>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

大阪府、医療現場で防護服不足!雨がっぱ10万着以上の提供申し出


新型コロナウイルスの治療にあたる医療現場での防護服が不足しているといるという呼びかけに対して、雨かっぱ画面10万着以上の提供があったと大阪市の松井一郎市長が感謝の気持ちを述べていた記事について、色々探ってみました。


スポンサーリンク

[新型コロナウイルス]大阪府の医療現場について


大阪府の医療現場が、大変なことになっているようです。

マスクもない、防護服もないという事件!!

医療崩壊も寸前かもしれませんね。

防護服がなくゴミ袋をかぶってやっているって、すでに医療現場のスタッフも感染している可能性が高くなってくる。

雨がっぱの方がゴミ袋に比べるといいかもしれませんが、完ぺきではない。

このままいく医療現場のクラスター感染は免れないかもしれない。

&nbsp

スポンサーリンク

s新型コロナウイルスのウイルスは雨かっぱで対応できるのか

防護服が不足しておりゴミ袋で対応している大阪府は雨かっぱでも確実ではないが、消毒しながら複数の患者に対応できるのではないかとしている。

が、消毒液も不足している現在では、現実的な対応とは言い難いと考えます。

厚生労働省は雨かっぱについては、例外的に医療現場においての再利用を認めているとの通知を出している。

認めているのは認めているが果たして代用できているのかの詳しい見解はない。

今の状況からすると、ゴミ袋より雨がっぱというまだ感染率が低くなる方を推奨しているだけのように思える。

 

 

スポンサーリンク

大阪府は新型コロナウイルスで医療崩壊、寸前!?怒りの声!!!

 

雨がっぱを買取する前にどうして防護服が不足になるまで行動を起こさなかったのか??

イタリアやアメリカの医療を目の当たりにしていたのではないかと国民の怒りを買っている。

雨がっぱを回収している時点ですでに医療は崩壊しているのではないかとたくさんの声が出ている。

もはや私たちに出来ることは不急不足の事態がない限り外にはでないこと。

感染をしないために出来ることをする。

今の医療現場をこれ以上悪化させないためには、これしかないと思われる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です