アンナチュラル2話感想&視聴率と3話あらすじ 石原さとみの過去は?

      2018/01/25


アンナチュラルですが、このドラマ面白い!2017年の中でいうと刑事ゆがみ的な感じでストーリーが2転3転します。

そんなアンナチュラル2話感想と視聴率3話あらすじに行きたいと思います。

石原さとみさんの過去に何があったのでしょうか?

アンナチュラル挿入歌ですがいい歌ですよね~挿入歌を歌っているのはになりますかね?

 

 
Sponsored Link
 

アンナチュラル2話感想と視聴率

 

アンナチュラルですが思っていた以上に面白い!このドラマ。

思っていたストーリーと違って方向へ展開されていくストーリー。

窪田正孝さんや石原さとみさんもいて映像的に見ていて目の保養にもなりますが、ストーリーが面白いです。

で、アンナチュラルの1話の視聴率ですが、12.7%になっておりました。

いや~やっぱりそうですよね~視聴率いいですよね。

そんなアンナチュラル2話感想視聴率へ行きたいと思います。

アンナチュラルの視聴率は13.1%と第1話よりもアップしておりました。

まぁ、そりゃー予想を超えるストーリーの転がり方をして行ったのでつかみはOKって感じですね。

では、アンナチュラルの第2話感想になります。

今回は集団で一酸化中毒になっているはずなのに1人だけ凍●。

おかしいなと思っていたら胃の中からダイイングメッセージが、、、

内容は
「ユキオトコイ

タスケテ花」

その謎に迫る石原さとみさん。

そこに花ちゃんを探している両親が現れますが、凍えた人は花ちゃんではなくミケちゃん。

で、胃の内容物を調べていて気が付いたようで窪田正孝さんを連れて温泉へ。

あやしい冷凍車の中でダイイングメッセージの残りを発見。

その内容は
「ユキオトコのイエ

タスケテ花イル」

というものだった。自分の命がこときれそうなのに他の人(花ちゃん)のことをおもうミケちゃん。。。。

なんか切ないよね~

と思っているとユキという男が石原さとみさんと窪田正孝さんを冷凍車に閉じ込めて絶体絶命!

ただ、そこで人間のしぶとさを語る石原さとみさん。。。→これは後半で

トラックが湖に落されたら携帯電話が通じるようになって、水質と走行時間でトラックがどのあたりかがわかるなんてさすが井浦新さん。

で、結局は花とミケとユキはSNSで自●サイトで知り合い。

全員で落ち合うことに、、、で現れたユキは男だったという話。。。

そう座間のあの話に似ている、、、、ってこのドラマの脚本は座間の事件の前にかかれたようです。

 



 

で、窪田正孝さんと石原さとみさんの恋愛フラグか?と思ったら~

窪田正孝さんはマスコミが記事ネタのためにUDIに送り込んだネズミだった~

こういう展開ね(笑)

うーん面白い!

 

アンナチュラル,2話,感想,視聴率,3話,あらすじ,石原さとみ,過去
 

アンナチュラル 石原さとみの過去は?

 

アンナチュラルですが、気になるのは石原さとみさんの過去が気になりますね~

まぁ、アンナチュラルの1話で福士誠治さんが石原さとみさんのお相手でしたが、婚約した際の顔合わせに間に合わず婚約解消、、、、

石原さとみさんの過去に何かあったのかな?

何かの事件の生き残りでそれで薬師丸ひろ子さんの養子になっていたりするのかね?

うーん、このあたりも今後のアンナチュラルの描写にかかわってきそうですね。

で、石原さとみさんの過去は意外と早くわかりましたね。

家族で練炭自●の生き残りね。

で、それを考えたのは母親。

母親はラムネと言って石原さとみさんに睡眠導入剤を飲ませようとしたけど、それを吐き出す石原さとみさん。

部屋が練炭であつかったから隣の部屋に。

でも気が付いたら一酸化炭素中毒でいい気はあるけど体が動かず、、、これ怖いな~

 
Sponsored Link
 

アンナチュラル3話あらすじ 挿入歌は誰が歌っている?

 

アンナチュラル挿入歌もいい歌ですね。※褒めてばっかだな。。。

で、気になったので調べてみたところアンナチュラル挿入歌を歌っているのは、、、

確定情報情報ではないのですが、「志方あきこ」さんという説が一番良かったです。

 

良い歌声です。

それでは、アンナチュラル3話あらすじに行きたいと思います。

 

 

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した“主婦ブロガー●人事件”の裁判に、代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。●害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。しかし裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。

裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため再び法廷に立つことを決意する。白いものも黒くする烏田検事が有罪率99.9%の威信をかけて、ミコトと法廷バトルを繰り広げる!

99.9%をここで聞くとは(笑)

同じ局だからいいのか?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - アンナチュラル , , , , , , ,