母になる7話感想と8話あらすじ 沢尻エリカの演技は上手いけど違和感も、、、

      2017/09/02


沢尻エリカさんや小池栄子さんの演技上手いんですけどね、、、

なんで、小池栄子さんを雇うのか?ちょっとそういったところに違和感を覚えてしまいます。

中島裕翔さんの110円意味も語られるようですね。まぁ、やっぱり沢尻エリカさんの演技力はさすがです!

 
Sponsored Link
 

母になる7話感想 中島裕翔の110円の意味は?

中島裕翔さんがずっとネームプレートに入れている110円

どんな意味があるのか気になっておりましたね。7話で触れられてお守りとして言っておりますね。

母になる7話感想ですが、今回は修羅場が待っていましたね!いや、これが本当なんだと思いますよ。

今までなんか皆さん、話が分かりやすいですよね!

というか故意じゃなくても未成年の監禁ということで警察に言えばもう一度小池栄子さんは、自分が道枝駿佑さんにどんなに手を出してくても出せないところに送り込むことが可能なんですけどね~

沢尻エリカさんは地雷を踏みましたね~なんか自分が優位に立っているってどこか思っているんでしょうね~

「子供が欲しかったのに、かわいそうに」とそこから修羅場へ。

小池栄子さんは自分のほうが母親に向いている。と。
「子供の欲しいものは与えません」って与えないんじゃなくて与えられないんでしょ。。。。
ゲームとか買えないじゃん。。。

しつけたのは私(小池栄子)です。って、でもどうかわかんないじゃん。

施設に預けられてってことで他の方と違う生活を強いているのはあなたのせいじゃないですか!

沢尻エリカさんのほうがずっと上手に成長させたのかもしれないじゃないですか。。。

なんで、自分がやったからって思うんだろうか。。。。結局でも今のあなたは、今までの小池栄子さんの選択でそうなっているんですけどね(苦笑)

で、救われたのは「子供を産まないんですか?」という言葉からって。。。それ子供のためじゃなく自分のためじゃん。。。

で、話は変り中島裕翔さんの110円の謎が解けましたね。

そっか、友達のだったんだ。。。。その親が大塚寧々さんですが育児放棄をしていて110円をおごってくれた友達を見捨てた親ってことですね。今ももしかしたら。。。。

闇が深いですね。

 

母になる,7話,感想,8話,あらすじ,沢尻エリカ,演技,上手い,違和感
 

母になる沢尻エリカの演技は上手いけどストーリーに違和感が、、、

母になるですが沢尻エリカさんや小池栄子さんの演技の上手さが際立っておりますね。

というかこんなに小池栄子さんって演技うまかったでしたっけ?(苦笑)という感じですね。

ただ、惜しいのは結構ご都合主義というかみんななんでこんなに話しがわかるのかがわからない!そこに違和感を覚えてしまいます。

だって、普通に考えたら虐待されていた子供をかくまのはいいけど、そこから自分の子としてそだてないでしょ!

なんでそれを悪くないっていっちゃうの?中島裕翔さん。

で、なんでそれなのに道枝駿佑さんと会うかもしれない会社で雇っちゃうの沢尻エリカさん。

本当に道枝駿佑さんのことを思うのであれば、会わせないほうがいいって!混乱しちゃうから!やっと自分の心に区切りをつけようとしているのにそこで小池栄子さんがいたら出来ないから!

となんでこんなに皆に小池栄子さんが受け入れられているのかが違和感でしかありませんでしたね。

 
Sponsored Link
 

母になる8話あらすじ 沢尻エリカの演技力はさすが!

沢尻エリカさんですがやっぱり昔いろいろワイドショーを騒がせましたが、演技力はさすがですね!

最近はすっかり大人になって性格も丸くなっちゃったようなのでもう騒がせることはないと思うんですけどね。

こんだけ演技力があるのであればドラマだけじゃなく映画も出てほしいですね。最近ドラマのイメージしかないので。

そんな母になる8話あらすじですが、次は道枝駿佑くんの恋愛話かな?って結局大塚寧々さんは育児放棄しているじゃん!

結局しっかり治療をしないと治らないんですよね。うーん、まともな母親はこのドラマに出てこないのかね。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201704ドラマ , , , , , , , ,