福地桃子の出演ドラマをwiki風に紹介!リバースに出演していた?


福地桃子さん。哀川翔さんの次女で現在、女優&タレントをやられているのかな?

そんな福地桃子さんが出演されたドラマやプロフィールを身長までwikipedia風に紹介したいと思います。

なんかネットを検索しているとリバースという単語がありますが、これ湊かなえさんのリバースですよね?

金曜ドラマの。あれ?福地桃子さんて出てましたっけ?


Sponsored Link

福地桃子の出演ドラマをwiki風に紹介

 

福地桃子,出演,ドラマ,wiki,紹介,リバース,出演
 

福地桃子さんですが、哀川翔さんの次女です。

現在は、1997年10月26日ということなので19歳ですね。

で、そんな福地桃子さんですが、最初は借王というドラマで哀川翔さんと親子で共演されたことがきっかけだそうです。

今まで出演されたドラマはこちら

出演
テレビドラマ
・借王
・潜入捜査アイドル・刑事ダンス
・痛快TV スカッとジャパン

追記→

CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017 スペシャル“胸キュン”ドラマ「愛が呼ぶほうへ」(2017年12月25日、TBS)
あなたには帰る家がある(2018年4月13日 – 6月22日、TBS) – 池田こはる 役
チア☆ダン(2018年7月13日 – 9月14日、TBS) – 芦田さくら 役
連続テレビ小説 なつぞら(2019年4月1日 – 9月28日、NHK総合) – 柴田(小畑)夕見子 役
映画
あまのがわ(2019年2月9日) – 主演・琴浦史織 役
あの日のオルガン(2019年2月22日) – 森静子 役
引用:wikipedia

という感じなります。wikipedia風にしてもすくなかったですね。。。

最近はタレントとしてもTVに出られているようなので今後お目にかかる回数は増えてくるかもしれませんね。

Sponsored Link

福地桃子の身長などのプロフィールをwiki風に紹介

では、次に福地桃子さんの身長などのプロフィールをwikipedia風に紹介したいと思います。

福地桃子のプロフィール

本名 福地桃子

(これはおそらくとなってしまいます

哀川翔さんの本名が福地家宏さんなのでおそらく本名かと)

生年月日 1997年10月26日(19歳)
出生地 日本・東京都
身長 153cm
職業 女優・タレント
ジャンル テレビドラマ
活動期間 2014年 –
著名な家族 哀川翔(父)
青地公美 (母)元女優
事務所 レプロ

あれなんですねお父さんの哀川翔さんと事務所が違うんですね。

まぁ、哀川翔さんは有限会社ビンゴという個人事務所になっておりますのでまだ名前が売れていない福地桃子さんにとっては最初から所属するのは大変だったのかな?と思います。

ですが、福地桃子さん、哀川翔さんの娘さんということなのでこんなに可愛いのに彼氏ができるかどうか心配ですよね。

一般人であればまだある程度話が進んでから、「実はうちの父親哀川翔なんですけど」という感じで行けると思うんですが、、、

芸能人の場合、あの哀川翔さんの娘に手を出すということは自分の命を懸けないといけない。っていうことですからね(笑)

福地桃子さんではないですが、家族で出かけるときに長女が髪の毛のセットで皆を待たせたときに、ぶち切れた哀川翔さんがカベを殴って、小指骨折。かつそこから骨がむき出しに。。。。

そういう恐怖が待っております!

あれですね、福地桃子さんと付き合う方は、家に入ったらまずは靴をそろえる。

最初はお客としてなら上座に座り、慣れてきたら下座に座るなどそういった礼儀作法がなっている人じゃないとだめかもしれませんね(笑)

Sponsored Link

福地桃子ってドラマ「リバース」に出てました?

福地桃子さんって女優ではありますが、ドラマ「リバース」に出演されていましたっけ?

リバース(ドラマ)の感想・あらすじのまとめ

毎回見ていたんですが、どこで出ていたのか不明です。

で、調べてみました。ネットでは福地桃子・ドラマ・リバースという語彙で確かに調べられておりますが、、、

そこで調べてみました!

結論:出演されておりません。

理由としてはリバースに出演されている山口まゆさんか趣里さんに間違われたのかな?って思ってしまいました。

山口まゆさんの画像

福地桃子,出演,ドラマ,wiki,紹介,リバース,出演
趣里さんの画像

福地桃子,出演,ドラマ,wiki,紹介,リバース,出演
この画像を見てみると趣里さんのほうですかね。

趣里さんはとと姉ちゃんにも出演されていた女優さんですよね。

あとそれ以外ですと、福地桃子さんって足立梨花さんに似ていると言われておりますよね。

似ているのはいいんですが、そこから頭一つ抜けるのが大変そうなのでそこは哀川翔さんの娘という点を使っていけばいいのかな?と思います。

それでは、今後のより一層のご活躍をお祈りいたします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です