正義のセ7話感想と8話あらすじ 相原さんメインでいいじゃん!

      2018/05/24

    

正義のセですが吉高由里子さんが演じる凛々子と安田顕さん演じる相原さんのお話ですが、、、

もう、相原さんメインでいいんじゃね?って思っておりますが、、、w

というか日本テレビさんお得意のHuluでスピンオフ作品でも作ったらいいのにな~というかお願いします。

そんな正義のセ7話感想と8話あらすじに行きたいと思います。

正義のセ7話は相原さんが自分の話と重ねちゃうのかな~

 
Sponsored Link
 

正義のセ 7話感想 相原さんの子供も登場!

 

相原さんも離婚されていて子供がいるようです。

それが高松咲希さんですね。

 

うーん、相原さんって娘さんが結婚されるとなるとめっちゃ号泣しそうなタイプのお父さんだと思われます。

もう、うざいぐらいにw

では正義のセ7話感想に行きたいと思います。

今回は安田顕さんが自分の子供とだぶらせる話w

保育士の数が足りてないけど補助金を不正時給しているかもしれないという疑惑まで出てきましたが、発端は子供が大けがを負ったこと。

その怪我は保育士が目を離したすきに起こったことということで安田顕さんは「保育園の監督不行き届きの可能性がありますね!」ということで色々調べだします。

で、子供のほうはあまり事故のときのことは話そうとせず、保育園の園長は事故については謝罪をするも自分たちの過失はないという。

保育園の延長の言い分も納得できる吉高由里子さん。

ただ、園長が事件の日は不在だったのに嘘をついていたことがバレ。

安田顕さんは刑事さながらの鋭い目でw子供たちが書いた絵の大人がいつも一人。

そう、この保育園は慢性的な人手不足。

でも保育士も保護者もなかなか真実を話さない。。。だって、親にとっては人手不足だろうと預かってくれるのはありがたい。
やっとは入れた保育園がなくなりでもしたら。。。。ってなっちゃいますよね~

なんとか保育士が声を上げてくれたおかげで真実が明らかに。

その事実を追求すると今度は園長が逆切れ!「子供たちのために」って。。。

いつもは吉高由里子さんでしたが、今日は安田顕さんがお説教をするようですね。

やっとは入れた保育園ということで、親の弱みにつけ込んで私腹を肥やしていた!

と断罪してましたけど、、、、

親にとっては微妙な所ですね。。。。市が後は引き継ぐって、、、行政ってそんなに早く動けんのかね?

これ親は仕事に数日いけないパターンじゃないの?

と、そんなことをすべて忘れさせる最後の安田顕さんと娘の面会シーン。
 



 

いや、良いんですけどね。良いんですけど。もっとしっかり作りこんでほしかった~

 

正義のセ,7話,感想,8話,あらすじ,相原,相原さん,メイン
 

正義のセ 相原さんメインでいいんじゃね?

 

最近正義のセ見ていて思ったんですが、、、

いや、吉高由里子さんかわいいですよ!

今話題の三浦翔平さんも出ているのいいんですよ!

でも、相原さんメインにしたっていいじゃない!(笑)

 

もう、この小動物感。

捜査している時は吉高由里子さんよりも刑事感は漂ってますし。。。

しかも鉄ヲタであった、かつプロレスヲタっていうのがまたw

次の日に筋肉痛でロボットになっているのも、もう、ネタ宝庫じゃないですか!

って、あれなのかな?脇役だから輝くタイプなんでしょうか?

いや~スピンオフ作品でいいので一度はガッツリ相原さんメインで作ってほしいですね!

 
Sponsored Link
 

正義のセ8話あらすじ 相原さんロスが今から心配

 

まだ正義のセは、あと2~3話ありますが、今から相原さんロスが怖いです!!

毎週見れるあの安定感がある小ボケというより心が安らぐ感じがいいですね。

ただ、安田顕さんのことなので相原さんを超える役を演じてくれると今後も期待してしまいますね。

では、正義のセの8話あらすじに行きたいと思います。

 

 

凜々子(吉高由里子)は、ひき逃げ事件を担当する。被疑者・斎藤茂典(正名僕蔵)は深く反省した様子だが、「人をはねた記憶はない」と主張。被害者にケガをさせたことに気づいていたか、気づいていなかったかで起訴判断が大きく違ってくるため、凜々子は相原(安田顕)とともに、詳しく捜査を始める。

事故の時、車に同乗していたのは、斎藤がマネージャーを務める人気俳優の光岡駿太(桐山漣)だった。凜々子と相原は、参考人として光岡に話を聞きに行く。だが、有名芸能人に会える!と、内心ウキウキの凜々子に、相原は呆れ顔。しかも、「斎藤さんの罪を少しでも軽くしてください」と懇願する光岡の誠実な姿勢に、凜々子は思わずときめいてしまう……。

そんな中、凜々子たちが被害者・横山茜(浦まゆ)に話を聞きに行くと、事故の時、車が一度止まっていた事が判明する。事故に気づかずそのまま走り去ったという斎藤の供述と明らかに矛盾する証言に、驚く凜々子。

果たして事故の夜、本当に起こったことは何なのか?
そこに隠された秘密とは?
事件の真相に新米検事が迫る――。

これはあれですよね。

芸能のマネージャーが身代わりになってるっていう話なんじゃないのかな?

というか桐山漣さん、未解決の女でも犯人役ぽっいところで出ましたがこちらでも同じ感じなんですねw

一瞬ドラマを混同しちゃいました。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201804ドラマ, 正義のセ , , , , , , ,