未解決の女7話感想と最終回あらすじ ラーメン店のロケ地は?

      2018/06/01


夜の21時台にラーメンテロを起こされましたがw

いや~あの時間帯にラーメンを食べると太りますが美味しそうでしたね~

あのラーメン店のロケ地を調べてみました。といいつつ、最終章ってことはここらは数話分同じ話で引っ張るのかな?って思ったら8話が最終回なのね。。。

それでは未解決の女7話感想と最終回あらすじに行きたいと思います。

8話で最終回って打ち切りじゃないよね?

 
Sponsored Link
 

未解決の女7話感想 ラーメン店の店員が弘中綾香w

 

未解決の女6話で出てきたラーメン店の店員です、普通に可愛いな~って思っていたらw

なんとテレビ朝日のアナウンサーという、、、

 

いや、ゲスト出演するという話はちょいちょい色々聞くので良いんですけど、なんでラーメン店の店員なの?

と思ったら、飲食店バイト経験生かしてラーメン店員役ということだそうです。

こんな娘がいたらもうこのラーメン店や繁盛しまくりやないかw

あ、だから草加さんはこのラーメン店に通ってんのか?

そんな未解決の女7話感想に行きたいと思います。

また、波瑠さん撃たれてますけど、、、、

で、中途半端なところで終わっているので怪我の度合いが不明。。。

まぁ、生きてはいると思いますけど、、、

藤枝信也という男の事件で2003年の秋に、現金3億円事件が動き出す。

と、その事件現場に落ちていたカードを解読していくと、、、

RISK,HELP ABDUCT!ON

となり危険で、拉致、誘拐されということで助けを求めているということになり、G J Mという第三のカードから大手コーヒーショップチェーンの石黒賢さんの娘が誘拐されていることが発覚。

で、石黒賢さんに会いににくと娘のカードで助けてください。と、でも藤枝のことは知らない。というところでタイミングよく身代金のお電話が、、、(苦笑)

そこに警察がいることばれたらまずいんじゃね?w

で、身代金の受け渡し現場にいくと石黒賢さんの娘役の谷村美月さんがクレーンでつるされており、谷村美月さんは助かるけども、波瑠さんはバッグをもった秋田昇(岡田浩暉)を見つけ一人で追いかけることに。

なんで他の捜査員は気が付かないんだ?(まぁ、ドラマですから、、)

で、波瑠さんが「秋田昇だな」と銃を構えると、秋田昇(岡田浩暉)も銃を構え、銃声が、、、

撃たれたのは波瑠さん。。。

遠藤憲一さんが呼びかけるも、その呼びかけに応じない波瑠さん。。。。。

で、最終話突入。。。。
 

未解決の女,7話,感想,最終回,あらすじ,ラーメン店,ロケ地
 

未解決の女 ラーメン店のロケ地は?

 

未解決の女6話で出てきたラーメンですが美味しそうでしたね~

なのであのラーメンをどこに行けば食べられるのか?って思って調べてみました。

まぁ、弘中アナがおそらくラーメン店のTシャツを着ていたので店名は「百麺」ということで確定してそうですけどね。

と思って調べると、ラーメン店のロケ地も一緒に判明しました。

おそらくは百麺の中目黒店っぽいですね。

 

 

この地区ラーメン店ありすぎ(笑)

 

いや~マジでこのラーメン美味しそうですねw

 
Sponsored Link
 

未解決の女最終回あらすじ 打ち切りじゃないよね?

 

未解決の女ですが8話が最終回だそうです。。。

8話って早くないっすか?w

打ち切りのドラマ並みに早いんですけど、、、、って思っても、未解決の女の視聴率は春のドラマの中では1・2位を争うものとなっているので打ち切りはないかと思いますね。

で、何か問題でも?と思っても今まで炎上したものもないためおそらく打ち切りではないと思われます。

原作ありきのものなので原作をすべて出し切ったのかもしれませんね。

まぁ、黒革の手帖も7話で完結(あれは武井咲さんの妊娠ということもあったかもしれませんが、、)だったので珍しくはないかもしれませんね。

では、そんな未解決の女の最終回のあらすじに行きたいと思います。

 

 

 百々瀬佐智(谷村美月)を誘拐し、その父・百々瀬博昭(石黒賢)から身代金をせしめて逃亡した秋田昇(岡田浩暉)が、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)を銃で撃って逃走した! まもなく、朋を撃った拳銃と、4日前に藤枝信也(長谷川朝晴)を撃った拳銃が同じものだと判明。どちらも秋田の犯行だったと裏付けられる。

 しかし同時に、不穏な情報も浮かび上がる。なんと使用された拳銃は、科捜研で15年前に登録されている晴海東署のものと同じだったのだ! それが事実ならば、警察の威信にかかわる大問題になってしまう…。「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)は取り急ぎ、部下たちに箝口令を発令。そんな古賀の前に再び、元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)が現れ…。

 その矢先、秋田が潜伏先のホテルで、何者かに胸を刺されて死亡。秋田の自宅からは、思わぬものが見つかる。それは、藤枝の遺体発見現場に落ちていた二千円札と続き番号の札――ともに15年前の三億円強奪事件で3人組の犯人に盗まれたものだった! 仮に秋田と藤枝が三億円強奪事件の犯人だったとしたら…2人を殺したのは残る1人の犯人という可能性もある。無事解放された佐智からも話を聞きながら、絡み合う事件の真相を追い求めていくことに。そんな中、三億円強奪事件の捜査資料に目を通した文字フェチ刑事・理沙(鈴木京香)は、ある筆跡に違和感を覚える。

 何度も見立てが覆り、二転三転する捜査。そんな中、一連の事件の背景に“言葉を使った驚愕のからくり”が浮かび上がる――。

犯人は犯人役が多い石黒賢さんと思わせておいて、最終回だから岩城滉一さんとかかな?

犯人は身内というのがしっくりきますよね~

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201804ドラマ, 未解決の女 警視庁文書捜査官 , , , , , ,