれません。

今後が楽しみです!

 
Sponsored Link
 

刑事ゆがみ5話ネタバレ 山本美月が乗っている車は?

 

では、もう一度!(笑)

山本美月さんがかわいいっす!

しゃべらないで演技をしているので、表情を今まで以上に工夫されているようですね。

そういった仕草がかわいいと思います。

と言いながら

山本美月さんが乗っていたですが希少な左ハンドルのダットサン フェアレディ(日産:型式SR311)。

ダットサンというのが海外での日産の名称です。

渋いな~w

まぁ、普段乗っている車じゃないと思いますが(苦笑)

それでは、刑事ゆがみ5話ネタバレに行きたいと思います。
 


 

弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、花道署からの要請で誘拐事件の捜査に協力する。誘拐されたのは、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)。弓神に協力要請があったのは、誘拐現場にカタツムリのマークが残されていたからだった。

カタツムリのマーク――それは、7年前、花道署管内で起きた異質な●人事件に関係する。ある夫婦が殺害され、生き残ったのは幼いひとり娘のみ。事件が異質だったのは、事件内容が小説に酷似していたためで、小説『ロイコ』の名前を取って、ロイコ事件と呼ばれた。ロイコとは、『ロイコクロリディウム』の略で、カタツムリに寄生し、脳まで支配する寄生虫のこと。『ロイコ』は、主人公が●人鬼に寄生されて心を操られ、●人を犯していくという物語だった。そして、現場にはカタツムリのマークが残されていた。
事件が起きたことで『ロイコ』はベストセラーになった。が、実は犯人は作者の横島不二実だった。横島は逮捕前に焼身自●してしまったが、彼を追い詰めたのが弓神だった。

弓神は、喫茶店にいるヒズミ(山本美月)を麻薬の密売人だと偽り、羽生にマークさせると、単身宇津巻邸へと向かった。そこで花道署の刑事・久松(木下ほうか)と合流した弓神は、『ロイコ』の発禁運動で先頭に立ったのが、前市長の宇津巻喜平だと知る。
同じころ、喫茶店のテレビを見ていたヒズミは、誘拐事件の報道でカタツムリの絵を見た途端に動揺し、店を飛び出す。
そんな中、誘拐犯から、京子と誠治に身代金を持って指定の場所に来るよう連絡が入り…。

とうとうきましたね~

ヒズミさんの過去の事件との接点。

7年前なのDNA鑑定はしっかりしてあると思うんだけどな~

焼身した人が身代わりを使われていたら残念なんだけど。。。ってたぶん焼身した作家自身も寄生されていて本当は真犯人は別にいるっていう筋書きなのかな?

だからこそのカタツムリのロイコクロリディウムという寄生虫を題材にしてそうだよね~

だったらヒズミさんを狙う理由はないといえばないんだけど、、、

小説の「ロイコ」が気になるわ~(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 刑事ゆがみ , , , , , , ,