>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

別所哲也の代表作は「ハムの人?」懐かしいCM・ドラマを振り返る


別所哲也(べっしょてつや)さんは俳優だけに留まらず、高学歴なインテリ枠でコメンテーターとしても活躍。

多くのミュージカルで観客を魅了する別所哲也さんですが、「代表作がハムの人?」という噂があります。

そこでここでは別所哲也さんにまつわる『ハム』を調べてみたいと思います。

また懐かしのCM・ドラマを紹介しますので最後までお楽しみください。

スポンサーリンク

別所哲也は高学歴俳優だった!出身大学はどこ?

ミュージカル・ドラマ・映画でマルチな活躍をみせる俳優・別所哲也さんは、高学歴なインテリ俳優としてコメンテーターの仕事もされています。

1965年静岡県島田市で誕生した別所哲也さんは、藤枝東高等学校を経て

「慶應義塾大学法学部・法律学科」に進学。

ちなみに法学部・法律学科の偏差値は『70』です。

慶応大学の中でも難関と言われる『法学部・法律学科』を卒業した別所さんは、頭脳明晰な方ということがうかがえますね。

子供の頃から英語が好きだった別所哲也さんは、「外交官」を目指していたようです。

ところが、得意な英語力を伸ばそうと始めた英語劇に出演するうち、俳優業に魅力を感じてのめり込んでいきました。

大学卒在学中に受けたミュージカルのオークションに合格した別所さんは、「ファンタスティックス」でデビューを飾ります。

スポンサーリンク

俳優の道に進んだ別所哲也はハリウッドにも進出!?

https://twitter.com/spearmanotsubo/status/1221262368128110592

ミュージカルでデビューした別所哲也さんはテレビドラマに進出したものの、端役ばかりだったとか。

オーディションに落ち続け後輩に先を越され焦っていたそうですが…。

そんな別所哲也さんに転機が訪れたのは1990年のこと!

なんと別所さんは

ハリウッドの映画「クライシス2050」のキャストに抜擢され映画デビューを果たします。

ハリウッドのスタッフ・キャストが製作したSF映画「クライシス2050」の製作費は70億円という大作ですが…。大赤字だったなんて噂。

それにしても、ハリウッド映画がデビュー作になるってすごいことですよね!

別所さんは得意の英語を活かし、オーディションで勝ち取ったハリウッド映画『クライシス2050』で注目を集めます。

スポンサーリンク

別所哲也はドラマに進出するも冴えない役が多かった!?

ハリウッド映画に出演し注目を集めた別所哲也さんは、次々とドラマに出演します。

1992年1月には、ワンクールに2つのドラマに出演したことも!

  • 日本テレビ系『ひとりでいいの』では、主人公の松田聖子さんにフラれる恋人役。
  • TBS系『おとなの選択』では、主人公・沢口靖子さんに婚約破棄される元彼役。

2つのドラマにメインキャストとして主演し、見事に演じ切っていました。

また平均視聴率「17%」をマークしたドラマ『同窓会』では、昔の恋人を引きずる情けない既婚者役を演じるなど、当時の別所哲也さんは「ちょっと冴えない役」が多かったようです。

かなり過激なテーマを描いた同窓会は、当時の若者に衝撃を与えました。今なら放送NGでしょうね。

スポンサーリンク

別所哲也の代表作は「ハムの人」って何?

別所哲也さんについて検索すると「ハム」というワードが飛び出します。

実は別所さんは1996年から2005年まで

「丸大食品」のハムのCMに出演していました。

同CMはお中元・お歳暮シーズンになると「ハムを抱えた」別所さんが挨拶に回るという内容。

10年近くこのCMに出演した別所さんは、親しみを込めて「ハムの人」と呼ばれるようになったそうです。

長年愛された「ハムの人」キャラは、別所哲也さんの代表作と言っても過言ではないですね。

スポンサーリンク

別所哲也の代表作はハムの人?得意の英語でハリウッド映画にも出演?

慶応義塾大学法学部・法律学科を卒業した別所哲也さんは、俳優のみならず、コメンテーターやクイズ番組でも活躍しています。

子供の頃から得意な英語は、大学時代に所属した「英語劇」でさらに磨かれ、ハリウッド映画のキャストを勝ち取りました。

トレンディドラマの全盛期、別所さんは多くのドラマに出演しますが、なぜか?冴えない役柄が多かったようです。

代表作と言ってもいい「丸大ハム」のCMでは、『ハムの人』という愛称で子供にも親しまれる存在になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です