犬猫の熱中症の症状(痙攣/吐く)や対処法は?対策や予防方法は?

   

    

今2018年の7月半ば。

まだ、7月半ばなのにうだるような暑さが続いておりますね。

人間でも熱中症で倒れているというニュースが出ておりますし、高校野球でも冷暖房完備の球場を作ろうか?問動きも出ておりますね。

で、気になるのが人間よりアスファルトなどの反射熱を直に受けやすい地面に近く、かつ毛皮をまとっている犬や猫

大事なペットの犬や猫が熱中症にかかったらどんな症状が出るのか?

また、対処法や対策や予防方法は知っておいてもいいかもしれません。

痙攣吐いたりしているようであれば急いでくださいね!

 
Sponsored Link
 

犬猫の熱中症の症状(痙攣/吐く)は?

 

犬や猫熱中症にかかった場合どんな症状になるのでしょうか?

人間の場合は言葉を発せますので自分が体調が悪いということを言えますが、いくら心が通っていても、今の自分の現状を犬や猫は言ってくれません。

ちなみに大人よりも子供が熱中症にかかりやすいのは太陽の熱を反射する地面に近いからです。

※老人の場合は体温調節機能の衰えや、熱中症にかかっていることをあまり感じていない場合があったりします。

そのことを考えると地面に近い所で生活している犬や猫も熱中症にかかりやすいのではないでしょうか?

で、犬が熱中症にかかった場合の症状はどんなものがあるのでしょうか?

初期症状としては
遊んだりせずにぼーっとしていて、ひたすらハァハァと荒い呼吸をしている

初期症状を超えると

下痢・嘔吐・ふるえ・発作・意識消失

となってきます。

なので痙攣や吐いたりしているようであれば早めに動物病院に連れていくことをお勧めします。

猫が熱中症にかかった場合の症状はどんなものがあるのでしょうか?

猫も犬と初期症状から重症までほとんど一緒で

・呼吸が荒い(パンティング)
※ハァハァと舌を出しあえぐような荒い呼吸=パンティング

・よだれをダラダラ垂らす

・心拍数の増加(頻脈)

・おもちゃや呼びかけへの反応が遅い・反応しない

・日陰に行きたがる

・歩きたがらずその場にうずくまる

・ふらつく(運動失調)

・歯茎などの粘膜が乾燥する

・口の中が鮮紅色

・吐く・嘔吐する

・痙攣

などがあります。

 

犬,猫,熱中症,症状,痙攣,吐く,対処,対策,予防,方法
 

犬猫の熱中症になったさいの対処法は?

 

犬や猫が熱中症になった際、重症の場合はすぐに動物病院に行っていただいて大丈夫です。

そこで獣医さんから適切な処置や対応を受けてください。

ちなみに軽症の場合の対処法としては、

・すぐに涼しい場所で休ませ、水を飲ませます。

・濡らしたタオルや冷風ドライヤーなどで脇・内股・首など太い血管が通っているところを冷やします。

といった人間と同じ対応をしてください。

ちなみにこれでも30~60分して元気にならないようであれば、この場合も動物病院をおすすめします。

 
Sponsored Link
 

犬猫の熱中症の対策や予防方法は?

 

犬や猫の熱中症の対策や予防方法は?というと、これも人間とほぼ同じですね。

まずは外で放し飼いをしている猫や外で飼っている犬もできれば一時的でいいので部屋の中で飼うことにしてください。

また、その際もエアコンをつけずにおくのではなくエアコンをつけて過ごしやすい状態にしておきましょう。

新鮮な水をいつでも取れるようにしておくことも忘れずに。

どうしても室外でしか飼えないという場合は日陰で風通しがよい場所にしてください。

この場合も水を忘れずに。

散歩も日中はアスファルトが50~60℃となっていることがあるので朝や夕方がおすすめです。

また、排尿することで体温を下げるのでトイレは清潔にしておきましょう。

生活しやすい環境というのは車の中でも同じで暑い中しめ切ったままにしない。とか、

猫の場合ですとケースの置き場所や直射日光が当たらないようにするなど、気を付けましょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 自然 , , , , , , , , ,