正義のセ1話感想と2話あらすじ 吉高由里子がかわいい!

      2018/04/12


正義のセですが、、、なんとな~くあらすじは見えたような??

正義のセの主演の吉高由里子さん。かわいいですし演技も上手いんですが、おそらく素直な性格の検事役。

そんな吉高由里子さんがいろいろ嘘をつかれながら自分の信念が揺らぎながらも最後は自分の信念を貫き通すというドラマじゃないでしょうか?

そのスパイスに吉高由里子さんと恋人の行き違いなどがあったりとか?(笑)間違っていたらすみません。

そんな正義のセの1話感想と2話あらすじに行きたいと思います。

吉高由里子さんがかわいいけど安田顕さんもかっこいい

 
Sponsored Link
 

正義のセ1話感想 安田顕がかっこいい!

 

安田顕さん名脇役な味が出てきましたね~

小さな巨人のときの存在感も大きかったですが、あの時とは少し清潔感が出た安田顕さん。

でもやっぱり安田顕さん渋くてかっこいいですわ~

 


こういうところもあって。

ただ、一つ気になるのが演技の振れ幅とかを主役になって見てみたいですね。

それでは、正義のセの1話感想に行きたいと思います。

アンナチュラルを見た後だから思うんですが視聴者を裏切らない展開。

そんな展開に吉高由里子さんははまっている女優さんだと思います。見ていた爽快感はありますね。

これは木村拓哉さんのHEROのドジっ子版?という感じですが、、、

まぁ、予想通り自分の重み込みで突っ走る検事さん。

でもストーリーはそのまま、パワハラされたと訴える浅利陽介さんですが上司の石黒賢さんや同僚の六角慎司さんはパワハラを否定。

浅利陽介さんをちょっと疑いにかかるが、まぁ、あからさまに吉高由里子さんを見下したかのように鼻で笑っている石黒賢さんが怪しいですよね~(笑)

というかもう決定でいいんでは?と思っているとそのまま決定!!

上司の石黒賢さんや同僚の六角慎司さんは取引先からわいろをもらっていて、それがバレないようにするために浅利陽介さんにパワハラを働いてやめさせようとした。という案件。

というかなんで懐柔する方向に行かなかったのか?っていったら●人事件になっている話の流れですが、、、

ずっとこの疾走感のまま行くのかな?
 

正義のセ,1話,感想,2話,あらすじ,吉高由里子,かわいい
 

正義のセ 吉高由里子がかわいい!

 

正義のセでは2年目の検事ということでしたが2年目ということは若いのか?

吉高由里子さんは 1988年7月22日 (29歳)だけど?

まぁ、吉高由里子さんは20代前半といっても通じそうな気がしますね。

で、調べてみると検事は大体、司法試験・司法修習生を経て検事になるのが一般的なようです。

ちなみに司法試験は

司法試験の受験資格は
①受験時において法科大学院の課程を修了し,かつ,5年間の期間において受験回数制限(3回)の範囲内である者又は
②司法試験予備試験に合格した者です

だそうで、司法試験の合格者の平均年齢は28歳ということなので吉高由里子さんと同年代ということですね。

 


まぁ、これだけかわいい検事がいたらいいんですけどね~

今の世の中だと美人過ぎる検事とかって話題になるんですかね?

 
Sponsored Link
 

正義のセ2話あらすじ 夙川アトムが岸博幸が似てる

 

夙川アトムさんですが検察事務官で出演されておりますね。

夙川アトムさん元お笑い芸人でしたが今やしっかりとした俳優ですね。

正義のセ,1話,感想,2話,あらすじ,吉高由里子,かわいい
 

そんな夙川アトムさんですが岸博幸さんに似ていると思うのですがどうですか?(笑)

正義のセ,1話,感想,2話,あらすじ,吉高由里子,かわいい

私だけですかね?

まぁ、与太話はおいておいて正義のセの2話あらすじに行きたいと思います。

 

 

ある日曜日、凜々子(吉高由里子)は優希(大野拓朗)と3ヵ月ぶりのデートをしていた。
しかし、徳永(塚地武雅)から「日直の仕事を変わってほしい」と連絡が。凛々子はすぐ仕事に行かなければならなくなり、またしてもデートはお預けになってしまう。

そんな中、凜々子は梅宮支部長(寺脇康文)から初めて●人事件を任され、「頑張ります!」と大張り切り。相原(安田顕)は、張り切り過ぎると空回りする凜々子を心配して「常に冷静に落ち着いて」と釘を刺すのだった。

殺人事件の被疑者は、夫の義之(大澄賢也)を殴って●亡させた主婦・町田かれん(財前直見)。「夫の暴力から身を守るためだった」と●意を否認するかれんの話を聞き、思わず同情する凜々子だったが、相原は、かれんに疑いを抱く。かれんには19歳になるまりあ(矢作穂香)という一人娘がいたが、娘がどこに住んでいるのか知らないと供述しており、「母親が、19歳の娘の居場所が分からないなんて」と、娘への態度に違和感を覚えるのだった。

その後、かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、●意があった疑いが強まっていく。凜々子は供述の矛盾をかれんに突き付け、自白に追い込もうとするが……。

出だしは好調という感じですかね?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 正義のセ , , , , , ,