>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

高田延彦がPCR検査の現状を批判!家族や年齢、現在の活動は?


総合格闘家でタレント、高田延彦(58)が自身のツイッターで日本国内でPCR検査が気軽に受けられないことについて疑問を投げかけました。「出てこいや」でお馴染みの高田延彦の家族や年齢、現在の活動について調べました。


スポンサーリンク

高田延彦がPCR検査の現状を批判!批判の理由は?

高田延彦は4月19日に自身のツイッターで、PCR検査を多くの人が受けることができれば、陽性の人は人と会わないようにできるのにと、検査数が増やせていない現状に対して批判をしました。

これに対し、マスクをばらまくより検査を増やすことが必要だったとする声や、もっと検査を増やすべきと賛同する声が多く寄せられています。

その一方で、国民全員の検査は現実的ではないとする声や、PCR検査の精度は過信できないという声も上がっています。実際、現在の検査は数時間がかかるばかりか精度にも課題を抱えており、各社が改善に乗り出しています。折角検査を受けても「偽陰性(ぎいんせい)」となる可能性があると、検査してもなかなか安心できませんよね。また、今のままでは検査の実施に従事するスタッフが足りないという指摘もされています。高田延彦が望む状態となるには様々な条件が整う必要がありそうです。

高田延彦は最近テレビに出ていない?現在の活動は?

スポンサーリンク

頻繁にツイッターを更新している高田延彦ですが、最近テレビで出演しているところを見る機会が減りました。現在の活動を調べてみると、自身が代表取締役を務める高田道場で日々トレーニングを実施している様子をインスタグラムで確認できました。2002年の引退後も、トレーニングを継続されているようですね。

高田延彦の家族や年齢は?子供は代理出産?

https://www.instagram.com/p/B7yXTzIhjy-/?utm_source=ig_web_copy_link

いつまでもパワフルな高田延彦ですが、現在の年齢は58歳。家族はタレントの妻、向井亜紀(55)と双子の息子の4人です。実はこの双子は二重国籍で、アメリカと日本の国籍を持っているそうです。高田延彦と向井亜紀は日本国籍なのに、なぜ息子2人は二重国籍なのでしょうか。

理由はアメリカの女性に代理出産をしたため。向井亜紀は2000年の妊娠判明時に子宮頸癌が見つかったため、代理出産の選択をしたとのことです。1度目の代理出産はうまくいかず、2度目で双子を授かることができました。日本の法律では、”出産した女性”しか母親と認めないため養子縁組を結ぶ必要があり、心情としては複雑だったのではないでしょうか。ただ、それでも2人で子供を育てていきたいという強い意志が素敵ですよね。

2019年夏、中学3年生でアメリカ留学を決断した息子2人は、21歳までに国籍を選択することになります。大学は日本で通いたいと考えており、アメリカでは代理母のシンディにも会っているようです。現在もアメリカ滞在中だと思われるので、今後の将来を見据える期間となるのではないでしょうか。父親の高田延彦と同じく格闘技に興味が出てくるのか、気になるところですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です