トドメの接吻6話感想&視聴率と7話あらすじ 菅田将暉の正体は?

      2018/02/15


トドメの接吻ですがだんだん面白くなってきましたね。

山崎賢人さんがクズから心変りしてきたのとは裏腹に新田真剣佑さんがどんどん黒く染まっていきますね。

というか宮沢氷魚さんってなんであそこまで忠誠を誓うんでしょうか?気になりますね~

もっと気になるのが菅田将暉さんの正体ですが、、、

それではトドメの接吻6話感想視聴率7話あらすじに行きたいと思います。

 

 
Sponsored Link
 

トドメの接吻6話感想と視聴率

 

やっぱりドラマって面白くなると視聴率は上がってくるんですね。

※ストーリー展開が重く暗くない場合に限りますが、、、(笑)

トドメの接吻視聴率7.4%→6.5%→7.1%→6.7%→7.3%となって徐々に回復してきております。

ストーリー展開があまり読めないので続きは早く見たくなる感じなのでいいですね。

それでは、トドメの接吻6話感想視聴率へ行きたいと思います。

トドメの接吻の6話の視聴率は5.9%とやはりこちらも落ちておりましたね。

ただ、この前の時間帯の99.9は17.0%と維持しておりますので全部が全部オリンピックの影響を受けるわけではなさそうですね。

で、トドメの接吻の6話感想ですが、新田真剣佑さんにビデオテープを燃やされた腹いせに、新木優子さんの唇と心を奪う山崎賢人さん。

でもそれで新田真剣佑さんに火が付いた。

で、新田真剣佑さんが新木優子さんに「奪わせない!」っていう迫る。

そこから山崎賢人さんが父親を捜しに香港に行くけど、父親はいない。

そこで長谷部さんに電話して、長谷部の父親が陰で暗躍しているということと罪の意識を植え付けて長谷部さんを脅迫することに。

でも、その後山崎賢人さんが日本に帰ってくると長谷部さんがこの世から居なくなっておりました。

長谷部さんを助ける&ビデオテープを手に入れるためにタイムリープすることに。

でもビデオテープ一度目は長谷部さんに取られて、その後長谷部さんは帰らぬ姿に。

2度目はビデオテープを山崎賢人さんが手に入れるけど、2度目も長谷部さんが帰らぬ姿に。

そこで新田真剣佑さんが怪しいことに気が付く、、、

菅田将暉さんと門脇麦さんが何やら話し合って、菅田将暉さんがタイムリープを繰り返すことによってその時間が降りかかってくることを告げられて不安になっていきます。

で、長谷部さんは3度目の帰らぬ姿に、、、そこで新田真剣佑さんが絡んでいることを確信し、、、

と思っていたら、門脇麦さんが弟の靴を持っていることが発覚。

山崎賢人さんが助けた女の子が、目の前にいる門脇麦さんだと気が付く。。。。

門脇麦さんは生きていてくれたことを喜ぶが、山崎賢人さんは生きていることの苦痛を思い出す。

で、弟がいなくなったことを償え!と山崎賢人さんに迫る。

タイムリープして長谷部さんを救うが、長谷部さんがいなくなるという運命が山崎賢人さんに降りかかってきて山崎賢人さんは帰らぬ人に。。。。

そこから次週へ、、、

 

トドメの接吻,6話,感想,視聴率,7話,あらすじ,菅田将暉,正体
 

トドメの接吻 菅田将暉の正体は?

 

トドメの接吻ですが菅田将暉さんの正体が気になりますね。

まぁ、トドメの接吻のHPでも

旺太郎のアパート近くで演奏する“謎のストリートミュージシャン”。
終電を逃したサラリーマンや浮浪者を相手にギターを奏でる変わり者。
どこか人生を達観し、大人びた言葉を旺太郎に残しアドバイスを贈る。
しかし彼がこの街にやってきたのは、偶然ではなかった…。

とあるように何か物語に関係している感じはプンプンしますよね?

まぁ、おそらくは菅田将暉さんこそ山崎賢人さんの弟のような気がしますね。

門脇麦さんの能力とは外側にいる感じなのではないでしょうか?

時間が戻っても菅田将暉さんだけはその外側で時間が流れている感じ。

なので22歳という設定ではありますが、時間が戻った分菅田将暉さんの時間は進むので年を重ねるのはわかります。

まぁ、あとはトドメのパラレルであんまり菅田将暉さんの姿を見ないんですよね~

なのでそういうのもありなのかな?って感じですね。

 
Sponsored Link
 

トドメの接吻7話あらすじ 宮沢氷魚の目的は?

 

あと気になるのは何であそこまで新田真剣佑さんに忠誠を誓うのかがわからない宮沢氷魚さん。

新田真剣佑さんの命令であれば自分の手が汚れるのをいとわない感じです。

もしかすると、、、、

宮沢氷魚さんが本当は山崎賢人さんの弟だったりして?(笑)

でも宮沢氷魚さん的には事故の記憶がないけど、拾ってくれた新田真剣佑さんに恩を感じているのかもしれませんね。。。

これは全くの推論なので今後宮沢氷魚さんの素性がわかれば全く違う可能性もありますけど、、、

それでは続きが気になるトドメの接吻7話あらすじに行きたいと思います。

 

 

自殺に見せかけた長谷部はせべ(佐野勇斗)の死に尊氏たかうじ(新田真剣佑)が絡んでいると気付き、宰子さいこ(門脇麦)の制止を振り切ってタイムリープした旺太郎おうたろう(山﨑賢人)は、なんと乗馬倶楽部で長谷部を襲おうとした覆面の男に殺されてしまう!時間を戻そうと必死にキスする宰子の努力もむなしく、すでに旺太郎は息絶えていて…!!
生き残った長谷部は、覆面の男に奪われたビデオテープの存在を警察に隠そうとする尊氏が事件の黒幕ではないかと不信感を募らせる。そして、旺太郎の突然の死に鬱ぎ込む美尊みこと(新木優子)は、自分の気持ちを無視して急ピッチで結婚の話を進めようとする尊氏と母・京子きょうこ(高橋ひとみ)に憤りを覚えていた。そんな中、美尊は長谷部が尊氏に事件の真相を詰め寄っている場面に遭遇し、思いがけず尊氏の凶暴な一面を目撃してショックを受ける。

一方、12年前の事故で旺太郎の弟の命を犠牲にして自分が生き残ってしまった意味を考え続ける宰子は、旺太郎のため、ある危険な計画を実行に移すことに…。
宰子の秘策によって一度落とした命を救われた旺太郎は、自分を襲った覆面男の正体が布袋ほてい(宮沢氷魚)だったことを突き止め、尊氏を追い詰めるために布袋を脅して味方につけようと画策するが、そこにはある誤算があり…。そして並樹家の人間関係を嗅ぎまわる旺太郎の部屋のまわりには怪しい人影が…。実はそれは10年間失踪していた旺太郎の父・旺あきら(光石研)なのだが…。
宰子のアシストで旺太郎と美尊の仲が深まる中、宰子のタイムリープの秘密を知っている様子の謎のストリートミュージシャン・春海はるみ(菅田将暉)は尊氏の前に現れ、旺太郎の協力者である宰子の正体を不気味にほのめかす…。さらに、影で自分を助けていた宰子の健気すぎる決意を知った旺太郎には意外な展開が待っていた…!

菅田将暉さんは結局誰の味方なんでしょうか、、、

おそらくここに来て志尊淳さんとキスしそうな雰囲気ですよね(笑)

うーん、続きが気になるw

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 - トドメの接吻 , , , , , , ,