レンドロイド仮想通貨の上場予定&中国で安い価格買えるようだけど、、、

      2018/03/25

    

今回は日記的なブログです。

レンドロイドという仮想通貨を皆さんご存知ですか?

恥ずかしながら自分はレンドロイドを日本の代理店から購入しました。

まぁ、わかる人にはわかると思いますが、、、、

レンドロイド仮想通貨上場予定中国安い価格で買えるようなんですけど、、、

 

 
Sponsored Link
 

レンドロイド仮想通貨の上場予定

 

レンドロイド仮想通貨ですが、どういう仮想通貨か?というと、、、

技術的な所は申し訳ございません。

それ以外のところを紹介させていただきます。

まぁ、現段階では少し残念かな?って思っております。

こちらに力を賭けるのであればノアコインなどに入れておけばよかったかな?と思っておりますが、、、

自分は「TO VEST」を選んだのでどちらにせよ1年間強制ガチホなので仕方ないんですけどね。

で、レンドロイドですが開発陣営がハシーブ・アワン氏・ヴィグニッシュ・サンダレサン氏となっております。

ハシーブ氏はビットコインATMでも有名なBitaccessの創業者。
エンジニアとしての工学修士も持っており
フィンテック業界で『最も重要なトップ100』のうちの一人です。

ヴィグニッシュ氏はBitaccessの創業メンバーであり
仮想通貨の権威であるチャールズ・ホスキンソン氏と寝食を共にして
イーサリアムを開発したエンジニアです。
イーサリアムの全てを知っている人物とも言えます。

レンドロイド・トークン=『LST』を保有することにより
ビットコインを手放すことなく、そのビットコインを担保にして
他のコインを購入したりすることが可能になるのです。

引用:http://www.japanese-dream.jp/15102419607890

で、レンドロイドが他の仮想通貨にない強みというのがビットコインを担保に他の仮想通貨を買えるのがレンドロイドの強みとなっております。

※すべての仮想通貨を調べられているわけではありませんのでレンドロイド以外にもあったらすみません。というかありそうですけどね。。。(-_-;)

で、日本の代理店でレンドロイドを買った際は2018年の秋に上場予定と聞いておりました。。。

それが何やら3月にレンドロイド中国の取引所ですでに上場しているらしいんですが、、、

 

 

レンドロイドが中国で安い価格で買えるそうなんですが、、、

 

レンドロイドですが日本の代理店で販売されていたのは1口12万円で、1口31250LST(LSTというのはレンドロイドのトークンです)となっております。

12万円で31250LSTなので、1LST3.84円でした。

で、今中国のgate.ioという取引所ですでに上場されておりました。

レンドロイドの上場は2018年の秋って聞いていたんですけど、、、と思い、調べて見ると、、、

一応この中国取引所の上場は期間限定らしいです。

ちなみにその中国の取引所でのレンドロイドの価格ですが約1.8円ですw

そう日本の代理店購入価格よりも3分の1安い!

まぁ、2017年の暮れから2018年の1月にレンドロイドのローンチが行われておりましたが、そのころに比べて仮想通貨の市場が冷え込んでおりますからね~

ビットコインであれば2分の1ぐらいですかね?イーサリアムであれば3分の1ぐらい?

と考えると、2分の1ぐらいなので仕方ないかもしれませんね。。。。

 
Sponsored Link
 

レンドロイドの価格

 

レンドロイドですがいろいろ今日本ではざわついておりますね~

ビットコインで申し込みをした人が返金対象になっていたりとか、、、

その理由は不明ですが、、、ビットコインでの12月と3月の価格差かもしれませんね。

ただ、レンドロイドですが3月7日までのKYCのときにNOT VESTとTO VESTを選ぶことが出来ました。

ちなみにKYC自体はまだできますのでまだされていない方は早めにしておくことをお勧めします。

ちなみにこのNOT VESTとTO VESTの違いは?というと、

「NOT VEST」・・・すべてのトークンをすぐに引き出すことができます。
「TO VEST」・・・12ヶ月間トークンが引き出せずロックされます。その代わり約2.25倍のトークンを受け取ることが出来ます。

※英語が得意じゃないので約200%なので2倍と考えればいいのか、ボーナスが200%つくと考えると約3倍のトークンを得ることができるのか、、、(苦笑)

まぁ、TO VESTをしていれ3月段階での中国の価格であれば申込をした金額と同じといえば同じです。。。(苦笑)

投資は自己判断と言いますがI氏の仮想通貨のローンチのほうがまだサポートされている感じです。

まぁ、Wowbitでは少しあれておりますが(苦笑)

最後に投資は自己判断なので今回が失敗であれば次への改善点としていたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

KYCのやり方などはほかの方も説明していただいておりますのでそちらをご確認下さい。

 
Sponsored Link
 

 - 日記 , , , , , ,