先に生まれただけの僕6話感想&7話ネタバレ 三角関係に発展か?

      2017/11/19


先に生まれただけの僕ですがこれ当初は現代の学校の問題点に焦点を当てていたような気もしますが、、、

どうやら今は、現代の学校が取り入れたほうがいい授業というような感じでしょうか?

そんな先に生まれただけの僕ですが6話感想7話ネタバレに行きたいと思います。

ちなみに櫻井翔校長と蒼井優さんと多部未華子さんは三角関係に発展するのでしょうか?(笑)

高嶋政伸さんの怪演が止まらない!(笑)&蒼井優さんの演技上手い

 
Sponsored Link
 

先に生まれただけの僕6話感想 高嶋政伸の怪演がお腹いっぱいw

 

先に生まれただけの僕ですが高嶋政伸さんが当初のサラッとした演技から怪演というか本性を現してきましたね。

まぁ、この流れでいうと最後「チキショー」って感じで悔しがって終わるような雰囲気なんですけどね(笑)

 

いつから高嶋政伸さんはこういった顔芸方向の演技に舵を切ったのでしょうか?

まぁ、面白いからいいんだけど、、、、

さすがにこれ1年に1クールでいいっす!

今回のように黒革の手帖に続いて2クール連続であるとそろそろ面白いんだけどお腹いっぱいです。

そんな先に生まれただけの僕6話感想になります。

 



 

 



 

のように、京明館の生徒たちも徐々に変わってきましたね~

いい方向に言っているのに高嶋政伸専務なにが気にくわないの?(笑)

子供たちの将来と、自分が櫻井翔さんを失脚させた時の快感どっちを取るんだ?って聞いたら、高嶋政伸さんは後者を取りそうですけどね。。。(笑)

高嶋政伸専務は荒川良々さんと子供を刺客に送り込みますが、プレゼン力がある櫻井翔さんに軽々駆逐されます。

で、結局荒川良々さんは櫻井翔校長へ(笑)

もう、高嶋政伸専務は一人ぼっち。そう、自分の娘もこのオープンキャンパスで京明館に入るって言いだすしまつ。。。

というかさ~ここまで来たら、もう失脚とかじゃなくて、これを自分の手柄にする方向に動いたほうが出来るビジネスマンだと思うんだけどな~

まだ、ある程度自分がどうにかできるうちに自分の名前を入れておく。って、高嶋政伸専務はやらないだろうな~

ちなみに櫻井翔校長が学校説明会で塾に行かずとも大学進学が可能で、部活もプロのコーチに指導を行ってもらう。

なら、学力を上げるには先生を変えること必要だからリストラすべきじゃない?っていう問いに、

学校が変わろうとしていて、先生も変わろうとしているからリストラしないって。

これ変わらなかったらリストラするよ!ってことだよね?(笑)

櫻井翔校長は学校のこと教師のこと生徒のことはしっかり把握しているのに、なんで彼女のこと(多部未華子さん)は把握してあげないの?

逆に彼女だからわかってくれる。って思ってんのかな?だから、彼女なんだ!と。。。。

うーん、前半は現代の教育の問題点から~中盤は学校の改革へいって、最後は恋の三角関係へ~

って、テーマがバシバシ変わるドラマですね。

 

先に生まれただけの僕,6話,感想,7話,ネタバレ,三角関係,発展
 

先に生まれただけの僕 三角関係勃発か?

 

先に生まれただけの僕ですが蒼井優さんに櫻井校長への尊敬の念が生まれ始めましたね。

尊敬の念というか慕っている感じです。

これがいつの間にか恋心に変わるのは時間の問題のような気もしますが、、、、

ですが、櫻井翔校長も多部未華子さんを通り越して蒼井優さんに笑顔を送っておりましたからね~

櫻井翔校長はそんな気が無くても、そんな気を起こさせそうですよね~

で、多部未華子さんも勘違いして余計に泥沼にはまりそう。。。

もう、三角関係になっちゃえよ!(笑)

って、このドラマ(先に生まれただけの僕)はそこにフォーカスしなさそうなので三角関係になったとしてもサラッと終わりそうですけどね。。。

 
Sponsored Link
 

先に生まれただけの僕7話ネタバレ 蒼井優の演技が上手い!

 

やっぱり蒼井優さん演技上手いですよね~

可愛さでいうと私は多部未華子さんですが、、、演技力でいったら蒼井優さんですね。

あの5話での歩き方だけで感情を表すなんてなかなかできません。

そういうのを見ている蒼井優さん演技上手いな~って思っちゃいます。

そんな蒼井優さんも先に生まれただけの僕の9話が凄い!って言っておりましたのであと2話ですが楽しみにしております。

とくに9話を見ていただきたいですね。展開に驚きすぎて、私、台本を一度、閉じました

と語っておりました。

では先に生まれただけの僕7話ネタバレに行きたいと思います。

学校説明会を成功させ、来年度の入学志願者増加に手応えを感じる鳴海(櫻井翔)。
しかし学校運営に夢中になるあまり、鳴海は聡子(多部未華子)と会っていても学校の話ばかりするようになっていた。

一方、ちひろ(蒼井優)は2年3組の三田ほのか(山田佳奈実)の母親・真咲美(神野三鈴)から、ほのかから卒業後大学進学をせず結婚したいと告げられ困っていると相談を受ける。しかも、相手はほのかより12歳年上の男性であった。

ちひろは、鳴海と柏木(風間杜夫)に報告。鳴海とちひろはほのかから話を聞くも、ほのかの決意は固く、相手の男性も結婚を真剣に考えているようだったが、鳴海は二人の結婚は間違っていると感じていた。
その頃、加賀谷(高嶋政伸)は、鳴海と聡子の仲を引き裂こうと策略を巡らせていた。
加賀谷の企みを察した聡子は鳴海にそのことを伝えようとするが、そんな折、聡子は街で偶然ちひろを目撃する…。

あの~結婚したら大学へ行かないっていう発想じゃなくてもよくないですか?

結婚しつつ大学へ行けばいいじゃない!

相手の男性が奥様は、取り扱い注意の広末涼子さんの旦那さんの石黒賢さんみたいに、彼女をほかの男性の目からも守りたいという理由であればひきはしますがわかりますけど、、、

結婚して大学へ行けばいいじゃない!

で、子どもが生まれたら休学すればいいじゃない?

何がダメなのか、、、、

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 先に生まれただけの僕 , , , , , ,