森昌行社長の年収やビートたけしとの関係は?たけし軍団の声明は本当?

   


森昌行社長森昌行さんは元SMAPの森君と同じ名前ですが森昌行社長はオートレーサーではなくオフィス北野の社長です(笑)

そんな森昌行社長年収ビートたけしさんとの関係についてしらべてみました。

たけし軍団が出した森昌行社長への声明は本当なのでしょうか?

 

 
Sponsored Link
 

森昌行社長の年収は?

 

森昌行社長年収ですが、、、

オフィス北野の役員報酬が調べきれませんでしたので正確には不明となってしまいます。

が、たけし軍団の声明を見るとオフィス北野の役員報酬がビートたけしさんが容認できないほど高額だったというのがあります。

また、森昌行社長は10億ぐらいの豪邸に住んでいるなんて巨大掲示板で書かれていたりしますね。

まぁ、話の出どころが某巨大掲示板なので本当かどうか不明ですが。

ただ、オフィス北野が赤字決算になっていたそうで、映画や本も売れており、ビートたけしさんがテレビに出ているのにも関わらずなので少し影響しているかもしれませんね。

ちなみにオートレーサーの森昌行さんの年収は2017年はCM出演料やレース賞金などもあり約3千万ぐらいだそうです。

 

森昌行,社長,年収,ビートたけし,関係,たけし軍団,声明,本当
 

森昌行社長とビートたけしの関係は?

 

森昌行社長ビートたけしさんの懐刀かと思っておりました。

軽く森昌行社長のプロフィールをご紹介したいと思います。

森昌行(もりまさゆき)

生年月日:1953年1月7日

出身:鳥取県鳥取市

学歴:青山学院大学法学部

職歴:テレビ番組制作会社スーパープロデュースに入社

趣味:エレキギター

という感じです。

森昌行社長ビートたけしさんの出会いは「クイズ!!マガジン」という番組で、森昌行さんがアシスタントディレクターでビートたけしさんが司会者という関係でした。

その後、ビートたけしさんの「アイドルパンチ」という番組の企画立案で森昌行社長がディレクターとして参加し、ビートたけしさんに認められていった感じですね。

それ以外にもスーパージョッキーやビートたけしのお笑いウルトラクイズの原型となるものを作ったりしてきました・

また、一時はビートたけしさんと森昌行社長は寝食を共にしていたそうです。

ビートたけしさんのフライデー事件で、ビートたけしさんは太田プロを辞められ、その後のマネジメントを森昌行社長がおこなってここまで来ております。

ビートたけしさんは映画は自分1人で作られたという感じでしたが、森昌行社長がスポンサーからの資金調達などをされていたようなので、まさに、二人三脚という形だと思います。

 
Sponsored Link
 

森昌行社長へのたけし軍団の声明は本当か?

 

森昌行社長へのたけし軍団からの声明がたけし軍団一同という形で出て話題になっております。

そのたけし軍団からの声明にしたいして森昌行社長

森社長は同日「このような文書が一方的にネット等を通じて流されたことに、驚きを禁じ得ません。内容に関してもきわめて不本意であるので、あらためて対応いたします」とコメントした。

引用:日刊スポーツ

という感じでコメントをされておりました。

ちなみにそのたけし軍団からの声明というのは、水道橋博士さんのブログから引用させていただくと

数年前、師匠が保有する別会社の株式に関する疑義が発生した際に、師匠が不審に思い、事情を調査したところ、明らかな違法行為があり この出来事をきっかけにして、オフィス北野の経営も、改めて確認されたいと申し出たところ、その結果は思わぬ方向に波及してしまったことが、今回の騒動の引き金になっております。

オフィス北野では、2つの事案が発覚しました。

まず一つ目は、師匠が知らない間に、森社長が、何時の間にか、オフィス北野の筆頭株主になっていた、ということ。

もう一つは、森社長をはじめ、会社の役員報酬の金額が師匠にとっては容認できない水準になっていた、その2点です。

当然のことながら、そこへの疑念、批判の矛先は、会社の責任者である、森社長に向かいました。

森社長が、オフィス北野の筆頭株主になった経緯は、その後の本人の申請では、以下のとおりです。

オフィス北野の大株主グループ(東通関係 弊社株式の55%を所有)から、会社更生法を申し立てることが、急遽に決まり、大至急弊社で株式を買い取れないかとの打診がありました。

当事、商法上、会社の自己株式取得は禁じられており、森社長の一存でオフィス北野から森社長がお金を借り、そのお金で森社長が株式を買い取りました。(その結果、森社長の株式所有率は師匠の30%を抜いて65%となり、森社長が経営支配株主となりました。)

~~中略~~

オフィス北野の経営に関する以下の問題点を、師匠、ご本人から指摘されました。

① 株式の移動に関する手続きの不備

② 役員報酬の水準に関する不満とその決定に関する手続きの不備。

③ 従業員の給与水準に関する不満

④ フィルメックスに対する人件費負担を容認できないことと。これに関する手続きの不備。

~~中略~~~

そして、森社長の所有する株式の全てを、師匠の指図に従い、たけし軍団の面々に贈与すること、及び会社を縮小し、社員に対する高額給与の体質を改善する約束を致しました。

しかし、これらの約束していた作業工程が、遅延するに至り、平成30年3月に入り、師匠がしびれを切らして独立する旨、及び、これに伴いオフィス北野の役員及び株主から退きたい旨の意向を受け、森社長は、師匠の意思を尊重し、またオフィス北野とは袂を分かち、別会社として独立後、協力していくことが確認されました。

これが、世を騒がした、ビートたけし独立の経緯です。

引用:水道橋博士の博士の悪童日記

ということでした。

たけし軍団が正しいのか、それとも森昌行社長の前述のコメントが正しいのかは不明ですが、、、、

と思っていたらダンカンさんが言うにはビートたけしさんへの誤報がやはりたけし軍団的には受け入れられなかったようで、そのために今回の声明になったそうです。

ただ、たけし軍団も森昌行社長とやりあうわけではなく、ビートたけしさんが株式を売却したお金をオフィス北野の入れているようで、そのオフィス北野を森昌行社長と一枚岩になって守っていくという旨の発言をされておりました。

ダンカンは、森社長との関係について「仲が悪いわけではない。映画に重点が置かれていた状況でも、『お笑いのこともやってよ』といえるぐらい気をつかわない間柄」と説明。声明によって「森さんが悪者に見えちゃうかもしれないけれど、会社を始めた30年前を思い出し、殿と軍団、会社と膿を出し切ってもう1回、一枚岩でゼロから出直そうということです」と熱弁。改めてオフィス北野に残留することを宣言した。

引用:サンスポ

早く仲直りして元気がないテレビ業界を元気にしてほしいですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 話題 , , , , , , ,