>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

バサ(ゲーム)がヤバイ!ルールはこれ!やりすぎ都市伝説2020春で紹介


4月29日のやりすぎ都市伝説で岡野陽一に紹介されたバサというゲーム、聞いたことはありますか?なんでも、ある国ではハマりすぎて危ないとして、政府が禁止するほどヤバイゲームのようです。ルールや現在について調べました。

スポンサーリンク

バサは楽しすぎて仕事を辞めるほど!?

番組内では、トランプを使う、麻雀やウノのいいとこ取りをした面白すぎるゲームと紹介されていました。岡野陽一はアルコ&ピースのラジオ番組でもこのゲームを紹介しており、芸人の楽屋でも流行った結果、その楽しさから芸人を辞めて『バサ』のプロになる人が出たと話していました。政府が介入して禁止しているのは、レバノンだそうです。日産のカルロス・ゴーンが逃亡した国ですね。

スポンサーリンク

バサのルールは?トランプを使ったポイント獲得ゲーム!

ネットでルールについて調べると、以下のような内容がヒットしました。

トランプを用い、51ポイント以上を先に獲得した人が勝ちというゲームです。

獲得できるポイントは、「ダイヤの10が3ポイント」「クローバーの2が2ポイント」「エースが1ポイント」「ジャックが1ポイント」で、それ以外のカードにポイントはないそうです。

その他の条件としては、

①最終的に1番ポイントを持っていれば3ポイント獲得

②Basra1回で5ポイント獲得(Basra=手札に合計9となる可能性が2つあること)

場に2、4、5、7があり、手札に9があれば2+7と9で手札に9を2つある、という考え方です。

思ったより単純なルールですね。番組では、スペードの12が強い、という話でしたが、これはどうやらローカルルールのようです。地域や人によってルールが追加されるのは、ウノに似ていますよね。

スポンサーリンク

バサの手順は?最初はどうやってスタートするの?

まず、トランプを準備します。1人8枚のカードを配り、山札から4枚のカードを場におきます。条件に応じてプレーヤーは手札のカードを駆使しつつ、順番に場のカードを回収していきます。回収したカードは手札には加えず、自分の近くに置いていきます。

場のカードを回収できる条件は、

・手札と場のカードが一致する時

・場にあるカードのうち2枚の合計が手札のカードと一致する時

であり、これもローカルルールで回収できる条件が追加されることもあるそうです。

もし条件が1つも当てはまらなければ、自身の手札から1枚取り、場のカードいずれか1枚の上に置かなければなりません。場のカードは増えることもありますが、ゲームが進むにつれて減っていくので、山札からカードを引き、常に4枚となるようにしておきます。

プレーヤーの手札からカードがなくなってしまった場合は、山札から再度カードを配り、山札がなくなるまでゲームを続けます。

山札がなくなった時点で、ポイントを計算し、勝敗を決めます。

特定のカードが強いという点では、トランプの大富豪に似ていますし、何のカードが出てくるか分からないというドキドキ感は麻雀にも似ていますよね。麻雀もどハマりする人がいるので、バサも同じ中毒性があるのかもしれません。皆さんもプレーする際には、ハマり過ぎに注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です