民衆の敵4話感想&5話あらすじ 高橋一生のカバンのブランドは?

      2017/11/14


民衆の敵ですが高橋一生さんは毎回冒頭で脱ぐのか何かちょい女性にとったらきゅんとするシーンを入れておりますよね?

まぁ、この高橋一生さんの使い方は、お色気担当といえばそうかもしれませんが、、、

本編のほうでは何か闇を抱えているのにもかかわらず主人公の篠原涼子さんを助ける感じですが、、、?

これ高橋一生さんの狙いは何でしょうか?そんな各自の思惑が行き来する民衆の敵4話感想5話あらすじに行きたいと思います。

ちなみに高橋一生さんがもたれていたカバンブランドはどこか調べてみました。

 
Sponsored Link
 

民衆の敵4話感想 今週の高橋一生は?(笑)

 

民衆の敵ですがこの民衆の敵の監督はこの高橋一生さんのお色気シーンを何かの伏線にしっかりつかうのかね?

そうじゃないとただの視聴率稼ぎのようなきもするけども、、ってそうなんでしょうかね?

 

この民衆の敵の3話での高橋一生さんの笑顔もヤバいですよね~

そんな高橋一生さんの今週第4話はどういう演出をしてくれるのでしょうか?楽しみです。

それでは民衆の敵4話感想に行きたいと思います。

で、高橋一生さんの腫れた目が心配です、、、、疲れているんですかね?

そういえばコウノドリの星野源さんも最初は風邪をひいていたのか、鼻声でしたね。。。

忙しいのはわかりますがお身体に気を付けてほしいですね!

いや~なんというか篠原涼子さんには罪はないんですけど、、、罪はないんですけど、主人公が好きになれない。。。

自分はお金のために市議になっておいて、自分のやりたいことを押し付けて、結局立ち行かなくなると他を頼る。。。まるでどっかの国みたい。。。。(明確なイメージがあっていっているわけではありません(笑))

今回は子ども食堂を作ろう!っていろいろ考えずに走り出して、やはり運営上の問題などですぐに閉店。。。

そりゃーそうだ!

結局こういうのって、がめつい人たちだけが得をする。。。本当に行き届かないといけないところには行き届かない。。。。

そういう問題を一番知ってるはずなんだけど、今まで何も考えてこなかったんだろうな~

で、古田新太さんに頭を下げて貸しまでつくって法案を通し、子ども食堂を通すのに成功!

民衆の敵の5話の予告を見て思ったんだけど、やっぱり篠原涼子さんがダメなんじゃないけど、この主人公ダメだわ~(笑)

今回の経験が全く活かされていない。せっかく高橋一生さんが急がば回れっていう感じで考えろ!って言ってくれてんのにさ。。。。

 

民衆の敵,4話,感想,5話,あらすじ,高橋一生,カバン,ブランド
 

民衆の敵 高橋一生の目的は何?

 

高橋一生さんの役柄的に悪役的な感じなんですけど、、、、ここまでいたって普通。

普通というかむしろ味方。

一応高橋一生さんの役柄の説明としては

あおば市議会新人議員。誠は代々続く政治家一家の次男として「恵まれた」環境で育ち、ゆくゆくは総理大臣も夢ではない。まさに智子とは相対する市政のプリンス。政治家になんかなりたくないと思った時期もあったが、敷かれたレールの上から外れることができなかった。そんな自分と葛藤し、悩んできたが、次第にゆがんでいき、誰も知らない裏の顔を持つように…。

この裏の顔が悪だと思っていたのに、悪じゃないのかもしれませんね。。。。

それで今田美桜さんが出ているのかも、、、

今田美桜さんの前だと本当の自分を出せる。。。

で、高橋一生さんは悪役になろうとしたけど今田美桜さんを悲しませ、篠原涼子さんに説得されて民衆のために力を使うようになりましたとさ。。。というありきたりのストーリーにならないようにしてほしいな~w

まぁ、一回は篠原涼子さんを裏切りそうだけどさ(笑)

 
Sponsored Link
 

民衆の敵5話あらすじ 高橋一生のカバンのブランドは?

 

この高橋一生さんのカバン

なんとユーチューバーから顔も隠せる優れもの!(冗談ですよ?w)

 

このカバンですが何やら革のような、で高橋一生さんが使っているからこそ何やらカバンの値段が張るような、、、

この高橋一生さんが使っているカバンブランドですが気になったので何か調べてみました。

このカバン高橋一生さんが1話で使っていたカバンと同じものだと思います。

なので、この高橋一生さんが使っていたカバン土屋鞄製造所の「ウルバーノシティートート」だと思われます。

ウルバーノ シティートート

色はブラックもあるようですがお値段はなんと105000円(税込)です。

やはりお金持ちですね(笑)

それでは民衆の敵5話あらすじに行きたいと思います。

 

佐藤智子(篠原涼子)は、犬崎和久(古田新太)に借りを作りながらも、岡本遼(千葉雄大)が提案した行き場のない子供たちを支援する子供食堂の創設を藤堂誠(高橋一生)ら、新人議員たちと協力して議決に持ち込んだ。
その後、智子は「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を誠から教えられる。日本人は仕事を優先して休暇も取りにくい状況にあるということ。智子も平田和美(石田ゆり子)とそんな体験をしたばかり。駿平(鳥越壮真)たちの遠足に参加できなかったのだ。まず実践してみたらという誠に、智子はSNSに長期休暇を取ると書き込む。

そんな智子に男から電話が入る。男は手紙を読んでもらえたかとだけ言って電話を切った。智子はバッグから手紙を取り出す。手紙は市議会に汚職議員がいるという告発文だった。智子は小出未亜(前田敦子)や 園田龍太郎(斎藤司)に手紙の内容を聞いてみるが、2人ともそそくさと去ってしまう。
ランチを一緒にした和美にも、先ほどの出来事を聞く智子。和美は下手につついたら、智子たちにも火の粉が降りかかるので慎重に扱うように忠告。智子は和美に汚職の件を調べてほしいと頼む。
その夜、智子は落ち込んでいた。SNSでの長期休暇の書き込みが不評の嵐なのだ。公平(田中圭)は議員としてろくな活動もしていないのに当たり前、SNSへは市議として何をしたかを書いた方がいいと促す。すると、智子は汚職まみれの議員がいるとの告発を調べると書き込んで…。

政治家になることが目的だったのに、どんな政治を行いたいか!に変わってきてますね。

まぁ、良いんですけど、、、良いんですけど、、、何かが足りない(笑)

そうスパイスですかね?

陸王みたいにわかりやすい演出なり、監獄のお姫さまのコメディなり、、、、

もう少しスパイスが欲しいです。。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 民衆の敵 , , , , , , ,