明日の約束5話感想と6話あらすじ 手塚理美の左手は動く?

      2017/11/15


明日の約束5話感想6話あらすじですが仲間由紀恵さんの攻勢が続きます。

まぁ、防御に回らないための攻勢のような気がしますね。。。。。

この攻勢止めるキーは佐久間由衣さんが持っているのかもしれません。。。。

で、井上真央さんのお母さんの手塚理美さん。左手が不自由な描写が沢山あるけど、、、これ本当かな?ってここにきて思っちゃいました。

手塚理美さん左手は本当は動くんじゃないの?(苦笑)

 

 
Sponsored Link
 

明日の約束5話感想 手塚理美の毒親感が怖い!

仲間由紀恵さんの攻勢が続く明日の約束

ただ、仲間由紀恵さんは怒鳴ったりなんなりは現状はあまり見せてきません。

もしかすると今後の圭吾君の真相の回想シーンで出てくるかもしれませんが、、、、

で、そんな中、井上真央さんのお母さん役の手塚理美さん。毒親役が凄いっす!

あの、一瞬でスイッチが押される感じ、、、まじで癇癪持ちなんじゃないか?って思っちゃいます。

それでいて明日の約束という交換日記。。。。

あれはもうマインドコントロールですよ!お母さん(手塚理美さん)の選んだ子としか遊んじゃだめよって。

あんたがその子の何をしってんだか、、、、

うーん、はまり役といえばはまり役ですが本当に手塚理美さんの毒親怖いです。

 

それでは明日の約束5話感想に行きたいと思います。

お、あのゲス記者が意外といいやつなんじゃ?って思っちゃいますねw

さすがマザーテレサの名言を知っているだけあるな!

 



 

これですね。
→アナザーストーリーでGayoがやっている3.5話ぐらいで出てきましたね。

ただ、工藤阿須加さんも闇があるみたいですね、、、、お兄さんが昔いたようで、、、、やっぱり工藤阿須加さんはDV気質なんじゃないのかな?これ。。。。

で、仲間由紀恵さんは弁護士を連れて会見を開きます。

そこでは大翔と息子の会話の録音を公表し、部活のキャプテンに送ったメールの件も言いますが、これ普通の親が勝手に録音するか?って考えればわかりそうな気もするけどな~w

で、圭吾君がバスケ部のキャプテンに暴行を受けている動画を撮影した犯人がわかり、それは1年生の渡辺君という子だった。

でも撮影はしたけど体育の時間にデータが盗まれ、アップしたのは自分ではないと。という。

そこに、仲間由紀恵さんが井上真央さんを訪ねてき、同時刻バスケ部のキャプテンも襲われる。。。

うーん誰でしょうか?圭吾君のことを助けたかった人が何か勘違いして襲っているのか?それとも別の意図があるのか気になりますね~

で、やっぱり佐久間由衣さん手首に傷があるんだね。。。

その時の関係者が及川光博さんだったのか~これ何か及川光博さんにも闇がありますね。。。。

圭吾君の妹さんもあれだね~

明日の約束,5話,感想,6話,あらすじ,手塚理美,左手,動く
 

明日の約束 手塚理美の左手は動く?

 

明日の約束ですが井上真央さんがお母さんと一緒に暮らしているのはお母さんの手塚理美さんが左手が不自由だからだそうです。

まあ、ドラマ内でもその手塚理美さんの左手が不自由な描写がありましたよね~

ただ、まだこの手塚理美さんの左手が不自由になった理由などはまだ出てきておりません。

もしかすると井上真央さんが何かをやってしまってその結果、手塚理美さんの左手に後遺症が残ったということなのでしょうか?

だから、それを引け目に感じで一緒に住んでいるのでしょうかね?

この明日の約束の原作と言われている「モンスターマザー」福田ますみを読んでいないのでどうかはわかりませんが、、、

ここからは私の推測にありますが、、、

本当は手塚理美さんの左手動くんじゃないんですかね?

でもあえてそれを隠して、娘を自分に縛り付けているというのはどうですか?

そう、まさに奪い愛、冬の水野美紀さんみたいに。。。。

 

あの奪い愛、冬の水野美紀さんは絶対毒親になりそうだわ~(苦笑)

で、あの明日の約束という交換日記を書いている手は左手で書いていたっていうオチに行ってほしいな~

そんな明日の約束に期待しちゃいます。

 
Sponsored Link
 

明日の約束6話あらすじ 仲間由紀恵が真犯人?

 

仲間由紀恵さんが真犯人というか真綿で首を締めていたというところまで行って、最後の一撃を与えたのが誰か?っていうところだと思います。

まぁ、仲間由紀恵さんは夫に不倫されているからなのか?(ドラマの中でですよ!)

息子の圭吾君を盗聴しております。

結局息子という異性に愛してもらいたかったのかな?

で、おそらくですが友達とかにLINEを送っているのも仲間由紀恵さん。

バスケ部のキャプテンを脅せと圭吾君に行ったのも仲間由紀恵さん。

圭吾君の最後の日にキャプテンにあんたのせいだって送ったのも仲間由紀恵さん。

そのせいで圭吾君が~ってなりそうですけど最後のピースがハマっていないような気もします。

まぁ、その真実がばれたとき用に今必死で自分は被害者だ!って言っているんだと思うんですよね~

世論を味方につけて真実が出てもその真実は学校側の嘘である!というために。

ジャーナリストさんあたりが最後そこを暴露して終わりそうな気もしなくもないですが、、、(苦笑)

それでは明日の約束6話あらすじに行きたいと思います。

 

温和な性格の圭吾がなぜ――日向は脅迫が本人の意思ではなく、真紀子の指示だったのではないかと疑うが、圭吾の担任の霧島(及川光博)は、事態を穏便に収めるため、憶測で騒ぎ立てないよう日向にくぎを刺す。ところがその矢先、真紀子が「一度、2人きりで話がしたかった」と、突然日向の前に現れる。真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、訴訟の準備を進めていると告げるのだった。

その頃、学校では大翔が何者かに襲われ重傷を負っていた。バスケ部顧問の辻(神尾佑)に続き、またも起きた悲劇――。変わり果てた大翔を最初に発見した希美香(山口まゆ)は、現場から逃げていく犯人らしき人物を見たと話し、その証言を聞いた日向の脳裏には、ある人物の顔が浮かぶ。

一方、日向は恋人・本庄(工藤阿須加)から、プロポーズを受けたものの、そこで脳裏をよぎったのは母・尚子(手塚理美)の表情。間もなくして、日向は意を決して尚子に結婚話を告げることに…。ここから娘と母との関係に変化の兆しが見えてくる。

これはサスペンスなのか、、、なんなのか、、、

難しいわ~

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 明日の約束 , , , , , , ,