【東京被害状況】台風19号(2019)直撃で多摩川や荒川の氾濫危険性は?避難場所はどこ?


平成の時代はそれほど東京都は台風にさらされなかった気がしますが、令和になって2度目の台風。

何か自然が祝ってくれているのか、それとも試練なのか、、、

そんな2019年地球史上最大級の台風19号での東京の被害状況を見てみたいと思います。

台風19号の直撃で多摩川や荒川の氾濫危険性や最新(10月12日18時)の多摩川や荒川の状況をお伝えします。

 

Sponsored Link

【東京被害状況】台風19号(2019)直撃で多摩川の氾濫危険性は?現在の状況は?

 

2019年では台風15号が千葉に大停電などをもたらしましたが、それよりも強いといわれている台風19号

2019年10月12日18時時点ではまだ静岡にいますが、これから東京方面に移動していきます。

で、まだ中心がそんなところにいるのに東京では浸水被害が出ているようです。

まずは多摩川の氾濫危険性ですが、、、

 

のように徐々に水かさを増していっています。

ヤフーで公開されている河川水位情報ですが、2019年10月12日18時時点で多摩川氾濫危険水位を超えています。。。。

 

 

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/8303050001/

といっても河川全体が!というわけではなく一部の部分だったりするんですが、それが上流だったらそこからか下流はすべて氾濫するということですが、、、

画像をクリックしていただければヤフーの多摩川の河川推移情報に飛ぶようになっています。

ちなみに基準水位ですが

 

のというようになっています。

 

という感じです。

ちなみに多摩川が氾濫した際はどこに避難すればいいのでしょうか?

Sponsored Link

台風19号(2019)直撃で多摩川が氾濫した場合の避難場所はどこ?

 

台風19号(2019)の直撃で多摩川が氾濫した場合は避難場所はどこになるんでしょうか?

大田区の避難場所になります。

 

大田区の避難所
大田区ホームページ:台風19号接近に伴う水害時緊急避難場所

↑のリンクは非常につながりにくくなっています。

大田区のツイートも参考までに

 

世田谷区の避難所は

 

世田谷区の避難所

世田谷区:台風や大雨による土砂災害にご注意ください

世田谷区のツイートも

 

次は荒川を見ていきたいと思います。

Sponsored Link

【東京被害状況】台風19号(2019)直撃で荒川の氾濫危険性は?現在の状況は?

 

次は荒川を見ていきたいと思います。

多摩川とならんで東京を走る河川:荒川

そんな荒川ですが2019年の台風19号での現時点(2019年10月12日18時)の被害状況は?というと、、、

 

 


と、こちらも氾濫の危険性がありますね。。。

ちなみにヤフーの荒川の河川水位情報ではこちらも氾濫危険水位を超えています。。。

 

 

となっています。

こちらも画像を押していただけばヤフーの河川水位情報に飛ぶようにしています。

荒川の場合は氾濫した場合はどこに避難すればいいのでしょうか?

Sponsored Link

台風19号(2019)直撃で荒川が氾濫した場合の避難場所はどこ?

 

2019年の台風19号で荒川が氾濫した場合の避難所はどこになるんでしょうか?

荒川は関わっている市町村が多いので載せられていないところはご自身で調べていただくようお願いいたします。

Googleで『自分の住んでいる市 避難所』とか『自分の住んでいる市 市役所HP』とかで見ることが出来ると思います。

熊谷市の避難所

 

熊谷市のツイートもご紹介しておきます。

ただ、東京までくるとまだ(10月12日18時時点)多摩川ほど推移が上がっているわけではないようですね。

今後注意が必要になってくるかもしれませんのでご注意ください。

荒川区の避難場所です。

ただ、警戒レベルが3なのでまだそこまで多くはないようですね。

 

荒川区のツイートも埋めておきます。

荒川区のHP

次は墨田区の避難場所です。

墨田区は10月12日18時現在墨田区のHPが繋がりにくくなっています。

その為フェイスブックやツイッターで情報を入手してくださいとのことです。

ツイッターも

 

一応墨田区のHPもご紹介しておきますね。

墨田区のHP

次に江戸川区の避難場所です。

江戸川区の避難場所

江戸川区のHPはまだ生きてますね。

江戸川区のHP

ツイートも

という感じです。

東京都はまだ避難場所の一覧などはまとめていないようですが一応ツイートをご紹介しておきますね。

上記以外にこの区のもあればいいということであればお知らせください。

最後に、氾濫の様子を撮りにむやみに河川に近づいたりしないように、また、危ないと思ったら避難してくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です