高嶺の花4話感想と5話あらすじ 不快と言われる理由は?

   

    

高嶺の花ですが、石原さとみさんの二面性を併せ持つキャラを演じ分けられているのがいいですね~

プーさんこと峯田和伸さんとのキスシーンも話題になりましたが、検索していると「不快」というキーワードが出てきます。

なんで高嶺の花をみて不快と感じるのでしょうか?その理由を調べてみました。

それでは高嶺の花の4話感想と5話あらすじに行きたいと思います。

 

 
Sponsored Link
 

高嶺の花4話感想 キスシーンは確かに不快だったw

 

高嶺の花3話で石原さとみさんと峯田和伸さんのキスシーンがありましたね。

このシーン。。。峯田和伸さんそこの位置を変わってください!という感じで不快でしたね~(笑)

石原さとみさんとキスが出来るなんて、、、

しかも峯田和伸さん!プーさんは女性と付き合ったこともないんですよ!!

ないのになんでキスされるのに口をあけんねん!

キスをしたことがない人は閉じるの!開けないの(笑)

と思いましたが、、、、そんなキスシーンが4話でもあるみたいですね。

次はどんなシーンになるか楽しみです。

ちなみにここまで石原さとみさんとプーさんの恋愛が順調な感じがするってことは7話あたりで落としにくるでしょうね~

で、そこから地を固めて大恋愛に持って生きそうな雰囲気ですが、、、w

それでは高嶺の花4話感想に行きたいと思います。

石原さとみさんは三浦貴大さんの奥さんが本当は父の差し金だったことを、三浦貴大さん自身には伝えず、綺麗さっぱり別れることに決めたようです。

石原さとみさんはプーさんを好きになってきたみたいですね。。。

三浦貴大さんが逃がした魚は大きかったようですねw

「いい人」っていう結論のようですね。

自転車と心を直してくれそうな気がするそうです。

プーさんはキスをしてから石原さとみさんを意識しすぎです(苦笑)

袴田吉彦さん、苗木優子さんは元夫婦だったらしいですね。

※ちょいとアパ袴田をいじってますねw

で意識しているプーさん。キスをしたことが皆さんにばれていじられております。

一方月島家でも芳根京子さんが自分も家元を継げないか?と直談判しておりました。

何かを感じ取った小日向文世さんはOKを出しました。

石原さとみさんは芸術家の苦悩をプーさんにあたっていきます。。。
(石原さとみさんが芸術家だというのを知らないからね~)

お互い平行線のままです。

で、プーさんが借りた「恋愛48手」というのがバレちゃいました(爆)

自転車も中学生に対して恋ののろけをしているプーさん。

プーさんと石原さとみさんのキスの意味を考えるプーさんw

千葉雄大さんは今回もお色気シーン

芳根京子さんは二人で料理している最中に石原さとみさんに対して心の闇をさらけ出していきます。。。

月島家を継ぐ重圧を叫んで逃げていきます!

小日向文世さんは小日向文世さんで、妻が他の男に抱かれたことを見抜いておりますね。。。

ただ、夫だからってお風呂に入っているところに突然入ってくるのはいかがなものかと、、、

で、お店の店長にお家元だというのがバレてしまいましたね~

袴田吉彦さんはやっぱりここで浮気のこともいじられておりましたね(苦笑)

石原さとみさんとの峯田和伸さんのポッキーゲームで袴田吉彦さんたちは2度目のキスをはやし立てましたが、プーさんはへそを曲げて帰っちゃいました。

浮気に対して「自分がされて嫌なことをしない。愛してるから」を茶化されたのが嫌だったみたいですね~

※これこの後絶対プーさん家元に女を差し向けられるな!これw

※※三浦貴大さんは妻を口説き落として真実を知っちゃいました!

後を追ってきた石原さとみさん、、、ここで軽い2度目のキス。

場面は転換して升毅さんはプーさんを品定めにきましたね。。。

石原さとみさんのお母さんについて小日向文世さんは何か隠してますね。たぶん。。。

ここで石原さとみさんは小日向文世さんにもう一度恋愛してみるとっていって飛び出しちゃいました。

一方、プーさんは石原さとみさんが月島家の令嬢というのをしって、手が届きそうなのが届かないかな?って思っちゃいましたね。。。

芳根京子さんは千葉雄大さんの元に向かって行きました。。。

家元になる苦悩をぶちまけます!そこから違った方法で芳根京子さんを導いていきます!

千葉雄大さんほうが小日向文世さんよりも教えるの上手いんじゃねw

石原さとみさんはプーさんに自分のことを言う気になったようですね。。。自分のマンションに呼びました。

が、升毅さんが石原さとみさんの父親だっていう衝撃的な事実が!!

石原さとみさんはプーさんの「最初で最後の女になりたい!」って言いながら「裏切ったらちょん切る!」ってw

 

 

高嶺の花 不快と言われる理由は?

 

高嶺の花ですがネットを見ていると「不快」というキーワードが出てきます。

ちなみに視聴率も初回視聴率は、11・1%、第2話は9・6%で3話が8・2%なので確かに下がってきております。

何で不快なんだろう?と思いいろいろ調べて見ると。

おそらくは野島さんの脚本はハッピーなだけではなく人生にはつらいことがあるよね。という感じで、傷心や辛さを描いているからだと思います。

また、石原さとみさんがプーさんと会うときにげらげら笑うのが見ている人のイメージにないので不快という人もいれば、それ以外のところがぼそぼそとしゃべり過ぎという人もいますね。

これはあれだね!

SNSでみんな意見しやすくなっているから、思ったことを呟いているとキーワードに「不快」が入ってきたという感じでしょうかね。

いろんな意見があっていいと思います。

まぁ、野島さんの脚本はハッピーだけじゃないよ!というのがいいところですし。

また、石原さとみさんの二面性なんて石原さとみさんの演技がなせる技と思います。

まぁ、ぺしぺし人の頭をたたくのは、、、少し「不快」というところもありましたが、、これも私の意見ですw

 
Sponsored Link
 

高嶺の花5話あらすじ 千葉雄大がエロい!

 

千葉雄大さんってこんなにエロかったでしたっけ?w

 

このシーンもエロかったですが3話での戸田菜穂さんを押し倒すシーンとか。

迷子の女の子を見ているシーンからの芳根京子さんを落としていくシーンのギャップ。

芳根京子さんをたきつけて、家元になったら好きになってあげるという感じ。

芳根京子さんの「なんで意地悪するの?」といういいかもと、もっといじめてください!にしか聞こえなくなってきたw

それほど千葉雄大さんがエロかったですw

そんな高嶺の花5話のあらすじに行きたいと思います。

 

 

もも(石原さとみ)と直人(峯田和伸)は一夜を共にし、恋人関係を深める。家族に紹介するため直人を月島家に招いたももは、市松(小日向文世)に、直人と結婚するのでなな(芳根京子)を次の家元にしてほしい、と告げた。直人は唐突な結婚話に戸惑いながらも、ももの意を汲んで話を合わせる。市松は、自分に背くなら破門にするとももに言い渡した。

一方、ななは、龍一(千葉雄大)が自らの母・ルリ子(戸田菜穂)と密会を重ねているとは露知らず、龍一への思いを深めていく。ももは龍一に会いにいき、家元になるななを守ってあげてほしいと頼んだ。

そんな中、吉池(三浦貴大)が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせて逃亡する。慌てて病院に駆けつけたももに、市松は、ももの知らない母親の話を始めた…。

これ自転車の少年はあれだねプーさんの物語とリンクしてんだね!たぶん。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201807ドラマ , , , , , , ,