刑事ゆがみ5話感想&視聴率と6話あらすじ 真犯人はいるの?それは誰?

      2017/11/10


刑事ゆがみですが面白いんですけどね~可愛い山本美月さんも出てはいるんですが、、、

何でしょうか?ドクターXの後だからなのかいまいち視聴率がパッとしません。

何なんですかね?(笑)

というかこの5話の流れとしたら真犯人がいそうな気がするんですけど?いたらになるんですかね?(笑)

と思ってロイコを調べたら、、、、刑事ゆがみ原作2巻のロイコ事件(原作でも真犯人は不明)がキター

 
Sponsored Link
 

刑事ゆがみ5話感想と視聴率!

 

刑事ゆがみですがセシルのもくろみも面白いんかったんですが、セシルのもくろみよりも万人受けする感じなのでもっと視聴率が行ってもいいような気がするんですけどね~

でも刑事ゆがみ視聴率はなかなか上がらない。。。。

一応今までの視聴率刑事ゆがみ1話から7.6%で2話が5.8%で3話が6.0%となっております。

まぁ、視聴率が5%切っていないので打ち切りになることはないと思うんですけどね。。。。

では、そんな刑事ゆがみ5話感想視聴率に行きたいと思います。

いよいよ山本美月さんもといヒズミの過去が暴かれて行く感じですよね。。。真犯人。。。。

刑事ゆがみの5話の視聴率は6.4%でしたね~

もう刑事ゆがみはここが定位置な感じですね。。。面白いのに。。。。

では刑事ゆがみの5話感想に行きたいと思います。

今回はロイコ事件とは全く関係なくて山本美月さんの過去がわかったけど、これ絶対壮大なフリだと思っておきたい。。。

つーかさ、議員って不倫しかしないんかい!って思う今日この頃w

市議会の高橋一生さんはボロアパートに呼んでるし、、、

英雄色を好む。って言いますからね~

で、不倫相手の秘書は奥さんの板谷由夏さんが乳房全摘手術を受けているのを知って、わざわざブラジャーを残していくなんて、、、完全に宣戦布告(笑)

で、板谷由夏さんの夫で不倫をしている人はその秘書から妊娠していると脅される。。。

まぁ、板谷由夏さんはトイレで生理用品を見つけてこの秘書の妊娠が嘘だとわかる。。。けど板谷由夏さんのプライドが邪魔をして言い出せない。。。

この秘書、やりおるわ~

でも、板谷由夏さんのほうが一枚上手でしたね。。。。

さすがに自分の娘を誘拐させるまでやるとは思わないよね。

結局今回は、板谷由夏さんが自分の野望を成し遂げるために、自分の人形としていた夫が意思を持ち離婚しようとしていた。

それを阻止するために自分の娘を誘拐したようにして、夫が奔走している姿をマスコミに流して、夫から離婚を言い出せないようにしつつ、不倫相手の秘書に見せつけるという方法も。

かつ、市議会のドンの不正を告発しようとしていた板谷由夏さんの夫。

その不正の証拠を消去してほしいと頼まれた板谷由夏さん。

すべてをいっぺんに片付けるために娘の誘拐。。。

浅野忠信さんがあきれておりましたよ。。。

「自分の利益のことを考えて、夫や娘まで利用。
一体どうしたら、そんなに自己中になれるのか。」

と。。。

まぁ、板谷由夏さんの気持ちもわからなくもないけど、、、もっとどこかの段階で素直になればよかったのにね。。。

で、オダギリジョーさんがロイコ事件の真犯人として書かれていたけど、絶対最後に出てくるよね~?これ(笑)

 

刑事ゆがみ,5話,感想,視聴率,6話,あらすじ,真犯人,いる,誰
 

刑事ゆがみ 真犯人はいるの?いたら誰か予想!

