関門海峡花火大会2018の渋滞予想!穴場駐車場や電車のアクセス方法

   

    

今年の夏、多摩川花火大会のように2カ所から上がる花火大会が、まだあります。

それは本州の西の方の山口県の下関と九州の玄関口、福岡県の北九州市門司区の間で行われる花火大会、関門海峡花火大会です。

海峡と言っても、そんなに離れていないので川を挟んだ向かい側くらいの感覚です。

そんな関門海峡花火大会2018の渋滞予想や穴場駐車場などを調べてみました。

ただどうしても混むのは避けられないので電車でのアクセス方法も追記しております。

 

 
Sponsored Link
 

関門海峡花火大会2018の日程や概要は?

 

2018年、今年も8月13日(月曜日)に打ち上げられるそうですね。

門司からだとJR門司港駅から近くで行われる大会で、人気の門司レトロ地区を散策して夜、花火を楽しむ、そんな夏の一日を過ごしてみるのも良いかもです。

門司発祥といえば、今や人気の料理「焼きカレー」美味しいお店が何件かあるので花火の前に堪能してみて下さい、是非!下関からだと、竜宮城に似ている赤間神宮やイルカ・ペンギンショーが人気ある海響館が近くにあって人気があるそうです。

そんな下関市と北九州市の夜景とライトアップされた関門橋と花火のコラボレーションが楽しめるゴージャスな大会だそうです。

関門海峡花火大会,2018,渋滞,予想,穴場,駐車場,電車,アクセス
 

関門海峡花火2018の渋滞予想!

そんな人気スポットが近くにあってゴージャス感が楽しめる関門海峡花火大会、2018年の渋滞状況はどんな感じなんでしょう?

色々、調べて見た結果…会場周辺、道路、駅、どこも混み合い渋滞するそうです。

去年ツイッターとかで大変でした、という意見が多数上っていました。

早くに出かけて駐車できたとしても渋滞のせいで車が出せないかもしれません。

0時頃しか出せなかった、そんな話も聞きました。

そんな会場なのですが、両方の会場の近くの立地条件で合致している事、それは海岸の近くに高い建物がある、見晴らしの良い山があるという事です。

渋滞回避の穴場スポットとも言えるかも?

 
Sponsored Link
 

関門海峡花火2018の穴場駐車場や電車でのアクセス方法

 

それではどうしても車で行きたいという方に穴場の駐車場などを調べてみました~

ちなみに電車でも行けますので電車でのアクセス方法も調べました。

<下関側>

・海峡ゆめタワー 入場料金がかかります。大人600円、子供300円他

下関開場にいく途中にあり、下関と門司の両方の花火を同時に楽しめるそうです。

涼しくみたい、という方にはおススメかもです。

・火の山公園

地元では夜景がキレイに見えるという有名な公園で関門海峡の夜景も見られる場所、花火も期待できる所です。駐車場スペースは約270台。花火を見下ろしてみるのも良いと思います。ロープウェイもあるそうなので子供さんと一緒に乗ったら喜ぶかもです。大人往復500円、子供往復250円

<門司側>

・門司港レトロ展望室

門司区東港町にある「レトロハイマート」の31階にある展望台です。

こちらも絶景スポットとして有名な所で花火を楽しめそうです。

少し離れた渋滞に合わないような駐車場に車を停めて行ってみる事をおススメします。

入場料が大人300円、子供150円です。

・風師山

門司側の方の山から楽しめるスポットをご紹介いたします。

こちらの展望台から昼間は清々しい空気の中、船の航行見られるそうです。

勿論花火大会の時も楽しめるそうです。

駐車場もあるので穴場駐車場としておススメします。

車で近くまでも行かれる予定の方、花火大会の時は高速道路では午後0時頃から、会場周辺では午後3時頃から渋滞が始まりそうなので、巻き込まれないように計画して行って下さい。

港が近くにあり、レトロ地区とか海響館とか人気スポットが近くにある関門海峡花火大会。

海岸と山が近くにあるので花火を楽しむ方法は沢山ありそうです。

ちょっとした高い建物からも見廻せて花火が見えるのでは?

両会場JRの駅からのアクセスも良いので電車で行かれても便利だと思います。

下関開場はJR下関駅から徒歩約15分、門司開場はJR門司港駅そば、と両方ともJRの駅から近くの立地条件なのですが、その分帰る時、皆さんが同時に駅に行き、ごったがえしてしまいますよね。

時間をずらして早めに帰り車窓からも花火を楽しむか(めったにできない体験だと思いますよ)、花火の余韻を楽しんで、ゆっくり帰るかにしてみませんか?

関門海峡花火大会に合わせてJRは臨時増便が例年、計画されるみたいなので今年も増便期待できそうです。

そうそう夏の暑い時期なので熱中症にならないように、水分補給、飲み物を忘れないようにして下さいね。

飲み物を凍らせて冷え冷えグッズとして持って行くのもいいかもですよ。

お盆の時期なのでみんなでワイワイ楽しんできて下さい。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 季節もの, 旅行&スポット , , , , , , ,