>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

マスク販売飽和?販売状況?日本製使い捨てマスク買えるのいつから?


マスクの販売が飽和してきていると報道がありました。

日本ではマスクの転売が禁止となり、世界でも外出規制が徐々に緩和される方向になったのも関係するのでしょうか。

本日は、日本国内のマスクの販売状況、飽和してきているのは本当なのか、日本製の使い捨てマスクが買えるのはいつからなのかについてお伝えします。

マスクの販売が飽和してきたって本当?在庫はどこからきた?

マスクの販売が飽和してきている、というニュースが報道されました。

薬局(ドラッグストア)、スーパーを何軒回っても

使い捨てマスクがどこにも売っていない・・・

 

マスクを買うのは至難の業ですが、最近少しずつ、マスクを売っているお店を見かけるようになりました。

最近、薬局(ドラッグストア)やスーパー以外のお店、例えば雑貨屋さんなどで

突然売り出されはじめた、使い捨てマスク。

 

この使い捨てマスクですが、在庫はどこからきているのでしょうか?

 

私も最近、とある雑貨屋さんで使い捨てマスク50枚入りを見かけました。

店員さんに聞いてみると、中国製とのことでした。

 

価格は約3,000円で、マスクの転売が流行っていたときに比べると

だいぶ安くなったように感じます。

 

個人的に、日本製のマスクがほしいので買いませんでしたが

とにかくマスクがほしいという方もいるでしょうし、ないよりは、あるほうがいいですね。

 

私が使い捨てマスクが売っているのを見かけた雑貨屋さんは

海外のコスメなどを取り扱っているお店だったので

 

普段から繋がりがあり、中国製のマスクを輸入できたのかもしれません。

日本国内のマスクの販売状況は?そのマスクは日本製?他国製?

https://twitter.com/carrieee1101/status/1258290986611929089?s=20

薬局(ドラッグストア)の開店前の行列。

その後、3密になるからと、中止された開店時のマスク販売。

 

つい最近まで、薬局(ドラッグストア)やスーパーなどを何軒まわっても

マスクが売っていない・・・という状況でした。

 

しかし、ここ数日、薬局(ドラッグストア)で使い捨てマスクが販売されているのを

時々ですが見かけるようになりました。

 

また、薬局(ドラッグストア)以外の、雑貨屋さんなどで

箱入りの使い捨てマスクが売っているのを見かけることもあります。

 

突然売り出され始めた、この使い捨てマスク。いったいどこから出てきたのでしょうか。

調べてみると、多くは中国製の使い捨てマスクです。

 

新型コロナウイルス感染症の蔓延が少し落ち着いたと報道されている中国ですので

中国国内のマスクの在庫が余ってきたのでしょうか。

 

報道によると、少しずつ物流も回復してきているようで

マスクの輸入量が増えてきて、街のいろんなお店で売り出され始めたようです。

 

日本製の使い捨てマスクは、インターネットで探しても、なかなか買えない状況が続いています。

 

薬局(ドラッグストア)での日本製の使い捨てマスクの販売も、運がよければ買えることもありますが

まだまだ買えない状況が続いています。

日本製の使い捨てマスクが普通に買えるようになるのはいつから?並ばずに買えるようになるのは?

マスクの販売が飽和してきている、と報道されました。

確かにここ数日、箱入りのマスクを販売しているお店を見かけることがあります。

 

ただ、日本製の使い捨てマスクはというと

インターネットでも、薬局(ドラッグストア)やスーパーでも

なかなか見つけることはできません。

 

いったいいつから、並ばずに、探さずに、普通に、日本製の使い捨てマスクが買えるようになるのでしょうか。

 

インターネット上でも、例えばシャープやアイリスオーヤマの使い捨てマスク。

抽選販売だったり、在庫が限られていたりと

頑張ってサイトにアクセスしてみても、なかなか買えない状況ですね。

 

日本製の使い捨てマスクが普通に薬局(ドラッグストア)やスーパーなどで買えるようになるのは

まだ時間がかかりそうです。

マスク販売が飽和してきているというニュースに対するTwitterの反応は?

マスク販売が飽和してきている、と報道されています。

実際に、街のいろいろなお店で、使い捨てマスクが売られているのを見かけるようになった人も多いのではないでしょうか。

ここで、マスク販売飽和に関するTwitterの声をご紹介します。

 

「どこから手に入れた?」「高くてもいいから国内生産のシャープのマスク買う」

「近くの焼肉屋でも売ってる」「緊急事態宣言で、リモートが増えたから、マスクが余っているのでは」

などの声がありました。

 

たしかに、緊急事態宣言が5月31日まで延長されたので

休業の要請期間も延びて

通常のように出勤する人が少ないので

使い捨てマスクが余ってきたともいえるかもしれません。

 

人によって、考え方が異なるのでなんとも言えませんが

少しずつ、街で使い捨てマスクが売り出され始めたので、少し安心かなというのが正直な感想です。

 

日本製の使い捨てマスクを買いたいという方は、まだ時間がかかりそうですが

とりあえず、作られた場所にこだわらなければ、使い捨てマスク自体は店頭で買える可能性が高くなりました。

 

この新型コロナウイルス感染症の蔓延をきっかけに、日本国内の多くのメーカーさんが

使い捨てマスクの生産を頑張ってくれています。

買いに行けば、街で日本製の使い捨てマスクが当たり前に買える状況に

できるだけ早く戻ってくれたらなと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です