>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

アベノマスクが給食見たいと草生えるが辛辣。布マスクはいつでどこから?洗い方はどうなる?現金給付はないの?


昨日4月1日新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクの品薄状態が続いています。

この状況を大すべく安倍首相は、全国世帯を対象に1つの住所当たり2枚の布マスクを配布するという対策を取りました。

ネット上ではこの対応について賛否両論があり、どちらかといえば非難の声が多い状況です。

 

こういう厳しい状況だからこそ国の対応について、世間の目はいつもよりも厳しく皮肉を込めた「アベノマスク」という造語が生まれました。

Twitter上では給食当番みたい、草生えるなど辛辣なコメントが多く上がっていました。

 

今回は国民の生の声がどのような状況なのか?

実際に布マスクの配布はいつからでどこからなのか?

布マスクが届いたときにどのように使えば良いのか?洗い方について

国民が求める現金給付について

リサーチいたしました。

 

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

アベノマスクが給食みたいと草生えるという辛辣コメント

Twitter上ではマスク2枚という国の対応に非難の声が多い状況です。

そういった状況のためか国民は粗探しや煽りが多い状況になってしまっています。

1世帯でマスク2枚しかもらえなかったら、2人以上の家族の場合はどうすれば良いのか?

その状況から作られたのがこのサザエさんのコラ画像です。

その他にも安倍首相についてはマスクの着脱シーンの瞬間をスクショした画像が出回ることやマスク2枚の対策から、マスク2枚つけたコラ画像も流出している状況です。

コロナウイルス が蔓延して国のピンチなときに揚げ足どりはよくないのはわかりますが、他の国の対応と比較してしまうと

日本の対策の出遅れ感、対応の低さというところから不満がたまりこのようになってしまったのでしょうね。。。

 

スペインやフランスは全額の休業補償、アメリカでは13万円の支給など現金給付が行われています。

それに対して、日本はお肉券やお魚券、今回のマスク2枚配布がいけなかったという判断をされる方の方が多いようです。

 

マスク2枚の製造と全世帯に配布するコストを考えた際に、作り方を全世帯に配布した方がコストがかからず早くマスクを浸透させることができるので、その分の浮いたお金を他の対策に使って欲しかったところです。。。

 

安倍政権のこれからの動きを要チェックとともに、次の対策に期待しています!

スポンサーリンク

 

アベノマスク、布マスクの配布はいつでどこから?

アベノマスクの対策が行われいつから配られるのか?どこから配られるのかの配布方針が定まりました。

再来週以降、4月中旬以降に感染者の多い都道府県から順番に配布すると決まりました。

明確にどこからとは決まっていませんが、感染者数からいくと東京、北海道、愛知の順番で配られるのでは?と推察できます。

感染者数が少ない地域に配られるのはもしかしたら5月、6月ということもありえそうですね。。。

一刻も早くマスクが到着すること、マスクの増産体制が整いマスクが普及していくことに期待です。

スポンサーリンク

アベノマスク、布マスク再利用のための洗い方とは?

普段使っている使い捨てのマスクと違い、布マスクは再利用が可能です。しかし、そのまま使い続けるのは危険なため布マスクは洗うことが必要です。

アベノマスク、2枚のマスクが届く前に布マスクの洗い方を把握しておきましょう!

 

実際に詳しく見ていきましょう!

マスクは、咳やくしゃみなどの飛沫からウイルスが拡散することを防いだり、手に付着したウイルスが手を介して口や鼻に直接触れることを防いだりするために有効です。

1.標準濃度の衣料用洗剤(使用量の目安に従って洗剤を水に溶かしたもの)に
マスクを10分ひたし、水道水でためすすぎをしたあと、マスクの水気をきる。
2.塩素系漂白剤15mlを水1Lに溶かして、マスクを10分ひたす。
3.水道水を用い充分にすすぐ。
4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る。
5.形を整えて干す。

布マスクを洗う際の注意点も書かれており、手袋をつけて洗うこと、他の人のマスクと一緒に洗わずに1つ1つ洗うこと、マスクの繊維を痛めないように揉み洗いをしないことなど、非常にわかりやすく丁寧にまとめてくれています。

 

企業のサポートが素晴らしいですね。布マスクが届いた際には適切な洗い方をして、布マスクを使用しましょう!

アベノマスクよりも現金給付はないのか?

麻生太郎財務相は4月1日の会見で、リーマン・ショック2009年の現金給付のことを議題にあげ、「二度と同じ失敗はしたくない」と述べられました。

この2度と同じ失敗をしたくないとは、リーマンショックの時に全国民に12000円配布したことを示唆している。

この12000円は国民は覚えておらず効果がなかった。という風に麻生太郎財務相は捉えており、今回の現金給付に慎重になっています。

 

ただし誰にも配らないというわけではなく、収入が減少した個人や世帯などに絞り現金給付を考えていくと方針を固めていく流れのようです。

どうしても他国の対応と比べてしまう自分がいてしまいますね。

これからの対応に期待を込めて見守るしかないですね。。。

 

個人だけでなく維新の会でも現金給付をプッシュの意見が取り上げられています。

世論では圧倒的に現金給付の状態です。

このように活発に意見が出てリクエストが出ていけば現金給付の未来をも切り開けるかもしれません。

麻生太郎財務相のリーマンショックはかなりトラウマだったのでしょうが、今回の対策国民が求める方向に舵をとってくれることをお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です