>>浜崎あゆみの父親の正体とは!?真相はこちら

吹原幸太高校大学の時から脚本を書いていた?過去作の視聴方法は?


オトメン(乙男)をはじめ、話題ドラマの脚本を手がけた吹原幸太さんが、5月17日に脳幹出血で亡くなられました。芸能界やファンから早すぎる別れに悔やまれる声が多くあがっています。

『オトメン(乙男)』『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』『弱虫ペダル』など多くの話題作を手がけた、吹原幸太さんの出身高校などのプロフィールや脚本家としての評判(口コミ)、過去作の視聴方法など調べてみました。

スポンサーリンク

吹原幸太 プロフィールまとめ

吹原幸太さんの詳細を調べると、37歳という若さながら多くの話題作の脚本を担当されたことが分りました。

吹原幸太さんの代表作と合わせてプロフィールをまとめさせて頂きました。

 

【プロフィールまとめ】
生年月日:1982年12月23日(37歳没)
出身:福岡県大牟田市
大学:法政大学経営学部経営学科
高校:私立桐蔭学園高等学校
代表作:オトメン(乙男)、ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(ドラマ、映画)、
弱虫べダル、天才バカボンド2・3 、日々ロック
webドラマ、ラジオ、テレビアニメ多数
Twitter:https://twitter.com/FukiharaKota
Facebook:https://www.facebook.com/kota.fukihara

 

吹原幸太さんは福岡出身とありますが、高校生の時には関東に住んでいたことが分りました。しかも、通われていた高校が『私立桐蔭学園高等学校』で偏差値が65ー70といわれている名門高校で、進学された大学が法政大学と優秀な方のようです。脚本家で文章を書く仕事をされてますので、大学での専攻は文学系かと思ったのですが、意外にも経営学部と意外でしたね。

スポンサーリンク

吹原幸太 脚本を書いたのは高校?大学?

吹原幸太さんは37歳とうい若さで多くの話題作品の脚本を担当されていたのですが、進学された法政大学では文学ではなく経営学を勉強されていたようです。いつから脚本家を目指されていたのかを調べてみました。

吹原幸太さんのFacebookから以前の職場『(株)ハイスクール』がということが分りました。会社の詳細を調べてみますと、2009年に(株)アマナに吸収合併されたのですが、広告を手がけている会社で勤務されていたようです。

また、2005年に法政大学在学中に『劇団ポップンマッシュルームチキン野郎』を立ち上げ、2009年にドラマ『オトメン(乙男)』で脚本家デビューされたとありますので、大学在学中には脚本家を目指されて2009年の脚本家デビューをきっかけに会社員から脚本家へ転職されたと思われます。

2005年は大学4年生の年だと考えると、脚本家デビューする2009年までの4年間は、会社員で働きながら脚本制作や自身が立ち上げた劇団で活動をされていたのでしょうか。そう考えると、吹原幸太さんの脚本家になる想いは相当強いものだったのでしょうね。

スポンサーリンク

吹原幸太が担当したドラマ(オトメン(乙男)など)の視聴方法は?

吹原幸太さんが脚本担当された多くの話題作品の中でも特に『オトメン(乙男)』『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は有名です。

2作が放送された時期は、

2009年 オトメン(乙男)
2016年、2017年 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん (ドラマ)
2019年 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん (映画)

と数年前になります。
デビュー作のオトメン(乙男)は11年も前の作品となり、現在視聴方法を確認したところ、『オトメン(乙男)』はFODやhuluで視聴ができ、『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』はNetflix、Amazon primes等の動画配信サイトで視聴が可能です。

過去の放送時に見られた方も、もう一度見てみると面白いかもしれませんね。

吹原幸太 口コミ、評判は?

ここまで、吹原幸太さんのプロフィールや過去作について調べて見たのですが改めて話題作が多いことが分りました。その分、ファンの方からは早すぎる別れを惜しむ声が多くあがっています。

Twitter等で吹原幸太さんの作品への口コミや評判を見ますと、話題作の続編が見たかったという声や過去作の感想など多く挙げられており、『フッキー』との愛称で親しまれていたようです。芸能界からは篠田麻里子さんがまた一緒に仕事をしたかったとTwitter上に呟かれており、改めて、吹原幸太さんは人気脚本家だっただけに残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です