義母と娘のブルース4話感想と5話あらすじ 佐藤健の無駄遣いw

   

    

義母と娘のブルースですが佐藤健さんの本番は後半のみゆきちゃんが学生になった時だそうですね。

なので、前半の佐藤健さんは別にいてもいなくても、、、(苦笑)

特に3話では佐藤健さんの無駄遣いだったようなwまぁ、その後綾瀬はるかさんと竹野内豊さんに幸福が訪れているので良いんでしょうけど。

それでは義母と娘のブルース4話感想と5話あらすじに行きたいと思います。

いやこのドラマおもしろいですね!

 


 
 
Sponsored Link
 

 

義母と娘のブルース4話感想 綾瀬はるかと竹野内豊が結婚した理由は、、、

 

竹野内豊さんは自分の寿命がもうあと残りわずかしかないと知っていたんですね。

で、綾瀬はるかさんは今まで仕事一筋で家庭の温かみがないのでそれを欲していたそうです、そこで利害が一致ということで結婚されたそうですね。

となると、竹野内豊さんが会社を辞めて娘と一緒にいようとするのを止めた綾瀬はるかさん、、、

まぁ、契約の中に入っているかもしれませんが、、、

自分だったら娘ともっと一緒にいたいので何がなんでも会社なんて辞めていると思いますね。

なんとか綾瀬はるかさんを説き伏せて。

でも、綾瀬はるかさんと竹野内豊さんも徐々に夫婦になってきたような気がしますのでそこは政略結婚から本当の夫婦になっていくのかもしれませんね。

さてさてスキル性の胃癌で倒れるまで我慢しちゃう竹野内豊さん。

竹野内豊さんはみゆきちゃんに黙ってこっそり病院に通っておりました。

本人は母親が闘病の末になくなったこともあり、あまり自分の姿をみゆきちゃんに見せたくない。ということでした。

じゃ、なんでおいさきが短いの綾瀬はるかさんと結婚することになったのか、、、

それは、一番頼りになりそうな女性だったから(笑)

自分がいなくなったあと、みゆきちゃんを頼めるのが綾瀬はるかさんしかいないとおもったから結婚を申し出たそうな。

一方綾瀬はるかさんは今まで仕事ばっかりで家庭を持ったこともなく、人恋しかったためそれを承諾。

※そんなんで結婚していいんですか?ってツッコミどころ満載ですが、、、(苦笑)

で、みゆきちゃんになんで結婚したのか?政略結婚じゃない。理由を探そうとするが、、、

元妻とは真逆の二人。

でも、竹野内豊さんと綾瀬はるかさんはいい意味で似たもの同士。

少しずつ恋が芽生えてきたみたいで、ピンピンコロリじゃなく病気と闘おうとする意志がめばえてきたのか治療をすることを決意。

ちなみに二人の出会いは花見の席。

いい年して花見の場所取りをする竹野内豊さん。

一方、穴を掘って土下座をする綾瀬はるかさん。

これが運命的な出会いなのか?(苦笑)

まぁ、お互い印象には残っておりますよね。

綾瀬はるかさんも竹野内豊さんのどこが好きか?と聞かれた時に「強さ」だといっていた。

病気なのに明るくふるまっている強さ。

やっぱり涙は出てきてしまう。

この展開はね~、通常のコメディドラマだと奇跡は起こるタイプのドラマで、一方、恋愛ものだと奇跡は起こらないこともあるタイプですよね。

ただ、前半の綾瀬はるかさんのコメディが落差を演出するものだったら、竹野内豊さんは。。。。

って思っちゃいますね。

 

義母と娘のブルース,4話,感想,5話,あらすじ,佐藤健,無駄遣い

 

義母と娘のブルース 佐藤健の無駄遣いw

 

佐藤健さんは後半みゆきちゃんが学生になった時に綾瀬はるかさんが務めるパン屋の店長さんですよね?w

※すでに公式にその様子が出ていた気がしたのでここはネタバレでも許してください。

なのでこの前半の佐藤健さんはある意味無駄遣いのような。。。

 



 

 



 

という風な少しギャグ入ってますし。

まぁ、でも佐藤健さんが現れたときには綾瀬はるかさんと竹野内豊さんの仲が一歩ずつ縮まっているような気がするので二人のキューピッドかもしれませんね。

となると結婚をすることになった際の描写でも佐藤健さんが描かれるのでしょうか?

そこまで行くと手が込んでますね。

 

 
Sponsored Link
 

 

義母と娘のブルース5話あらすじ やっぱりおもしろい!

 

この義母と娘のブルースは綾瀬はるかさんの演技もよくて、会社を辞めたのにまだスーツの癖が抜けない綾瀬はるかさん。

2話以降キャリアウーマンの味でしっかり出てておもしろいですね!

たぶん前半のほのぼの感は竹野内豊さんがいなくなることにつなげるまでのなだらかな上り坂だと思うんですよね。

そこで一回谷を作って後半もう一回山にもっていくというね。

ストーリーの作り方もいいですね!

それでは義母と娘のブルース5話あらすじにいきたいとおもいます。

 


 

みゆき (横溝菜帆) と自転車の練習をしていた 良一 (竹野内豊) が突然倒れる。
良一を心配するみゆきに 亜希子 (綾瀬はるか) は、思いもよらない事実を伝える。

亜希子は良一の入院中、一生懸命、妻としての任務を果たそうとするが、妻としての普通の役割を果たせていない自分に気づき激しく猛省してしまう。そんな亜希子に良一は、無理をしないで欲しい。入院してしまったことで会社に迷惑をかけてしまい、お詫びに行って欲しいと頼む。
しかし、良一の上司である笠原 (浅野和之) から、入院中も良一の査定をキープしたいなら代わりに亜希子が出勤して競合プレゼンを成功させてほしいと提案されてしまう。それを聞いた良一は、自分は簡単に替えがきく人間なのだと拗ねてしまう。そして、一緒に治療に専念しようとする亜希子に対して、心にもない一言を発してしまうのだった。

一方、みゆきはみゆきなりに、落ち込む亜希子の異変を感じ、ある提案を持ち掛けることを決心。
良一もまた、亜希子に八つ当たりをしてしまったことを悔やみ、治療に専念することを誓う。

亜希子も、良一も、みゆきも家族ため、一生懸命に一日一日を生きていく―

そして、いよいよ競合プレゼン当日。
桜金属工業の笠原、猪本 (真凛) を引き連れやってきた亜希子の前に現れたのは…

良一のためにプレゼンを成功させるべく一生懸命な亜希子だったが、奇しくも同じ日に良一の検査結果が出ることに不安を抱いていた。誰もがただただ奇跡が起こるのを望んでいた。

果たして奇跡は起きるのか…

普通ならこの流れだと奇跡は起こると思うんですけどね~

ただ、、、、ね。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201807ドラマ, 義母と娘のブルース , , , , , ,