今からあなたを脅迫します最終回感想と視聴率 打ち切りか?

      2017/12/19


今からあなたを脅迫しますですが、8話での最後の澪こと武井咲さんの脅迫がしびれましたね。

ただ、1点気になるのが9話で最終回ということが打ち切りになったのでしょうか、、、?(;'∀')

面白かったのに、、、もう1話分見てみたかったです。

それでは、今からあなたを脅迫します最終回感想視聴率へ行きたいと思います。

か、また、Huluとか行かないですよね?(笑)

ちなみに次の日曜日夜22:30からのドラマはトドメの接吻となっております。

 

 
Sponsored Link
 

今からあなたを脅迫しますの最終回感想と視聴率

 

今からあなたを脅迫しますですが、キャストが妊婦さんが女子大生役とかじゃなければもう少しよかったかもしれませんね。

だって、役にあっていないのと、気になってしかたないんですもんw

ちなみに今からあなたを脅迫します視聴率は8話までの平均ですが6.17%となっております。

4%台の視聴率は1回だけでしたね。

まぁ、原作も少し強引な所があるのでトリックが少し雑なのは仕方ないですが、少し残念でした。

それでは、今からあなたを脅迫します最終回感想視聴率へ行きたいと思います。

原作と同じであればこの雨垂れの会の終わり方は次を作ってもいいような感じなんですがね。。。

それでは、今からあなたを脅迫しますの最終回の視聴率から行きたいと思います。

最終回の視聴率は6.3%とまぁ、悪いながらまぁまぁの視聴率かなと思います。

まぁ、結末は原作と同じく歯切れが悪い感じだったのでそれは仕方ないことですね。

ただ、おディーン様の恋人の松下奈緒さんをなきものにした富永さんにかけた脅迫がなんかせつないっすね。。。

「あんたどっかでやり方を間違えただけだ」
「今からおまえを脅迫する。罪を償え。さもないと、人を救いたいと願う心まで失うことになるぞ」

そう、人を救いたい思いは脅迫屋のおディーン様ももっているけど、雨垂れの会もお互い非合法。

解決方法をみんなが最後に笑顔になるようにしている脅迫屋か、目には目を歯には歯をという形式をとった雨垂れの会か、という感じでしたね。

千川さんことおディーン様も、仲間もおかげで復讐という地獄から戻ってきたのでこういうセリフを言えるようになったんじゃないんでしょうか。

最後、澪に言いかけた言葉を飲み込んで一人になって「サンキュ」というのはおそらく澪こと武井咲さんと松下奈緒さんに向けて言った言葉なんだろうな~

ただ、一言、やはり武井咲さんは妊娠がわかった時点で別の方に役を交代すべきでしたね。。。。

 

今からあなたを脅迫します,最終回,感想,視聴率,打ち切り
 

今からあなたを脅迫します 打ち切りか?

 

今からあなたを脅迫しますですが、通常ドラマって最近は10話が最終回視聴率が良かったり、もともと人気があるシリーズだと11話まで放送されますよね?

コードブルーやコウノドリなんかも11話まで実施されておりました。

ただ、セシルのもくろみなど視聴率が芳しくな場合は9話で打ち切りになることがあります。

で、今からあなたを脅迫しますですが9話で終了なのでどうなんですかね?打ち切りなんですかね?っていうところが気になります。

うーん、視聴率もいいわけではないんですが打ち切りになるほど悪くないと思うんですよね~

22:30スタートということを鑑みると。

まぁ、あとは主役の武井咲さんの体調が悪いというのもあるかもしれませんね。

妊娠されているのでこれ以上母体に負荷をかけられないという判断での打ち切りかもしれません。

ところどころで結構強引なストーリー運びがあったのでおそらく結構前から9話で終了にするというのは決まっていたのかもしれませんね。。。。(;'∀')

か、前回の愛してたって、秘密はある。とどうように続きはHuluで!ってなったりするんですかね・・・・(苦笑)

 
Sponsored Link
 

今からあなたを脅迫しますの次はトドメの接吻

 

今からあなたを脅迫しますの次のドラマ、年明けての日曜日22:30からのドラマは島唄で有名なTHE BOOMのボーカル宮沢和史さんの息子の宮沢氷魚さんも出ているトドメの接吻というドラマです。

このトドメの接吻というドラマのあらすじですが、

 

 

接吻(キス)から始まる、●のタイムリープ

愛なんか求めようとするから人は不幸になる。
「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ―――カネと権力だ」
愛が歪んだ“クズ”な主人公・堂島旺太郎。
顔は良いが“カネの切れ目が縁の切れ目”で女を弄ぶナンバーワンホスト。
過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う、孤高の男…。

彼の前に現れたとある社長令嬢―――それは日本企業のトップ、個人資産100億とも言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。
彼女は旺太郎にとって人生で最高の理想の女。
「今度のターゲットはこの女だ」
彼の毒牙が、彼女に迫る…。

が、そんな彼の前に“ある女”が現れる。
青白い顔に、真っ赤な唇…。
彼女が彼に贈ったものは―――“●の接吻”。
女のキスで突如起こる、呼吸困難!身体痙攣!異常な動悸!
その果てに―――彼は、●んだ。

しかし目を覚ますと…そこは、見覚えのある7日前の風景。
繰り返される出来事、場面、会話、これはもしや―――俺は、同じ時間を繰り返している…?

謎の“キス女”によって、何度も“●”と“時間”を繰り返す旺太郎。
何故、俺は●されるのか―――? キス女の正体は―――?

“●のループ”の謎を追い、カネと権力を追い求め、ノンストップで物語が加速する“邪道ラブストーリー”が幕を開ける!

という感じですが、この撮影。。。。

CGじゃなく絶対黒い液体をかけられておりますよね(苦笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201710ドラマ, 今からあなたを脅迫します , , , ,