 

※申し訳ございません。

刑事ゆがみの5話ではロイコ事件とは全く関係ありませんでしたね。。。

ここからは与太話だと思って聞いてください。

刑事ゆがみですがやっとというかなんというか浅野忠信さんと山本美月さんの関係となる事件。

ゆがみとヒズミの事件が明らかになってきましたね~

刑事ゆがみ5話のあらすじにありますね。

カタツムリのマーク――それは、7年前、花道署管内で起きた異質な●人事件に関係する。ある夫婦が●害され、生き残ったのは幼いひとり娘のみ。事件が異質だったのは、事件内容が小説に酷似していたためで、小説『ロイコ』の名前を取って、ロイコ事件と呼ばれた。ロイコとは、『ロイコクロリディウム』の略で、カタツムリに寄生し、脳まで支配する寄生虫のこと。『ロイコ』は、主人公が●人鬼に寄生されて心を操られ、●人を犯していくという物語だった。そして、現場にはカタツムリのマークが残されていた。
事件が起きたことで『ロイコ』はベストセラーになった。が、実は犯人は作者の横島不二実だった。横島は逮捕前に焼身自●してしまったが、彼を追い詰めたのが弓神だった。

で、この生き残ったのが声を失ったヒズミさんですよね。。。。

なので浅野忠信さんは売人だといって神木隆之介さんにヒズミさんを見はらせる=護衛させることにしたんだと思います。

まぁ、5話の犯人は簡単に出てきそうですけども、、、

真犯人が出てきそうですよね~

真犯人…私が思うに

このロイコのベストセラー作家は本当はまだ生きている説

ベストセラー作家も真犯人に寄生されていた説になると思います。

※これは私が勝手に予想しておりますが、、、、

で、5話で新しく出てきた木下ほうかさんだと匂いすぎて全然面白くないです。。。。(笑)

となると、、、真犯人になるのでしょうか?

真犯人がこの人だった!という感じで面白さだけで突き詰めると仁科貴さんあたりとかどうですか?

最後にこの話は真犯人がいるものだと思って話を進めておりますので本当の刑事ゆがみでは出てこないかもしれませんが、そこがご了承くださいm(__)m

ちなみに刑事ゆがみの原作でも2巻でこのロイコ事件は出てきております。

まぁ、名前はほとんど一緒ですが事件が違う気がしますね。

ただ、原作もネタバレするとロイコ事件に真犯人は本当にいるんじゃないのか?という感じで終わっております。

そうなると、、、、今回のロイコ事件に本当は真犯人がいるんじゃないか?って思ってもいいんじゃないでしょうか?

 
Sponsored Link
 

刑事ゆがみ6話あらすじ 山本美月の食事シーンが可愛い!

 

前回も言いましたけどなんか山本美月さんがしゃべらず、もぐもぐしている食事シーンがなんか可愛いですね。

 

山本美月さん、あなたがグッジョブ!です(笑)

それでは刑事ゆがみ6話あらすじへ行きたいと思います。

 

 

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査する。事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きた。貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたという。貝取は、サプライズ企画の準備でプラネタリムを訪れることをSNSに投稿していた。
弓神と羽生は、意識を取り戻した貝取に会いに行く。だが貝取は、イヤホンで音楽を聴いていて振り向いたらいきなり刺されたため、犯人の顔は見ていないという。
強引な企業買収を繰り返す貝取は、多くの人間から恨みを買っていた。そのひとりが、望遠鏡メーカー『スタームーン』の創業者・星月亘(辻萬長)だ。事件現場のプラネタリウムもこの会社が携わっていたが、貝取が出資話を白紙に戻したせいで倒産し、社長だった星月の息子・晃介は借金苦で自●していた。

弓神たちが星月から話を聞くと、事件発生時刻は●を飲んで寝ていたという。孫娘の光希(新井美羽)の証言も同じだった。その際羽生は、モンスターを集めて遊ぶゲームアプリ『モンコレ』がきっかけで光希と仲良くなる。
そんな中、弓神たちは、貝取が『モンコレ』人気で急成長した『テンドーカンパニー』の買収も目論んでいたと知り、社長の天堂英里(MEGUMI)に会いに行くが…。

もうここまで来たら全部自作自演もあり得るよな~

新田真剣佑さんがいなくなってかケガをして得をする人を探したほうが早いかもね~

怨恨だったら沢山被疑者がいるしね~

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 刑事ゆがみ , , , , , , , ,