>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

前田日明アウトサイダー伝説!坂田亘や赤井英和もフルボッコ!?


前田日明が、格闘家でもある人気YouTuberと共にメイド喫茶へ。

誰と一緒?それは『かいちゃんねる』で有名な朝倉海。

あの前田日明が”メロメロらぶりんあっきゅんご主人様”と呼ばれニコニコ顔。


スポンサーリンク

伝説のアウトサイダー前田日明が、ご主人様に!


総合格闘技イベント『RIZIN』のリングで大活躍し、昨年末の大みそか大会では
メインのリングに立った海選手。
格闘家としてはもちろん、兄の未来(みくる)とともに多数のチャンネル登録者数を誇る
YouTuberとしても人気を集めている。

2人は前田氏が主催する格闘技イベント「THE OUTSIDER」で頭角を現し、
これをきっかけにメジャーの舞台へ進出した。

そんな自分にとって“恩人”である前田氏がYouTubeチャンネルを開設したため、
海選手は前田氏の動画に対談相手として出演。
しかし対談するだけにとどまらず、自身の動画にも前田氏を出演させ、
なんとメイド喫茶に連れ出すことに成功した。

 

ピンクのバンダナ&黒縁メガネ&チェックシャツをパンツに入れたスタイルに着替えた
前田氏は「このシャツなかなか良いでしょ。サイズもピッタリだし」と
意外にもご機嫌な表情で、メイド喫茶の入り口に着くと「なんだこれは。マジかよ」と
やや戸惑いながらも入店。メイドとノリノリでトークを楽しむ前田日明。

 

「メロメロらぶりんあっきゅんご主人さま」

というニックネームをもらうと、この日一番の笑顔になった。

「ふりふりシャカシャカみっくすじゅーちゅ」

をオーダー。

得意のシェイカー振りの腕前を披露し、キュンキュンポーズをしながら
「おいしくな~れ」と歌い、猫耳を着けてメイドと2ショットを撮るなど、
メイド喫茶をひたすらエンジョイ。

 

退店後のトークでは「疲れたなぁ」と本音も漏らしていたが、
普段はコワモテで知られる前田氏の衝撃の姿に、往年のファンからは

「俺たちの前田日明が…信じられない」

「新たな格闘王伝説の1ページを生み出すつもりか?」

と驚きの声があがったが、「あの服装が似合いすぎ!」「まじ最高やった!!」
「マジで面白すぎだろ!」「海くんはとんでもないハードルを超えた!」と
絶賛が続々と寄せられている。

強面とのギャップにプロレス層以外のファンが増えそうですね。

スポンサーリンク

伝説のアウトサイダー前田日明って誰?


前田日明は元プロレスラーです。

日本の格闘技の根本を作ったのがアントニオ猪木で、その弟子が前田日明であり、
初代タイガーマスクの佐山サトルが日本の格闘技の基礎を作ったと言えます。

前田日明はプロレスの世界に格闘技の要素を取り入れ、後のK-1やPRIDEに発展して行きました。

スポンサーリンク

若い頃の前田日明

少年時代の前田日明さんは空手に励む少年でした。
初段を取った頃、ある日先輩からこのように言われます。

 

初段っていうものは仮免許のようなものだ。仮免には路上教習がある。
そういう理屈で度々先輩に呼び出され、ストリートファイトをたらされたり、
暴力団関係の人にケンカを売って叩きのめし、
その人の付けている組バッチを奪取してこいという指示だったそうです。
もうめちゃくちゃな修行時代ですね。

大人になり新日本プロレスに入った前田日明さんはほどなく、
新日本プロレスがもうひとつ別に立ち上げた団体UWFの所属選手になりました。

UWFは従来型のプロレスとは違って、蹴り技や関節技が主体のプロレスでば地味でした。
それでも、一部に存在するマニアックな格闘技ファンの間では高く評価されていました。
それでも、資金繰りには苦しんでおり、やがて活動は休止になりました。

そして前田日明さんは、再び新日本プロレスのリングに上がることになります。

前田日明のフルボッコ武勇伝

プロレス業界を代表する一人でもある前田日明さん。
実は、昔は相当なヤンチャだったのです。

前田日明さんは少年時代から「少林寺拳法」をしており、
高校時代には空手を習って言います。
最終的に空手は「2段」を取得するなど、ただヤンチャなだけではなく
武道に対しても一生懸命取り組んでいました。

 

前田日明さんはプロレスラーの仲間をフルボッコにしたことがありました。
「坂田亘選手フルボッコ事件」の名の通り坂田亘さんをフルボッコにしていました。

 

前田日明のUWF軍 対 長州力の維新軍の6人タッグマッチにおいて、
UWFの木戸選手に長州力がサソリ固めをかけていたときになんと、
前田日明が乱入し、さらには「顔面キック」をします。

理由は、勢いのある全日本プロレスでの天龍・輪島戦の衝撃に対抗するためと
明かしていました。

ハングレ?とも間違うような数々の武勇伝はあまりにも有名ですね。
武勇伝は現在進行形なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です