anone 4話感想&視聴率と5話あらすじ 阿部サダヲの演技が上手い!

      2018/02/03


anoneですがBG身辺警護人ぐらいの主役級をそろえているわけではないんですが演技上手い人が多すぎて上手くドラマに入っていけます。

anoneでははいってはいけるんですがちょいと重いので見た後疲れるというね(笑)

阿部サダヲさんや瑛太さんの演技上手いですね!

それではanone4話感想と視聴率5話あらすじに行きたいと思います。

 

 
Sponsored Link
 

anone 4話感想と視聴率は?

 

anone視聴率ですが悪いです。

でも、面白いです(笑)

やっぱり面白いドラマと視聴率は必ずしも比例するわけではないですね。

ちなみにanone視聴率ですが3話までの平均視聴率が7.75%。

anoneの1話の視聴率は9.2%、2話が7.2%、3話が6.6%となっております。

やっぱり明日の約束も面白かったけど話が重すぎて視聴率が伸びませんでしたからね~

それではanone4話感想視聴率へ行きたいと思います。

anone視聴率は低いですね。。。(-_-;)

anone4話の視聴率は6.4%でした。

これやっと面白くなってきたところなのでみんなに見てほしいな~って感じです。もうちょいはじめのほうからエンジンをかけておいていただいても良かったのに、、、、残念。

では、anone4話の感想に行きたいと思います。

今回は小林聡美さんの回。

なんでも幽霊の子供と一緒にいる小林聡美さん。

結局小林聡美さんは家では姑に洗脳された息子が自分の母親をいないものとして扱っている。。。

見ていて胸糞悪くなりましたけど、、、だから一緒に家を出るためにお金が必要だったんですね。。。ってこの息子はお金があっても一緒にでていかないぞ!(笑)

で、阿部サダヲさんと広瀬すずさんが家探ししたときには小林聡美さんのところから一千万がなくなっていた。。。って誰がぱくんの?w

まぁ、いなくなる阿部サダヲさんに告白されて、けじめをつけに今の旦那と息子と姑と会いに。

離婚届けが用意されていたけど息子のために料理をすることを条件。

で、その料理をして打ち解けたかな?って思ったら、「料理をする約束はしたが一緒に食べる約束はしていない。」って言われてしまう始末。
※絶対この料理捨ててるわ。。。

幽霊の子供にもう少し頑張るといいって生きることを決意した小林聡美さん。

で、最後の最後でまたまた瑛太さん登場!

田中裕子さんの娘と結婚しようとしている瑛太さん。でも、瑛太さんには鈴木杏さんがいるっていうね。。。

もう、瑛太さんは偽札のために近づいているとしか思えない。。。。

anone,あのね,4話,感想,視聴率,5話,あらすじ,阿部サダヲ,演技,上手い,瑛太
 

anone 阿部サダヲの演技が上手い!

 

阿部サダヲさんですがこういうド真面目人間を演じたり、いろいろな人間を演じておりますが、やっぱり阿部サダヲさんは演技上手いですね。

阿部サダヲさんのanoneの3話の名言は、、、

 

視聴者には阿部サダヲさんの名言は届いたようですね!

いや~やっぱり阿部サダヲさん、演技上手いです!

 
Sponsored Link
 

anone 5話あらすじ 瑛太の演技も上手い!

 

3話まではちょくちょく出ていた瑛太さん。

やっぱり瑛太さんも何をやらしても上手いな~って思っちゃいますね。

だって、ハロー張りネズミでの探偵役をやっていて、このanoneの影のある役。

なんでもこなしちゃっておりますね。というか主役じゃないのがもったいない。

やっぱりanoneは脇をささえている役者の方々の演技が上手くて凄いっす。

それではanone5話あらすじに行きたいと思います。

 

 

理市(瑛太)は、亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の結季(鈴木杏)と娘と共に暮らす二重生活を送っていた。さらに、秘密の別宅では一人ニセ札作りを研究していて…。一方、亜乃音の元には、一千万円持ち逃げしたにも関わらず盗まれてしまったるい子(小林聡美)が、舵(阿部サダヲ)とともに謝罪に訪れる。行き場のない二人を受け入れた亜乃音の家で、四人の奇妙な共同生活が始まった。

ハリカ(広瀬すず)は、そんな日常の出来事をいつものようにチャットゲームで報告し、彦星(清水尋也)を元気づけようとするが、ある日突然彦星のログインが途絶え…。一方、印刷所で目眩を起こした舵を助けた理市は、るい子と舵が亜乃音の家で世話になっていることを知る。その頃、病院の窓から彦星の病室が片付けられているのを見たハリカは、慌てて院内へ駆けつける。すると、彦星が集中治療室に入っていること知り…。

最近、様子がおかしく帰りが遅いハリカを心配した亜乃音は、電話をかけるが、ハリカはわざと明るく振る舞う。「またそっち行くから」と答えるハリカに対し、亜乃音は、自分たちの住む家がハリカにとってはもう“帰るところ”だからね、と話す。亜乃音の言葉を聞いたハリカは震える声で病院にいることを打ち明け…。そして、過去に暗い影を抱える理市の目論見も徐々に明らかになろうとしていた―。

これあれなのかな?

偽札によってつくられる偽りの家族っていうのを描こうとしているのかな?

そんな偽りの家族でもなんとかみんな前向きにやっていけるようになるんだよ!って感じで。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - anone , , , , , , , , , ,