>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

鴻上尚史って誰?妻は?「好きなことを仕事にする人」を批判で炎上


演出家で作家の鴻上尚史(こうかみしょうじ)が「好きなことを仕事にする人」を批判する記事を書いたことで炎上しました。記事の内容やプロフィール、過去の炎上について調べました。

スポンサーリンク

鴻上尚史(こうかみしょうじ)ってどんなことをしている人?

鴻上尚史は、演出家・作家ですが、過去の代表作としては、「ドンキホーテのピアス」、「青空に一番近い場所」(映画・監督)、 「鴻上尚史のオールナイトニッポン」 (ラジオ)、「 ファントム・ペイン」 (舞台)があるそうです。

AERA dot.でも人生相談のコラム連載をしていたり、活動の幅は広いようですね。

シューイチやタモリ倶楽部への出演歴もあるので、テレビで見かけたことがある人も多いかもしれません。

スポンサーリンク

鴻上尚史(こうかみしょうじ)の妻は?

鴻上尚史(こうかみしょうじ)の妻について調べました。

しかし、「1995年に12歳年下の聖心女子大卒のお嬢様と結婚したらしい」という情報しか出てきませんでした。本当であれば、結婚後25年経過しているので、銀婚式の迎えているかもしれませんね!人生相談のコラムでは、結婚やキャリアに関する相談に多数回答しています。

スポンサーリンク

鴻上尚史(こうかみしょうじ)が炎上した記事の内容は?

鴻上尚史が今回炎上した記事は、「好きなことを仕事に」を攻撃する人たちに思うことというものです。

要約すると、「文化への補償を求めている人を叩く奴は、好きなこと仕事できていない非正規雇用者だ」と主張する内容です。

これは、新型コロナウイルスの影響で劇場での活動休止などを余儀なくされた人がツイッターで補償を求めたことに対して書いた記事だと思われます。

少し前には、「日本の舞台と芸術が死にかけている。」という表現で山田由梨で日本政府に補償を求める内容を書いた記事が上がっていたので、このような意見に対して擁護しようとした結果、「好きなことを仕事にしている人=非正規とは限らない」などと反感を買い、失敗してしまったようですね。

鴻上尚史(こうかみしょうじ)は過去にも炎上、その内容は?

鴻上尚史は過去にも炎上したことがあります。

6年間中高一貫高校で過ごし、「女子との接し方が分からない」という相談をする18歳男性に対して、「そういう時は、クラスで男性と会話することに怯えている女性を見つけましょう。」という回答をしたことで、「狙えそうな女を狙え」というようなメッセージとして受け取られたことで、炎上したようです。

女の人を話すための練習台にするな!ということですね。

極端な意見を主張することで炎上してしまうことはよくあることなので、今後も鴻上尚史が炎上してしまうことが出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です