>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

宮藤官九郎さんの現在の病状は?治療の際に投与されたのはアビガン?


 

日本の脚本家宮藤官九郎さんが新型コロナウイルスに感染し話題になりました。新型コロナウイルスに感染する前に腎盂炎(腎盂という器官に細菌が入り込み炎症を起こす)と診断されて治療を受けていました。

ですがもう一度検査を受けた際に間違っているじゃないかとなりコロナウイルスの検査をした際に陽性と判断されました。コロナウイルスの病状はどうだったのか?治療はどのように行われたのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

宮藤官九郎さんの簡単なプロフィール

View this post on Instagram

ラスト!

A post shared by 宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD (@kudokankuro_anng) on

名前              本名

宮藤官九郎 (くどうかんくろう) 宮藤俊一郎(くどうしゅんいちろう)

愛称

クドカン くんく

生年月日              血液型O型

1970年7月19日 (49歳)

職業

脚本家 俳優 作詞作曲家など

身長

176.5センチ

実家は文房具店を経営しており、お姉さんが二人いる。高校を卒業後大学へ進学するも一身上の都合により中退。その後バラエティー番組の構成作家として働き、紅白歌合戦にも出場している。出世作が池袋ウエストゲートパークといわれていて、ほかにも木更津キャッツアイやタイガー&ドラゴンなど高視聴率をたたき出し人気脚本家へ仲間入り。

スポンサーリンク

病状は?感染源はどこから?

 

新型コロナウイルスの主な症状は、初期症状では咳や微熱など風邪を引いたような症状が現れます。また味覚が感じられなくなったり、嗅覚に異常が発したりします。重症化すると肺炎を起こす場合があります。

今回宮藤官九郎さんは初期症状の発熱を起こしただけでしたので重症化はしていませんでした。まさか自分がと過信していたとコメントを残しました。

そこで気になるのが感染源はどこなのか?と疑問が残ります。感染経路は詳しくわかっていませんがあるライブハウスでイベント(動員数は50人未満の規模)が行われその際に観客として宮藤官九郎さんが訪れていたといわれておりその時に感染したんではないかと思われます。出演バンドが感染していたことが分かり、ライブハウスの会長は感染責任人を取り辞職を発表しました。

やはり濃厚接触が原因なのでコロナウイルスがいかに感染しやすいことが分かります。不要な外出は控えたほうがよさそうですね。

スポンサーリンク

治療の際に投与されたのは最有力候補の薬?

宮藤官九郎さんが発熱した時入院いたしました。その際熱が下がらず逆にあがったためアビガンという薬を投与しました。そこから6日間くらいで熱が下がり体調は回復されていったとご自身でおしゃっていました。ではその治療の最有力候補のアビガンとは何なのか説明をしていきたいと思います。

アビガンとは、もともとはインフルエンザになった時どうしても治らない場合に最終手段として投与される薬でした。コロナウイルスの患者に使用した際に91.4%よくなったと実例もあります。

副作用は血中尿酸が増加したり、おなかが痛くなったりと少しながらあるにしろ今最も有効なのがアビガンといわれているので期待したいですね。短期間にたくさんの医療機関に供給されるらしいのでたくさんの人が救われてほしいですね。

最後に宮藤官九郎さんが回復して、またメディアで見れる時を楽しみにしています!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です