民衆の敵5話感想と視聴率&6話あらすじ 汚職議員は余貴美子か?w

      2017/11/22


民衆の敵ですが、、、主人公に全然感情移入が出来ません。。。。

市議のくせに考えもなしに突っ走る感。。。それを求めているわけではないんですよね~

そんな民衆の敵5話感想&視聴率6話あらすじになります。

汚職議員は市長の余貴美子さんだったら面白いんだけど、そういくかな~

民衆の敵の4話で出てきた宇野実彩子さんのロケ地がどこかしらべてみました。

 
Sponsored Link
 

民衆の敵5話感想と視聴率

 

フジテレビの月9がこんなに面白くないのはなんでなんだ?って主人公に感情移入できないからだと思います。。。

いや、コードブルーは面白かったですよ!

その前の貴族探偵も面白かったです。

貴族探偵の視聴率は最初だけ二桁ですがそれ以降は1桁でしたね。。。でも二桁あってもよかったと思います。

アレがフジテレビじゃなかったらたぶん視聴率は二桁いっていたと思いますけど、、、、

突然ですが、明日結婚しますも西内まりやさんがかわいかったですし、恋愛ものとしてはまだ見れるので面白かったです。

ただ、今回の民衆の敵。。。。今後の展開次第ですが、主人公が、、、、アレすぎて全然感情移入できなくて面白くないっす!

女性であれば高橋一生さんの映像でOKなのかもしれませんが、、、、

ただ、民衆の敵ですが視聴率は危険水準まではいってはいないんですよね~

視聴率は9.0%→7.1%→7.5%→7.6%となっておりますのでそこそこな評価を受けていると思われます。

そんな民衆の敵5話感想視聴率へ行きたいと思います。

前回も書きましたけども篠原涼子さんがいけないんじゃないんです。。。

おそらくこの脚本なんです。。。

この篠原涼子さんが演じる佐藤智子さん。

ちょっとは考えようよ!

そんなんで市長になっても純粋まっすぐ君なだけで、日本や世界を自分の思い通りには動かせませんよ!?

間違っていることを正しく非難して、正しい方向へ導きたいというのはわかるけども、、、、

考えなしで根拠もないのに人一人の声を信じて、物証もないのにツイートって、、、おばちゃんおじちゃんじゃないんだから~(すみませんm(__)m)

で、余貴美子市長が余波を喰らっているうちに秘書が秘密を全部抱えていなくなる。

それで市長も辞職。市長の選挙でいろめきたつが、、、

それに向かって篠原涼子さんが、「人が一人●んだのに、選挙の話で盛り上がるな!」

いやいやいやあんたが原因だから(笑)

やり方次第で誰も命を落とさずに解決もできただろうに、、、

自分の疑問&正義感だけで動いて、それで人の命を奪っていいものなかの?って考えないのか?

たぶん政治をしているのは古田新太さんと、その古田新太さんの力をそぎ落とそうとしてんのか高橋一生さんは篠原涼子さんを使って、政治をしようとしていると思うんだけどどうなのかな?

古田新太さんは篠原涼子さんに市長になってほしいって頼むけど、これ本当に篠原涼子さんが引き受けたらどうすんだろうね~

 

民衆の敵,5話,感想,視聴率,6話,あらすじ,汚職議員,余貴美子
 

民衆の敵 汚職議員は市長余貴美子だったらいいのにな~

 

民衆の敵5話の予告で古田新太さんが篠原涼子さんに市長になってみないか?という感じでおっしゃっておりました。

たぶんというかなんというかミスリードなんでしょうね。

汚職議員は本当は古田新太さん側にというか古田新太さんだったりするんでしょうけど、それをまずは市長の余貴美子さんあたりに罪を押し付けておいて最後の最後逆転で古田新太さん側にその汚職議員がいるって感じで行っちゃうような気がします。

ただ、本当は市長の余貴美子さんが汚職議員だった!で通していっても面白いと思うんだけどな~

そっちのほうが先を読めない展開のような気がして面白いんですけど、、、

どうでしょうか?(笑)

 
Sponsored Link
 

民衆の敵6話あらすじ 宇野実彩子の爆弾ハンバーグのロケ地は?

 

もう民衆の敵6話ですがそんな6話とは関係ないネタですが、、、

民衆の敵4話で出ていた宇野実彩子さん。可愛かったですよね~

 

で、宇野実彩子さんが出られていたこのシーンというかロケ地はおそらくどこかの爆弾ハンバーグで有名なフライングガーデンだと思います。

その宇野実彩子さんが出られていた爆弾ハンバーグで有名なフライングガーデンのロケ地はどこなんでしょうか?

それは岡本遼と小出未亜が行ったファミリーレストランがフライングガーデン柏の葉店(千葉県柏市十余二大塚380-333)となっておりますので、このフライングガーデン柏の葉店が宇野実彩子さんがいらっしゃったロケ地だと思われます。

 

 

です。

それではスッキリしたところで民衆の敵6話あらすじに行きたいと思います。

 

 佐藤智子(篠原涼子)が始めた、あおば市議会の汚職疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)の身に及び、秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られようとしていた。河原田は市長の職を辞し、市長選で再選することで身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶ。
 市民の関心は河原田の対立候補、犬崎和久(古田新太)派が誰を推すか。平田和美(石田ゆり子)が犬崎派の智子に聞くと、あっさり自分が頼まれたと口にする。和美に犬崎の操り人形にされると忠告される智子だが、さすがに裏があると断ったと告げた。

 その頃、智子は市民の陳情を一つずつ解決しようと働いているが、はかどらずにいた。役所に頼んでも右から左に受け流されると悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話す。智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼む。だが、誠には智子の方が良いと思うと言われてしまう。
 智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り出す。そんな時、前田康(大澄賢也)が市長選への出馬を表明。和美たち新聞社の面々や、小出未亜(前田敦子)ら、新人議員たちも疑問を隠しきれない。
 智子が富田と回った陳情は福祉課で素早くまとめられ、実行に移され始める。なぜここまでしてくれると尋ねる智子に、犬崎はまだ市長にすることを諦めてはいないと答える。智子には犬崎の本心が分からなかった…。

これは実は悪いと思っていた政治家が一番、市民のことを思う政治家だった。的な感じに持っていこうとしてんのかな?

それな余貴美子さんを市長の座から下すのが早いのでおそらく古田新太さんが黒幕的な感じにはなるんだろうけど、、、

この流れが8話や9話だったら古田新太さんは結局いいやつだったで終わりそうですけどね(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 民衆の敵 , , , , , , ,