未解決の女6話感想と7話あらすじ 板野友美と桐山漣って仮面ライダーW

      2018/05/25


未解決の女。

というか今回のドラマは結構元AKBの方がゲスト出演されてますね。

前田敦子さんはコンフィデンスマンJPに、篠田麻里子さんはMissデビルに、川栄李奈さんは崖っぷちホテルに。

で、板野友美さんはこの未解決の女に出演されております。

そんな未解決の女6話感想と7話あらすじに行きたいと思います。

 

 
Sponsored Link
 

未解決の女6話感想 板野友美がかわいい!

 

板野友美さんを女優としてみるの久しぶりな気がしますね~

どちらかというと歌手としての活動のほうが多いような気がします。

 

 

少しイメージと違った。。。。

もっとイケイケ(し語?)だった気がしたんですが。

とまぁ、そんな板野友美さんをちょい役で使った未解決の女。

踊っている姿とかはやっぱり可愛いかったですが、、、大丈夫かな?あの役で。

そんな未解決の女の6話感想に行きたいと思います。

あなたには帰る家があるのユースケ・サンタマリアさんもそうですが、今回の事件の真犯人である桐山漣さんの妻の雪乃さんも、不倫をした自分のパートナーじゃなくて、その相手のほうに憎悪が行くんでしょうか?

あれかな?やっぱりパートナーは愛しているから?

自分のことを少しでも思ってくれている心が残っているのなら、そのパートナーが不倫をしている相手を消せば、またパートナーが自分に振り向いてくれるかも?って思ってるのでしょうか。。。。

で、もう先に犯人いってしまいましたが桐山漣さんの妻の雪乃さんです。

で出しは鈴木京香さんがどうして刑事になったのか?っというお話。

ダンサーの遠藤千鶴(板野友美)が鉄パイプで頭部を殴打され、殺害された。犯人は財布を奪って逃走。警察は強盗目的と怨念の両面から捜査したが、事件解決につながる手がかりは見つけられぬまま、時が過ぎていった――。

 その6年後、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は高校の同窓会に参加。そこで再会した磯野賢治(柳下大)から、千鶴を殺した犯人が分かったかもしれないと耳打ちされる。そう…千鶴はほかでもない、朋たちの同級生だったのだ! どういうことなのか気になった朋は、磯野が雇われ店長をしているカフェバーへ。同窓会グループのSNSページを初めて見せられ、そこに登録しているメンバーの中に犯人がいる、との推理を聞かされる。だが、磯野が何かを言いかけた途端、同窓生の西島圭人(桐山漣)と袴田高一郎(榊原徹士)が来店し、会話は中断。朋は続きが気になりながらも、磯野に促されるまま帰宅する。

 ところが3日後、とんでもない事件が起こってしまう。磯野がカフェバー内で何者かに刺殺されたのだ! しかもその日、磯野が同窓生・吉井友莉子(入山法子)と口論している現場を、従業員が目撃しており…!? 激しく動揺する朋。そんな朋を心配した刑事・草加慎司(遠藤憲一)の呼びかけで、第6係は自発的に捜査を開始。磯野が言っていた同窓会グループの投稿に注目する。そんな中、文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、一見どうでもいい話を綴った千鶴の投稿文の中に、ある暗号を見つけ出し…!?

という感じで、SNSで浮気相手と連絡を取り合っていたようですね。

結局、吉井友莉子(入山法子)さんも不倫をしておりました。

吉井友莉子(入山法子)さんに桐山漣さんと浮気をするのを辞めろという忠告をしたのがた磯野賢治(柳下大)さん。

ただ、女ったらしの桐山漣さんですが事件はすべて否定しております。

字の関係からも桐山漣さんは犯人じゃないと断定されておりますね。

というか、とおもっていると犯人のほうからお出になられましたが、、、(苦笑)

マギーさんは刺されぞんですけどね、、、、

 

未解決の女,6話,感想,7話,あらすじ,板野友美,桐山漣,仮面ライダーW
 

未解決の女 板野友美と桐山漣で仮面ライダーW

 

未解決の女6話で板野友美さんが出てきて、今回の春のドラマは元AKBの女優さんが多いな~と思っていたら、、、

おそらく未解決の女は元AKBだからというわけではなく、、、、

仮面ライダーW枠のような気がします。

それは今回の未解決の女の重要人物を演じているのが仮面ライダーWで左翔太郎役を演じていた桐山漣さん。

その桐山漣さんが出るので仮面ライダーWに出演されていた板野友美さんが絶対キャストされたと思うんですけどね

 

 

やばい懐かしい人ばっかりですわ~ってもう8年前なんですね。。。

そりゃー年も取るわ。

って全然未解決の女とは関係なくすみません(笑)

 
Sponsored Link
 

未解決の女7話あらすじ 工藤阿須加は波瑠と付き合うのか?

 

少しずつフラグがたっている工藤阿須加さんが波瑠さんを好きなビームw

でも波瑠さんはそんな工藤阿須加さんの好きビームを感じておりません。

というか同期としか見ていない。。。

となると最終回までこの関係で行きそうな気も、、、

でも、やっぱりシリーズものになって右京さんの立ち位置に鈴木京香さんが来るのであれば、そのうち相棒が変わるように波瑠さんも変わるんだろうな~

なら、やっぱり退場の仕方は工藤阿須加さんとの結婚になるのかな?って思ったりしますね。

まぁ、全くないだろうあらすじを考えている未解決の女の第7話

どんなあらすじなんでしょうか?

 

 

2003年秋――。警備会社の現金輸送車が襲われ、現金三億円を強奪された。だが、犯人特定につながる遺留品はごくわずか。事件は無念にも、迷宮入りしてしまった…。

 それから15年後、都内で男の死体を見つけたとの通報が入る。ところが警察官が駆けつけると、そこに残されていたのは不可解なカードと、今や懐かしい二千円札のみ。死体は跡形もなく消えており、その後1キロ離れた路上で発見される…という奇怪な事件が起こる。銃殺体で見つかったのは、中古品の転売ビジネスをしている藤枝信也(長谷川朝晴)だ。藤枝を殺したのは誰なのか、そもそも彼の死体はなぜ移動したのか…。捜査に乗り出した強行犯係の面々が訝しがる中、驚きの事実が判明する。現場に落ちていた二千円札は、15年前の三億円強奪事件で盗まれたものだったのだ!

 未解決事件が絡んできたことで、矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーも捜査に参加。藤枝の殺害現場に残されたカードの解読は、文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)に託される。理沙はすぐさま、アルファベットと記号が1字ずつ印刷された全9枚のカードを精査。「RISK(危険), HELP(助けて)」というメッセージの読み取りに成功する。そんな中、このメッセージの発信者をめぐって、朋が“突拍子もない推理”を提示し…!

 やがて別の場所で、また同じ種類のカードが9枚見つかる。だが、今度はさすがの理沙も解読にてこずり、捜査は難航してしまう。その矢先、第3のカードが発見され、ある会社の名前が導き出される。しかも、その会社の社員・百々瀬佐智(谷村美月)が一昨日前から無断欠勤していることが判明し…!?

 謎多き事件の真相を解明すべく、まい進する朋。そんな朋を“絶体絶命の危機”が襲う――。

いや~最近、石黒賢さんが出てきたら、もう石黒賢さんが犯人じゃないか?って思ってしまうんですけどね~

どうなんでしょうか?(笑)

というか最終章ということはこの最後の事件であと4話ぐらい?

もしかしたらこの未解決の女は9話完結とかだったりするのでしょうか?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201804ドラマ, 未解決の女 警視庁文書捜査官 , , , , , , ,