>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

松たか子総絞りの着物の値段は?アカデミー賞での総絞りの着物の価格は?


第92回アカデミー賞受賞式のレッドカーペットに、

「映画アナと雪の女王2」のエルサの声を演じた松たか子さんが出席されました。

 

世界のエルサが、どれほど豪華な衣装で登場してくるのか注目の中、

松たか子さんは落ち着いた服装で現れ、「綺麗」「素敵」だと話題になっています。

 

総絞りの着物でかなり高級な着物らしいです。

 

そこで今回は、松たか子さんの着物についてまとめました。

スポンサーリンク

松たか子さんの総絞りの着物

第92回アカデミー賞授賞式のレッドカーペットに松たか子さんが、着物姿で登場されました。

松たか子さんの着物が地味との声もネット上で上がっていましたが、

とても華やかで、煌めいていますよね。

さすが、松たか子さんといったところでしょうか。エルサ・女王にふさわしい品格です。

スポンサーリンク

松たか子総絞りの着物でアカデミー賞

松たか子さんの着物が総絞りだと、とても話題になっていますよね。

 

まず、「総絞りって何?」と思う方もいらっしゃると思うので、

総絞りについて簡単に説明させていただきます。

 

総絞りとは、着物の布地全体を「絞り染め」という技法で染め上げた技法のことです。

絞り染めを布地全体に施した総絞りの着物は、一粒ずつ括っていく細かい作業が必要なため、大変な手間暇をかけて作られています。

 

さらに、松たか子さんの着物は、四つ花菱(高麗屋の家紋)というものすごく価値の高いブランドの着物のようです。

 

これほど素晴らしい着物を着ていらっしゃっても、パッと見地味と思わせるのは、

松さんの着こなしが素晴らしすぎてそう思わせるのかもしれませんね!

スポンサーリンク

松たか子の総絞りの着物の驚きのお値段!

上記で紹介したように、ここまですごいと「一体値段はいくらになるんだ…?」と気になりますよね。

 

なんとそのお値段は…

1000万円越え!

『総絞り』の最高級品で200万円~1000万円ほどし、金の刺繡で縫い込まれた高麗屋家紋と、金色に輝く「花菱七宝繋ぎ」の帯を見る限り、1000万円はくだらないと予想されます。

場合によっては3000万円することもあるらしいです。

「きっと高価なんだろうなぁ」

と予想はしていましたが、想像をはるかに超えてきましたね。(笑)

 

 

この日のために作られてきた着物なのか、代々伝わるものなのかはまだわかりませんが

情報が分かり次第追記していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です