正義のセ2話感想&視聴率と3話あらすじ 吉高由里子のはまり役!

      2018/04/19


正義のセですが1話見ましたがもうド直球ですね(笑)

視聴者の思い描いている通りのストーリー運び的な感じですね。

しかも主人公の凛々子も直球すぎるの吉高由里子さんのはまり役なきがします。

あと、大杉漣さんの後任に寺脇康文さんもいい味だしてますが少し切ない気もしますね~

あと気になったのが吉高由里子さんの家が一リットルの涙と同じw

 
Sponsored Link
 

正義のセ2話感想と視聴率

 

正義のセですが最近視聴率がいい水曜日の日本テレビのドラマ。

まぁ、anoneはいいドラマでしたが視聴率的には振るいませんでしたが、、、

それ以前の奥様は取り扱い注意や過保護のカホコとかの視聴率はよかったですね。

そんな過保護のカホコのようなド直球ではあるこの正義のセ視聴率はどうなるでしょうか?

それでは、正義のセの2話感想視聴率へ行きたいと思います。

正義のセの視聴率は木曜日、視聴率が発表され次第書かせていただきます。

吉高由里子さんは感情が読まれやすいんだけどね~(笑)

それを逆手に取れれば化けるかも。

で、今回は財前直見さんが長年DVを受けていた。

そんな財前直見さんがご主人を花瓶で殴打。

とっさなのか、そこに意志があったのかが問題。。

で、財前直見さんに男の影が?と思ったら、仕事を探して離婚しようと思ってただけという。

ちなみに携帯を見ているとひとりしかフォローしていないがSNSをやっていた模様。

そのフォローしている相手が、知らないといっていた一人娘。

そのことを娘に告げに行く吉高由里子さん。で、娘は励ましてくれてた相手が母親だとして泣いてしまう。

anoneの江口のりこさんのようじゃなく素直な娘さんでした(笑)

でも、なんで家に戻らないんだ?という疑問も、、、父親が原因か?

で、自分の親も離婚してたので娘のために旦那にどんなDVをされても離婚しないでおいたけど、それが逆に娘を苦しめていたとしって、離婚準備。

事件当日には離婚準備をしていることがばれ旦那はブチ切れ。

このままじゃ前に進めないということで明確な意志をもって旦那を殴打!

そのため●人罪で問われ、情状酌量の余地があるということで懲役10年が妥当だとか、、、

※そんなん嘘ついておけばもっと早めに出てこれるのに、、、、と思いつつ、前に進めないだったらわざと夫から暴力を受けて警察にでもなんでもいってDV認定もらって離婚すればいいじゃん!と思いましたが。。。
精神も知らないうちに支配されていたんだろうか、、、、

 

正義のセ,2話,感想,視聴率,3話,あらすじ,吉高由里子,はまり役
 

正義のセ 吉高由里子のはまり役!

 

正義のセの主人公の凛々子ですがド直球な性格が吉高由里子さんが演じることで視聴者にもわかりやすくなっておりますね。

おそらくこれは吉高由里子さんの演技力が高いというものあるとは思いますが、なんか、吉高由里子さんにはまっている感じがするんですよね~

そう吉高由里子さんのはまり役的な感じです。

 

か、私が吉高由里子さんのファンなだけなのかもしれませんね。。。(笑)

ただ、検事なのでこういう検事は現実にはいないことを理解しておかないと、、、、(-_-;)

 
Sponsored Link
 

正義のセ3話あらすじ 吉高由里子の家は一リットルの涙と同じ家!

 

吉高由里子さんの家ですがどこかでみたな~と思ったら、、、、

一リットルの涙と同じ家じゃないですか?(笑)

なのでロケ地としたら一リットルの涙の家なので越田屋豆腐店となると神奈川県横浜市鶴見区矢向4丁目付近になりますね。

それでは正義のセの3話あらすじに行きたいと思います。

というかこのまま本当に最後までこの調子でいくと、何回か吉高由里子さんは裏切られて傷つくけど立ち直り、自分の信念通り前を向いて歩きだす。という感じじゃないでしょうか?(笑)

彼氏とは別れそうになったけど最後はくっついているという感じで。

 

 

凜々子(吉高由里子)は同期の検事で親友でもある順子と朋美に、久しぶりに再会する。しかし、なぜかその場は婚活パーティー。優希(大野拓朗)という恋人がいるのに…と戸惑う凜々子だったが、順子と朋美に「新しい出会いを見つけておいて損はない」と言われる。そこへ優希から呼び出しの電話が。凜々子は彼のもとへ駆け付け、順調な関係を築いていると思われたが。

そんな中、凜々子は結婚詐欺事件を担当することになる。被害者の沢井七美(磯山さやか)は、婚活パーティーでIT企業社長の藤堂と出会い、結婚の約束をして式場の予約までしていた。だがその後、藤堂から「事業のトラブルで金が必要になった」と言われ、資金援助のつもりで1000万円を渡したところ、藤堂はその日から音信不通になってしまったという。しかも、藤堂から聞いていた住所は嘘で、経営しているはずの会社は存在せず、結婚式場もキャンセルされていた。「女性の弱みに付け込んでお金をだまし取るなんて絶対許せない」と怒りをあらわにする凜々子。

藤堂と名乗っていた男の本名は、鈴木正夫(三浦貴大)。鈴木は容疑を否認しており、1000万円は受け取っていないと主張する。警察も決定的な決め手となる証拠がつかめていないため、鈴木は逮捕されず、在宅のまま横浜地検に送致されてきていた。
鈴木は七美に嘘をついたことは認めるものの、凜々子の質問をのらりくらりとかわし、七美を心から愛していたのだと涙ながらに訴える。そんな鈴木に、翻弄される凜々子。

凜々子は相原(安田顕)とともに、鈴木が七美から金を騙し取った証拠を探すが、鈴木を決定的に追い込むまでには至らない。そんな中、凜々子は優希から結婚を申し込まれ…。捜査が難航する結婚詐欺事件と、突然のプロポーズ!
凜々子は人生の大きな決断に迫られる!?

今回は扱う事件としては少し小物感がありますが、吉高由里子さんの結婚の話題のほうにふった感じですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 正義のセ , , , , , , ,