あなそれ6話感想&7話あらすじ 視聴率が北海道では2桁連発の理由

      2017/09/02

Pocket

あなたのことはそれほど(あなそれ)ですが、不倫をテーマにしているので注目度も高いと思きや視聴率は全国での初回は11.1%で、それ以外は1桁となっております。

ただ、主人公の美都を演じる波瑠さんに批判が集まったりとかいろいろ注目はされておりますね。

また、北海道だけ視聴率が毎回2桁を連発しておりますがその理由は何なんでしょうか?

東出昌大さんがもう不気味不気味で、、、

 
Sponsored Link
 

あなそれ6話感想 東出昌大が不気味だな~

あなそれで第二の冬彦さんキャラを確立した東出昌大さん。もうサイコパスな笑顔に、妻である美都(波瑠)の不倫相手にわざわざ近づいていったりとかもう不気味ですね~

怖い+みていてかわいそう+不気味が混じってなんかもう表現できない感じです。
今までのあなそれの感想・あらすじのまとめはこちらです。

そんなあなそれ6話感想ですが、今回も自分大好き美都こと波瑠さんのわがままにいらってきちゃいますね。

なんで自分中心で世界が回っていると思っているのか不思議です。

有島こと鈴木伸之さんはそろそろ奥さんの仲里依紗さんが怖くなってきた様子。仲里依紗さんも上手い具合に罪悪感を抱かせるような感じで接しておりますからね。

なんか真綿で首を絞められる感じがするとはこのことか!

そんなことをつゆ知らず。頭はお花畑の美都こと波瑠さん。友達のいうことも聞きません!結局自分に都合のいいことを言ってくれる人が友達なんですよね(笑)
もう友達辞めちゃいなよ!大政絢さん。

いや~このあなそれ見ているとどこまで美都(波瑠)さんの頭がお花畑なんだ?と思う。

浮気をしている自分はおいておいて、浮気相手に勝手に会いにいった渡辺涼太こと東出昌大さんを責める。

浮気相手の奥さんに会いに行った東出昌大さんを責める。

どれも浮気が終わってほしくない自分のわがままなんだとなぜに気が付かない!!(苦笑)

結局、今が良ければいいんだよ!っていう何かこう、ある種の中毒患者のような結論を出す波瑠さん。

※最後誰もいなくなった。という結論にならないかな?何か波瑠さんのために傷害を起こして警察に連れていかれてしまう東出昌大さんとか、結局妻のもとに戻る鈴木伸之さんとか、友達も絶好。そして誰もいなくなった。でも、自分が悪いって考えない。

で、逃げてどうすんの?って、相手は浮気が趣味の鈴木伸之さんですよ!結局朝になったら彼はおうちに戻ります。。。

 

あなそれ,6話,感想,7話,あらすじ,視聴率,北海道,2桁,理由
 

あなそれの視聴率が北海道では2桁連発の理由

あなそれ視聴率ですが、全国平均では初回が11.1%で2話が9.0%、3話が9.5%、4話が9.9%で5話が9.8%となっております。

北海道は?というと1話が15%で2話は8.8%、そこからV字回復して3話では15%。

4話では11.9%となっております。

この北海道だけ視聴率が2桁連発している理由が、北海道の方が不倫が好きというわけではなく、このあなそれの作者のいくえみ綾さんが北海道出身ということと、波瑠の親友役の大政絢さんも北海道出身のため、ご当地色をだしたPRが功を奏しているそうです。

どういうことかというとドラマ関係者が公式Twitterで出している大政絢さんの部分だけまとめて北海道だけで流しているとか。

色々努力されているようですね。そのかいあっての北海道2桁連発しているようです。

 
Sponsored Link
 

あなそれ7話あらすじ 東出昌大がマジで不気味w

あなそれ7話ですがもう奪い愛、冬の三浦翔平さんが遠い昔のように思う、東出昌大さんのサイコパスの演技。

なんかもう怖い。6話ではとうとう暴れだしますね。おそらく今まで挫折が無かったんだろうな~なので挫折からの立ち直り方が下手なんだろうと思います。

ただ、やっぱり不気味すぎで怖いです。

 

もう瞳孔開きっぱなしって感じですね(苦笑)

 

そんな7話あらすじですが、離婚されてくないから愛し続けているという東出昌大さんには離婚という結論を取った波瑠さんが一番受け入れられないんだと思うんですよね~

というか、これで離婚しても、結局自分が自由になれるというだけで鈴木伸之さんが離婚しなければ結局意味がない。

鈴木伸之さんは波瑠さんのために、何も捨てないよ!自分の欲しいものは全部手に入れる派だと思うんだよね。相手の気持ちを考えずに。

それそろ仲里依紗さんの反撃がターン!の予感。怖い怖い怖い。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201704ドラマ , , , , , , , ,