コウノドリ5話感想と6話あらすじ #うちのインティライミって何?

      2017/11/11


コウノドリですがもう毎回毎回泣ける、、、

いや、泣かしにかかっている感じがするときもあればしない時もあるんだけど、泣ける。。。

そんなコウノドリですがいや~5話は号泣しそうです。。。

それではコウノドリ5話感想6話あらすじに行きたいと思います。

そういえばちょいちょいツイッターで見かけるタグの「#うちのインティライミ」って何?(笑)

 

 
Sponsored Link
 

コウノドリ5話感想 泣けるというか泣いちゃう。。。

 

コウノドリですがいや~もうなんかね、、、

私でもこんなに泣けるというか泣いちゃうのであれば、女性でしかもいろいろな出産を経験された方は余計に感情移入して泣けると思っちゃうんですよね。。。。

なんか心が洗わるような気がするぞ、、、、

 

いや~このシーンも何回見ても泣ける。。。( ノД`)シクシク…

で、コウノドリ5話、、、もう号泣しますよ。。。

それではコウノドリ5話感想に行きたいと思います。

というか感想も何も今回も涙なしには語れませんよ。。。。

松岡茉優さんが助けた赤ちゃんに障害が残るかも?ってことで、手術を受けさせようとしないご両親。

まあね~了承しているわけじゃないになんでそんな危険なことしたんだ~って思うけども、、、

ですが、松岡茉優さんの手紙で手術を受けることを決意。

これはこれでいい話でした。

というかこの話が前座になるぐらいの今回の話は重かった。

●産の場合でもお母さんの身体はしっかり反応してるんだ、、、、

陣痛があって産むけど、産声をあげないし、胸が張ってミルクも出るけど飲む子がいないって、、、

ヤバイ。書いてるだけで泣けてきそうです( ノД`)シクシク…

しかも、同室のお母さんにはあまり気づかいさせないように●産したというのは知らせずに、精一杯気丈にふるまって「元気な赤ちゃん産んでね」って、、、その後号泣。。。。いや~泣くわ。。。。

しかも生まれた後じゃなくて、生まれる前に先立ってしまった場合って戸籍に残らないんですね、、、

あのこわもてなプリンやさんが男ならケーキで、女の子ならあかり。で、あかりーって叫んぶ子は戸籍には残らないって悲しすぎる。。。

沐浴をさせて3人で家に帰るとか、、、

ダメやわ~この回は、、、神回といえば神回だけど、、、

 

コウノドリ,5話,感想,6話,あらすじ,#うちのインティライミ,何
 

コウノドリ #うちのインティライミって何?

 

コウノドリ関連でツイッターを見ていると時々タグで「#うちのインティライミ」を見かけるんですけど何かな~?って思っていると、、、(笑)

ナオトインティライミさんにとっては結構迷惑な話なんですが、、、

1話と3話にナオトインティライミさんがが出てきて、自分のことをイクメンだ!と呼んでいるけど全然そんなことはなく、奥さんの産後うつにも気づいてないダメ夫を演じられておりました。

そこから派生して自分のところのダメ夫を紹介する際のタグとして#うちのインティライミが付いたようです。

ついたようですがナオトインティライミさんの風評被害が半端ない(笑)

ナオトインティライミさんは全然そんなことはないだろうと思いますが、、、、

 

のように、、、

#うちのインティライミでいろいろなつぶやきが見られます。。。。

いや~自主性ね。。。やっても怒るじゃん。。。。

 
Sponsored Link
 

コウノドリ6話あらすじ ダメ夫しかいないのか?(笑)

 

コウノドリですが上記のナオトインティライミさんの件もそうですが4話のauのCMの一寸法師さんもダメ夫でしたね~

妻が出産を控えているのに同僚との屋形船に行きたいって、、、

これ#うちのインティライミじゃなくて#うちの屋形船ってなりそうだな~(苦笑)

そりゃー吉田羊さんもびっくりして2回も言っちゃうわ。。。

そんなダメ夫しかいないかもしれないコウノドリ

6話あらすじに行きたいと思います。ってそういえば3話で出てきた喜矢武豊さんはいい旦那さんでしたね~

 

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。
この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。
下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。
患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。
そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。
ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。
なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった──。

こうも立て続けに暗い話だと時々はスカッとした話が欲しい気もするコウノドリ。

たぶん、そこが四宮先生の役割なんだろうな~

プリンを優しさで松岡茉優さんに上げたとおもったら賞味期限切れだったりとか、ジャムパンは私のです!って盗られるとおもって主張するとかね。。。w

 



 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, コウノドリ , , , , , ,