>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

緊急事態宣言(緊急宣言 )アパレルなど異業種参入マスクに注目!


コロナ禍をうけてマスクの品薄状態が続き、通常はマスクを製造していない会社がマスクの生産に乗り出す「異業種マスク」が話題を呼んでいます。


スポンサーリンク

緊急事態宣言(緊急宣言 )マスク販売にブラジャー屋?


女性の下着をおもに縫製するAtsumi Fashionが、「ブラジャー屋が本気出してみた」とレースがついたピンクのマスク画像をツイートしたところ、5.3万リツイートと23万いいね!がついたそうです。

「いつまで続くか分からないので、デザイン性のある商品も必要です。
でも、男性が付けていると、職務質問されそうですね。」
「美しい!が、服とのバランスが難しそう」「売れる 間違いなく」「ネイビーなど色抑えたのもいいね。」「マスク泥棒が現れそう。」「お!これは3点セットの勝負マスクですね?淡いピンクでフリフリ付き。とっても日本的で可愛らしい。」「やはり、ブラに見えるよ 女性だけど使いたくないわw」「ブラジャー過ぎます」と、リプ欄はさすがに賛否両論のようです(笑)

しかし、富山県氷見市から依頼を受けてマスク生産を始めたという「あつみファッション」(本社:富山県氷見市)の日名田城宏さんによれば、「いえ、大丈夫です。これはちょっと使えないという方には、無地の不織布マスクもありますよ。素材も縫製も下着仕様ですから、着け心地も抜群なハズ。」とのこと。

いくら増産ニュースがあっても、相変わらずドラッグストアの店頭には出回りません。使い捨てより洗って繰り返し使えるマスクが人気ですね。手作りされている方も多い中、お洒落マスクの需要も上がりそうですね。

スポンサーリンク

緊急事態宣言(緊急宣言 )マスク販売にてぶくろ屋?


政府による布マスク配布も、各企業によるマスク増産も、なかなか一般には出回らないマスク問題の解決の為に日本一の手袋産地にあるてぶくろ屋さん「フクシン」が、手袋縫製技術とニット手袋の編立技術でマスクを緊急生産し販売を開始しますと言う。

①表は第一紡績の光触媒繊維サンダイアを使用
①-1 黄色ブドウ球菌、肺炎かん菌、大腸菌、MRSAなのどの菌に対して、晴天時5時間程度日中に干すだけで強力な抗菌効果を発揮します。
①-2 気になるニオイをシャットアウト
①-3 汚れの原因の皮脂を分解し、汚れを防止します。
①-4 平均紫外線遮蔽率97.0% UPF45
①ー5 何度洗濯しても効果を持続します。
①ー6 吸水・速乾機能と毛羽たちを抑える機能

②既存商品(第一弾分)をお使いになったお客様からのご要望で、サイズのバリエーションを増やしました。S・M・Lサイズで展開します。
③肌に当たる裏側は、敏感肌の方にも安心のコットン100%を使っています。

日本製なので、一日に100枚程度しか製造できないとのことですが、アベノマスクより実用的。コチラがほしいです(笑)

スポンサーリンク

緊急事態宣言(緊急宣言 )マスク販売に靴下屋?


使い捨てマスクの品薄状態を受け、繰り返し使える布製マスクの販売を始めた江北町のイイダ靴下に、全国各地から注文が相次いでいるそうです。

イイダ靴下が販売している布製マスクはガーゼ素材マスクとニット製マスクの2種類。ガーゼ素材マスクは1日当たりの生産量300枚に対し、8400枚の注文が入り、予約受付をいったん停止しています。

ニット製は編み機1台で1日当たり100枚ほどを作っていたが、2日までに10台に増やす増産体制を取った。ニット製のマスクは引き続き予約を受け付けるという。

再販はホームページでチェックですね。通販できれば並ばずに購入でますものね。

スポンサーリンク

緊急事態宣言(緊急宣言 )マスク販売にあのブランド?


新型コロナウイルスにより品不足に直面しているマスク生産に、高級ファッションブランドのサンローランとバレンシアガがマスク生産に乗り出すと、親会社の仏ケリングが明らかにしました。

ケリングによると、生産工程と材料について正式に認可され次第、生産を開始するという。すべて医療機関などに寄付するため、残念ながら販売はしないとのこと。

ロゴが入るかなど、詳細はまだ分からないといいます。一方、「プラダ」もブラウスなどの製造ラインを変更してマスクの生産を開始。来月6日までに11万枚のマスクを作る予定だそうです。

マスク販売は、違法な転売はある程度法の規制で減少したものの、一般市民が不通にドラッグストア等で購入できる見通しはありません。今後も手作りや異業種からのマスクニュースに注目したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です