宇多田ヒカルの離婚理由(イタリア人)は?前旦那の現在は?


宇多田ヒカルさんが8歳年下の元バーテンダーのイタリア人男性と離婚していることがわかりました。
そのイタリア人男性フランチェスコ・カリアーノさんとの離婚理由は何でしょうか?
また、前旦那の紀里谷和明さんの現在は何をされているのでしょうか?
って、宇多田ヒカルさんのお母さんは8度も離婚されているようですから、、、
 


Sponsored Link

宇多田ヒカルの離婚理由(イタリア人男性)は?

 
宇多田ヒカルさんが8歳年下のイタリア人男性のフランチェスコ・カリアーノさんと離婚していることが判明しました。
まぁ、人間活動ということで活動を休止しており昨年ごろから再度楽曲を作り始めたのでなにか予兆があったのかもしれませんね。
ちなみに宇多田ヒカルさんとフランチェスコ・カリアーノさんの離婚理由については正確にはわかっておりません。
これは前旦那の紀里谷和明さんのときも離婚理由は判明しておりませんね。
いろいろ推測はありましたけども、、、
ちなみに紀里谷和明さんも頑なに宇多田ヒカルさんとの離婚理由については語っておりません。
その前旦那の紀里谷和明さんが離婚理由を東野さんに聞かれた際に「ネットニュースになるから」という理由でしたが、、、
ちなみに宇多田ヒカルさんが前旦那の紀里谷和明さんと別れたときには
宇多田ヒカルさんは

「紀里谷君が今までで1番私を知ろうとした人」
「彼は孤独みたいな私の像を救おうとしてくれた。
でも私は救われようとしなかった。
自己解決した部分が大きい」
「1人っ子の悪い癖みたいなのが爆発した」
 
創造の厳しさ苦しさ孤独をお互い抱えたまま、相手に甘える事が最後まで出来なかったと思う

と語っておりました。
で、「Come Back To Me」の歌詞の説明の時に

浮気したことはある。
だから、歌になっている。
もうしません。

とも語っておりました。がこれは2009年のとき。
ちなみにその際、司会者が「実話?」と質問した際に「ご想像におまかせします」という回答を宇多田ヒカルさんにしております。
まぁ、こういう回答のときはね~
前旦那の紀里谷和明さんと離婚されたのは2007年のときなので離婚理由として勘繰ってしまいますね。
ちなみに離婚理由を言えないと語った紀里谷和明さんですが2013年のときに

僕は未熟だった。
彼女は若すぎた

とも語っております。
なのでいろいろ憶測はできると思いますが、宇多田ヒカルさん側から今回のイタリア人男性フランチェスコ・カリアーノさんとの離婚理由を語られることはないかもしれませんね。
また、離婚の条件というか財産分与などのときに離婚理由を言わないなどの契約をして離婚している場合は、このイタリア人男性フランチェスコ・カリアーノさんからも離婚理由は漏れることはないと思います。
まぁ、お金に困ったら売り込んでくるかもしれませんが、、、
 

宇多田ヒカル,離婚理由,イタリア人,旦那,現在

引用:文春オンライン

宇多田ヒカル前旦那の紀里谷和明の現在は?

 
イタリア人男性はもともとバーテンダーということで現在は何をされているのかは不明です。
まぁ、ヒモになっていそうですが、、、(-_-;)
で、そんな宇多田ヒカルさんの前旦那の紀里谷和明さんは現在何をされているのでしょうか?
 


ツイッターでファンの方からの質問に気さくに答えております。
で、現在、紀里谷和明さんが何をされているのか?というと、最近ではsaisaの「Vicissitudes」という曲のMVを取られておりました。

 
これ以外にも写真家としての活動は多数されております!
Sponsored Link

宇多田ヒカルの前旦那イタリア人のフランチェスコ・カリアーノの現在は?

 
宇多田ヒカルさんのもう前旦那になってしまったイタリア人のフランチェスコ・カリアーノさんの現在はなにをされているのでしょうか?
 


この結婚式のときは幸せにしておりましたね。
ちなみに前旦那イタリア人のフランチェスコ・カリアーノさんは宇多田ヒカルさんのお母さんがいなくなった際に宇多田ヒカルさんを支えておられました。
で、出会った時はホテルのバーテンダーということでしたが、宇多田ヒカルさんと結婚するにあたって長期休暇を申請したら却下されたのでその仕事を辞めざるをえなかったそうです。
その後も仕事をさがしているそうですが定職にはついていないようですね。
まぁ、宇多田ヒカルさんが働いていれば、前旦那イタリア人のフランチェスコ・カリアーノさんはお子さんの面倒を見て主夫をしていたのかもしれませんね。
やはり離婚されるということは理由があると思いますが、もしかすると宇多田ヒカルさんは表現者なのでいつかどこかの歌詞の中にひょっこり出てくるのかもしれませんね。
離婚して心が傷ついたほうがいい歌は生まれそうな気がしますが、、、、
宇多田ヒカルさんの今後の活動を応援しております。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です