花のち晴れ9話感想と最終回あらすじ やっぱり愛梨がかわいい!

      2018/06/15

    

花のち晴れの9話感想と最終回あらすじですが、、、

なんで晴と音がくっつくと結末ではわかっているのに、晴はめぐりんに抱き着くんだろうね~w

まぁ、天馬くんが音に抱き着くのはわかる!

けど晴は違うだろ~!って感じなんですけどね。

というか、やっぱり愛莉がかわいいと何度も思ってしまう今日この頃、、、、

 

 
Sponsored Link
 

花のち晴れ9話感想 めぐりん可哀そう、、、、

 

花のち晴れの8話であそこまで健気に尽くしてるのに結局は晴に振り向いてもらえないめぐりん。。。

色々ね現実では原作と違うとか叩かれてますが、、、

なんか可哀そうって思っちゃうんですよね。

というか、人気モデルなのにお高くともっていなくて(裏はどうかわかりませんが、、、)あんなに尽くしてくれるなら、、、

って思っちゃうんですけどね。

まぁ、そこは付き合ってみないとわかりませんが、、、付き合うまではいい顔しかしない人もいますからね。。。

って、そんなことより花のち晴れの9話感想に行きたいと思います。

こちらも風邪をひいていて感想を書くのが大分遅くなったのと、シグナルを見ていたのでこちらは録画してたので後で後でと思っているとなかなか見ないんですよね~(笑)

で、やっとみました。

というか子供の恋愛事情に大人が介入してくるというお話?

音を襲った犯人は天馬くんの側近の近衛。

というか音はわがままな女ですよw

自分は天馬くんや晴の間を行ったり来たりしているの、信じてほしい時だけは私を見て!っていう感じ。。。

近衛が犯人だといっても天馬くんに信じてもらえない。

でも、天馬くんも音が嘘を言っているではなく勘違いしていると思っている感じ。

ようするに天馬くんは音も近衛も両方信じている感じですね。

ただ、晴は「そんなの一択だろ!好きな女の言うことを信じなくてどうする!」とのこと。

こちらもこちらで純粋なんだろうな~

まぁ、それにときめく音も音なんですけど、、、だからこそ近衛も我慢できなかったんじゃない?w

で、一人になりたいから帰って。という音に、天馬くんも晴も一時はいなくなるけど。

一人にできない晴は戻ってくるという、、、なんでめぐりんの女心はわからないのに、音の女心はわかるの?というかめぐりんのは知っていてあえて無視をしていると感じなのかな。

からの音に抱き着いているところを天馬くんが目撃。

音はごまかそうとするけど、

晴の攻撃「盗られるぞ お前がちゃんと江戸川を捕まえとかないとな、誰かにあっという間に盗られるぞ」

誰かにってその誰かは自分であることを疑ってはいない晴ではあるんですけどね。。。

※もう天馬くんもさ、こういう女は見限っていいんじゃね?って少し同情しちゃいますけど、手に入れられないものは手に入れたくなる性質なのかな?それも元は自分のものだったものだと余計に。

で、晴に天馬くんが近づくな!と言いに来たところを晴のお父さんが目撃し、三番勝負を挑むことに。

というかさ、お父さんはなんで他人の子の天馬くんのことをよく知っているの?

柔道、弓道、剣道で日本チャンピオンになったって。

そんな相手に自分の子供が勝てるとは一切思っていないお父様。。。

天馬くんが勝てば、晴を野放しにしない。

晴が勝てば野放しにする。って晴にはあまりメリットがないような気もするけど、、、

それを受ける天馬くんも天馬くんですけど、、、3番勝負で自分に有利なものが3つあったらどれか1個は相手が有利なものを提案してあげようよ!

 

花のち晴れ,9話,感想,最終回,あらすじ,愛梨,かわいい
 

花のち晴れ やっぱり愛梨がかわいい!

 

あ、愛梨じゃなく愛莉でしたね。。。。すみません。

今田美桜さんですが可愛いの一言ですね。

 

とかね。

 

とかですね。

やっぱり愛莉さん可愛いです!

ツインテールがここまで似合う人はいないと思う、、、

ももちぐらいしかいないかな、、、、と(笑)

 
Sponsored Link
 

花のち晴れ最終回あらすじ 天馬くんの将来は?

天馬くんは挫折を味わいますね。

すべてを悟っていたと思われていたけど、どれもわかっていなかった。。。と。

でも、これで人を疑うことを覚えて、すべてを疑っていくのか、、、

それとも、それでも人を信じて、人を変えるのではなく自分を変えていくのか?によって将来が変わっていく気がするね。

天馬くんレベルであれば高岡早紀さんがちょっかいを出さなければ後者になると思うんですけどね、、、

と、そっちが描かれるわけではないと思いますが、、、

花のち晴れの最終回あらすじに行きたいと思います。

 

 

音(杉咲花)をめぐり、愛とプライドを賭けた武道対決に挑むことになった晴(平野紫耀)と天馬(中川大志)。
二人の決闘についてC5も知る事になるが晴の勝利を信じておらず、音はそんな4人に喝を入れる。
圧倒的に不利な晴に、F4の西門(松田翔太)が弓道の極意を指南することに。
晴との稽古中、練習場にやってきた音と天馬。
彼らが交わす言葉から、西門はかつての道明寺たちを思い出し…。
そんな中、天馬の父の事業拡大に伴い、音の父・誠(反町隆史)を化粧部門に迎える事になり、由紀恵(菊池桃子)は喜ぶ。そして利恵(高岡早紀)は、江戸川家が3人で暮らす家を手配。さらには音と天馬の結婚式を音の誕生日にあげようと言い出す。
そして迎えた大会初日。音が本当に好きなのは天馬なのか?晴なのか?勝負の行方はいかに!?
物語はいよいよ最終決戦へ!!!

結局、天馬くんの母親の高岡早紀さんは何をしたかったのか、、、いまいち伝わってこないんですよね~w

やり方によってはもっと話がうまくなるとも思いましたけど。

というか、次はとうとう松田翔太さんが出てくるのね。。。。!!!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201804ドラマ, 花のち晴れ , , , , , ,